呑んベエSTING

ロック、やきとん、丼、ERをこよなく愛するオヤジのたわ言

ランチ「カツカレー ウィーク」

2015-09-27 19:41:29 | ランチ
月~金まで、ランチは「カツカレー」オンリーだった週。



「カツカレー」  新富町「かつ繁」

あまり期待はしてなかったんだけど、カツもカレーもまずまずの味。

ボリューム感は無かったけど、
とんかつ屋にありがちの勘違いしたカレールーでなくて良かった。



次回は「ロースカツ」を喰いに来たいかな。




「カツカレー」  築地「かつ平」

いつもご丁寧に挨拶をいただいて、世間話しをしてくれるおやじさんに頭が下がります。

こちらは本来、カレーを喰うとんかつ屋さんではないのだが、
おやじさんに敬意を表してカツカレー週に参りました。

ロースよりも脂身が少なく、ヒレよりもサッパリしていないカツです。

予断ですが、こちらの草履のような大判ロースカツは、
牛肉で言うロースとカルビが同時にいただけると言うか、
「Tボーンステーキ」のようにダブルで楽しめるロースカツで、
さしの入った赤身と甘さを感じさせる脂身がカツの左右で味わえるんだよね。



カツの邪魔をしないカレーも悪くないんだけど、
ともかくカツは旨い。




「カツカレー」  湊「キッチン トキワ」

「ウインブル丼」で有名な陸の孤島の洋食屋。

初めて頼んだ「カツカレー」も「おっ!」思わせるルックス。

揚げものが自慢の店だけに、カツはかなり旨い。

カレールーもシンプルながら非凡な感じ。

そー言えば、
プラス50円でご飯にカレーをかけてくれる「お茶碗カレー」サービスは健在。



今までの3店の「カツカレー」に思うことは、「潔さ」




「カツカレー」  湊「萬金」

バリバリ毛色を変えて、食堂の「カツカレー」

今までの中で一番のボリューミーさ。

カツもご飯を覆う大きさで、ちょっと覚悟がいる量なのです。

しかし、わたし思うのですが、こちらの「カツカレー」は理想的な「カツカレー」なんですよね。

カツとカレーのバランス感がすごく良くって、カツカレーを喰った満足感がある。



ちょっと写真が暗いけど、
黄色っぽいカレーが子供の時のカツカレー喰う時のドキドキ感を想い出させてくれるんですよ。




「ロースカツカレー」  八丁堀「ロダン」

真打ちは、やはりこの芸術的なカツカレーですね。

わたしの知るカツカレーの中ではベストのクオリティですね。



苦味が旨みの独自なスパイス調合がハッとさせられるカレールー。

上質で最適な厚さの豚ロース肉を使って、サクサクに揚げられたカツ。

カレーにアートを描き、カレーにアクセントを付けるカシューナッツペーストソース。

口休めにはならないけど、いい感じでカレーを演出するジャガイモの素揚げと燻製卵。



「カツカレー」をここまで昇華させてくれて、「ありがとう」と言いたい。



「カツカレー」は元気の源。

続けて喰っても、まだまだ喰えますねぇ~。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

踊りよりも音楽だった日

2015-09-27 00:11:38 | ロック


横浜の実家に行ってきて、夜に地元に戻ってきた。

その日、高円寺は「阿波踊り」で盛り上がっている。



踊りの喧騒を横目に見ながら本屋さんチェック。

新高円寺駅近くのこちら。



なんと雑誌コーナーのラックに什器を引っ掛けて置いてありました。

感激!


その後、南阿佐ヶ谷まで歩いて、



腹を満たし、



一番街のブルースバーでのローズさんのライブを観に行く。

なんと「おやじばんど」のギター、H野も来た!



ローズさん、月に何本ステージを演ってるんだろう。

地方にもガンガン行っているし。

すごいなぁ~。




H野が、よりさんがやっている「Nighttrain」に行ったことがないというので行った。

よりさん、古いジャズやブルースやソウルのレコードをかけちゃうもんだから、
H野が盛り上がっちゃって音楽談義の大輪が花を咲くのなんの。



あきらめてトイレでいつもの彼女にご挨拶。



カウンターには「きこ」の「こ」の形跡が・・・


たぶんこの後、ネブにも行ったような。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西荻窪ふれあい呑み

2015-09-26 14:58:09 | やきとん・やきとり


最初は中野で呑んでたんですよ。

中野「カッパ」

久しぶり。



「レバ」

どうも、荻窪の息子さんらしき方が焼き方になって安定したような。

中国人の若い女の子が焼いていたころは微妙な時もあったからね。

「カッパ」の「レバ」はコリコリですね。



「トロ」

「カッパ」では「テッポウ」のことをそう呼びます。



「ヒモ」

「シロ」です。



「オッパイ」

噛み応え(笑)がいいです。

あまり置いてあるところが少なくて、
常時置いているのは「カッパ」と沼袋の「ホルモン」ぐらいでしょうか。



ここで、西荻窪に集合の指令が入りましたので向かうことにします。





「珍味亭」です。



「バラ」と「カシラ」の半半です。

独自の調理法でボイル煮されたいろんな豚の部位が塊からスライスされて出てきて、
ニンニク醤油でいただきます。



「セロリ」

肉に良くあう。



「キクラゲ炒め」

炒めものも旨い!



