青木さんの小さな幸せ

日々の生活の中で小さな幸せを感じる瞬間こそが、なんでもないようでいて、実は一番幸せなときだと確信しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マイヤーレモン収穫しました

2006-11-18 23:35:08 | ガーデニング

11月に入り、やっと黄色くレモンらしくなってきました。

丸みを帯びたころんとした感じのマイヤーレモン。

今年の収穫は4個

酸味の少ない品種で、お菓子などに向いていると以前マーサ・スチュアートが言っていましたが、何に使おうか思案中

木になった状態で黄色くなるのを待っていましたが、11月に入ってもずっと緑のまま。

11月中旬やっと最近になって少し黄色くなってきましたが、まだ緑っぽいです。

どうやら緑色の状態で収穫して、暗いところに置いて、黄色くなるのを待つのが一般的なようですね。

 

images

来年は木を育てて、もっと収穫できるようにしたいです

 

マイヤーレモン

アメリカ西部の家庭果樹として栽培されている品種。レモンの代表的な品種は、リスボンとユーレカです。この二つは非常に似ているため、専門家でもすぐに見分けるのは難しいほどです。マイヤーレモンは、オレンジかマンダリンとレモンとの交配種と考えられ、1908 年、発見者のフランク N. マイヤーの名がつけられました。

マイヤーレモンは皮が薄く、リスボンやユーレカよりもやや酸味が穏やかで、柔らかな風味で、ジューシーです。とてもデリケートなため、出荷にあたって細心の注意を払わなければならず、商業ベースの栽培はあまり盛んではありません。
耐寒性・耐暑性が比較的高く、初心者にも育てやすい品種。
レモンは寒さにやや弱いのですが、暖地と太平洋側の一般地なら露地栽培できます。花の香りもよく、庭木として鑑賞用にも向いています。-3度以下にならない場所なら戸外で冬越しできます。青い実のうちに収穫し、暗い場所においてきれいなレモンカラーにします。収穫時期は10月~11月中旬です。
自家結実性があるので、1本で実をつけます。庭植えのほか、鉢でも育てられます。果実の状態は気候による影響を強く受け、栽培地域によって外観が異なります。

見かけは普通のレモンと変わりませんが、香水やアロマセラピーにも使われるように、スパイシーな香りがあります。これは精油中にThymol(タイムオイルなどの主成分で非常にスパイシー感を与える成分)が6%程度入っているためです。

タイプ:半耐寒性常緑樹
植えつけ時期:10月中旬~5月下旬
収穫期:8月下旬~11月
日照:日向むき
栽培方法:
日当たりの良い場所に腐葉土を十分すき込んで植えつけます。3月と9月下旬に根元に有機肥料などを施します。剪定は3月はじめ、芽が動き出すころに。
関東以南の太平洋側では庭植えのまま越冬できます。冬は根元に敷き藁などをして防寒してください。
寒い地方では鉢植えにして、冬は室内の日のあたる窓辺に置いてください。
鉢植えの場合は根の成長が抑えられるため通常よりも早めに、植え付け後2、3年目で実をつけ始めます。
庭植えにすると樹勢が強まるため、数年は木が生長するほうに養分がまわり、結実が遅れる場合があります。

『ガーデニング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バートイシュル 鹿の毛皮 | トップ | ザルツブルグ郊外の町 ペチ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。