こうたのブログ

日々を噛みしめて生きる

神様は気付かずとも導いてくれていたと思う

2017-05-14 22:36:14 | 日記
平成初期、教団を移った時、幹部の言動に憤った。

あの時、気付くと護国神社に詣でていた。
教団にいると、神社仏閣からは遠のく様な指導がされる。

でも、幼少期に七五三祈願に来た記憶は残っていた。

神様は、いつでも待っているよと示して下さったのだろう。

教団を離れて、神社詣でをするようになったが、清々しい気持ちで参詣している。

境内を見回して、清らかさを感じる。

教団の本部に行った時には感じ得なかったことだ。

自分一人で気付いたのではなく、本来尊ぶべき神様が導いて下さったからこそ、教団組織から離れることが出来たと思うし、いるべきでない寺からも離れる決心が出来たと思う。

自分らしさを保つということ。この大切さに気付かせて頂けた事に感謝。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「拝みが足りない」今思い出... | トップ | 静かな御縁日 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む