「タン」

良く喰うなぁ~



「野菜スープ」

いい出汁が出ていて、、、滲みます。





北口の本屋さんで「ザ・昭和呑み」を確認しながら、



そして、「豪」に移動。

あらかじめ、いらっしゃると言う情報を知っていた
「中野ファン」のお歴々の方々に初お目見えのご挨拶をいたしました。

お互いに盛り上がることで、不思議なことに初対面の感じがしませんでした。



肉ばかり喰らってたので、野菜もの中心でご注文。


※ご本人から許可をいただいて載せさせていただいてます。

メニュー・バリエーションも増やして、豪さんも前回よりも元気でやってました。

迷いは吹っ切れたようでした。


そして、お隣りの席で呑まれていた方々からお声がかかりました。

なんと、お互いのブログで読者になって親交をしていた「ブロードウエイさん」が
偶然にも「豪」に来ていたのでした。

お互いに偶然にビックリするやら感激するやらで、またまた大盛り上がり!

本当に不思議な日でした。


「きこ」の「こ」も合流してくれて、
西荻で3年間店をやている「こ」を豪さんに紹介することができて
本望を遂げることができました。



「豪」を後にして、「こ」とYさんの店「最後に笑え」へ。



「ポテトサラダ」

料理が旨い呑み屋なんだけど、いつも行く時間にはベロベロ状態。



でも、喰いたかった「チリコンカン」はいただきましたよ~


その後、見事に撃沈しましたことは言うまでもないッス。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大久保の敵を中野で果たす

2015-09-25 00:16:15 | やきとん・やきとり


間違えなく誤解することを狙って書かれた「広告の品」

隊長の店でリベンジです。



「ハツ」かな?

いきなり忘れた。



「レバスジ」かな?

これも怪しい。



この真っ赤な肉はなんだと思います?



「フワ(肺)」なんです。

鮮烈な色です。



「澤乃井」呑み終わって、もう1杯。



おなじみ「コメカルビ」



ギリギリありついた「チレ」



浴衣-別府編



中野北口「サンモール」にできたカレー屋のカレーパンのお裾分けをいただく。

旨かった。



はい、今日は十分ですね。

家帰って晩飯喰うだよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「みぼうじんカレー」

2015-09-24 23:51:34 | 丼・カレー・ラーメン・パスタ・そば


やっと喰いにきました。

流石の新橋のヤバ気な店。



店内を覗くとヤバイどころかいい雰囲気。

洒落た内装の店で、新橋らしくない。

3名のギャルソン服を着た女性がお出迎え。

どの人が「みぼうじん」なんだろうか?



たまねぎ、きました。

「これは~」とみぼうじん店員さんに恐る恐る聞くと、

「カレーが辛かったら、お口直しにどーぞ。辛くないたまねぎなので~」

「???」



「ビーフカレー」

ビーフの細切れの入ったブラックカレー
野菜のカレー炒め(エノキダケが大量に・・・)
サフランライス
以上の三部構成。

カレーは神保町の「キッチン南海」を彷彿とさせるスパイシーさ。

でも、辛くは無い。



ビーフはカレーに何も貢献していない。

野菜炒めの具に使った方が有り難味があるかも。

野菜炒めは有り難いが、カレー味にしなくてもいいかもね。

とにかく、エノキが多くって気になっちゃう。


「なんで『みぼうじん』なんですか?」 聞いてみた。

「インパクトがありますでしょう。
 わたしたちの誰かがそうじゃないかと言う噂もありますが、どうなんでしょう?」 知るか!ヽ(`Д´)ノ

「なんでも、カレーのレシピを考えた方が『未亡人』だったらしいのですが・・・」 もういいよ・・・



そうか、よし!歩くか。



新橋から



虎ノ門を経て



赤坂~四谷



新宿御苑で本日のダジャレをチェックして



大久保へ。



「蔵」

隣りのオヤジがウザイ。

速攻で店を出る。



嗚呼、このままでは「未望人」


<つづく>
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

北千住呑み

2015-09-23 18:03:40 | 呑んだり喰ったり語ったり


この日は北千住へ。



お知り合いの(ネブで・・・)息子さんが劇の主役に抜擢されたというので、
その公演に行ってきました。

「十五少年漂流記」

若い役者メインの舞台で、チームワークも浴って感激しました。



終了したのが15時。

いるのが北千住。




当然、店はやっています。



先に入って呑んでいたら、
主役のご両親と観に来たお友達一行が偶然に通りかかって合流。



昼から宴会!



