日本の景観を探る

幼い頃、見た自然の風景、山、川、野、樹木、草花を求め歩き、今も残る季節の風情を、田舎の集落に探し,その記録を残す。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ツツジを観に、横根高原・井戸湿原へ

2017-05-19 19:59:42 | 昨日(過日)の風景



新聞記事で見て、前日光ハイランドの横根高原、そして井戸湿原に車を走らせる。
天気は予報では芳しくなかったが、雨の山歩きもいいかな〜。ポジティブに。

途中で雨がフロントガラスに付いても、今回は逃げ戻らず直進。
目的地の駐車場に着いた時には、晴れの方向へ。
我の心がけの良さか??。
車を降りて先ず一枚、雨雲と山の連なり。



息の長い山桜がたった一本踏ん張って咲いていた。

湿原には、ツツジの樹木が乱立していたが、花はバラバラ、いやほとんど咲いてなかった。


湿原の外周から、湿原の木の小道を。





目的はこの地のツツジの群生の開花爛漫であったが、山ツツジはまだ早くつぼみの状況。

眼下足元に小さな可憐なスミレが。


木の道、管理は大変だ、有難や有難やだ。


木の小道を、部分的に見れば、尾瀬の湿原と?(ちょっと、無理か)



数少ない、ピンクヤシオを。



シーズンはいつだろう、煩雑期にはこの木の小道を往来するのだろう。

 

遠く山並みと 牧場をパノラマで覗いたが。

他人は少なかったが、我なりに山を堪能して来た。

山はいいよ山は、故郷の思いを呼び込ませる山は特に良い。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さくら市郊外の民家の庭に芝... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。