楽しい北千住昼呑みに。



北千住の名店にも向かいましたが、
大人気店なので5人じゃ無理ってもんです。



なので、隣りのやはり人気やきとん屋へ。

「もつ煮込み」 なかなかのもんです。



「ハラミステーキ」

旨いね。



「レバ 若」

串は1本90円。

加減は十分に若です。



「チレ」

焼きも悪くないですね。





みなさんとお別れして、ひとり「かつや」

久しぶりだったから旨かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おやじばんど、リハからの~

2015-09-22 23:24:15 | ロック


リハからの~



「筑前屋」

料理写真無し!



準メンバーのM川ちゃんがバイトしている「ひらくら」

オシリ写真無し!

「ゴボウ揚げ」



「ナポリタン」

旨い!



「だし巻き卵」

絶品!

「ノーマル「明太マヨ」「チーズ」かえあ選べるよ。



「焼きうどん」

肉がたっぷり!



「ベーコンクリームピザ」

あれ?そんなのあったかな。



安くて、ボリュームがあって、旨いです。

東高円寺ニコニコロード
スーパー「オオゼキ」向かい。

行ってみて!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猛暑の馬場呑み

2015-09-22 22:05:26 | 呑んだり喰ったり語ったり


高円寺南五丁目が



お祭りだった



暑~い日



陽炎でBIG BOXも揺ら揺ら。



大人気の無い大人が昼から呑もうとやってきた。



駅から直結のビルの



こちらのお店のランチタイムに呑もうということです。



じゃん!



じゃんじゃん!!



本格的に呑み。



馬は連れてきてないが、



「四文屋」馬場店に移動。



彼と彼のかあちゃんも参戦だ!



「日本の四文屋」になりつつある。



はい、気をつけます!



さらに、やきとり屋で呑む。



喰う。



あんまり記憶に無し。



やきとり屋の前の建物の塀の向こうに、子ネコ発見!





かわいい。。。

















親ネコもいた~

睨まれた~



近くに他の黒ネコ発見。



不機嫌。



怒られた~



で、やっと夜です。



高円寺に移動。



こちらのお店。



チ~ン!



オレも麻薬カレー喰って、チ~ン!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「稲川淳二の怪談ナイト」

2015-09-21 12:40:42 | 呑んだり喰ったり語ったり


チケット販売のお手伝いをさせていただき、
ご挨拶を兼ねて初めて観に(聴きに)うかがいました。

芝のメルパルクホールです。



怖い話しは、あまり得意ではないのですが・・・



思いっ切り暗い。。。

怖い話し自体は確かに怖いんだけど、
それ以上に稲川さんのショーマンとしてのパフォーマンスが素晴らしかった。

お客さんに楽しんでもらおうと言う気持ちがヒシヒシと伝わってきました。

長く続けられて、固定ファンもガッチリつかんでいる理由がよく判りました。



終演後、夜の東京を彷徨って、たどり着いたのがこちら。



「赤燈(レット)」

中野の「十七番地グループ」の店。



お目当てはこれ!

「白レバたたき」

トロントロンです。



「牛スジと大根煮」

サッパリ塩味で、柚子胡椒でいただきます。



日本酒の品揃えが半端じゃないのでも有名なのだが、
プレミア度が高い酒は値段も半端じゃない。

手が出ましぇ~ん!



混んでたのもあって、焼きものがなかなか出てこなくって、
お詫びにと出てきた「つくね(だんご)」

焼きたてでした。

じゃあ、なんで頼んだ焼きものは出てこないのだろうか??



焼きものは標準に旨いです。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ハシゴはやめろ!

2015-09-17 20:36:48 | やきとん・やきとり


高円寺「四文屋」

この時点ですでにテンション高く。



定番の「煮込み」「アゴ」にはじまって、



鶏もも肉のジューシーなところ「ももしん」と「ハツ」



「カシラ燻製」

金宮にピッタリ。



「ナス」



「ハラミすじ」





「カラカラ」で呑んでからの





こちら



中野「久遠」



「いやらしい手付きで塩揉みキューリちゃん」



「パク×2チんーポ・テトS」



名物!「内臓ハンバーグ」

とろけるチーズも乗せられるけど、通はプレーンかな。



また「ナス」喰った。

立派な太さのナスを備長炭の炭火に埋めてじっくり蒸し焼き。

熱々のホクホクですわ。


※ご本人に無理やり許可をもらって載せています。

隊長!肝心の本がハレーション起してます。

いつも、あ~りがとぉ~ございま~すぅ!





ヤバイ、止まらん。



そこに穴子天ぷらがあるから・・・



蕎麦旨いけど、ちょっと水っぽい仕上がり。

蕎麦の水っぽいのはちょっとイケませんや。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加