山内圭のブログ

このブログは、僕の日常生活をつづったものです。英語教育、国際交流、子育て、その他もろもろの内容となる予定です。

火星に植民地を作る場合、植民地に派遣するのに最も適した人たちが住む町は?

2016-10-11 13:40:13 | 日記
先日、紹介したBill BrysonのIn a Sunburned Country (2000)(読書案内:In a Sunburned Country(2000) written by Bill Bryson参照)を読んでいたら、次のようなおもしろい一節が出てきました。



If you were looking for people with the tolerance and fortitude to colonize Mars, this [White Cliffs, New South Wales, Australia] would be the place to come. (もし、火星に植民地を作るための忍耐力と不屈の精神を持った人々をお探しならば、この地(ホワイト・クリフス)こそがうってつけの場所であろう。) (p.32)

Google Mapでオーストラリアのニューサウスウェールズ州のWhite CliffsをOpal Miners Way沿いに進んでみると、荒涼とした大地が延々と続き、なるほどと思った次第です。

Opal Miners Wayは文字通り、以前、オパールを求めて人々が進んでいった道だと思われます。

現在のGoogle Mapではこの辺りの撮影は2010年2月となっています。

南半球では、2月は真夏ですので、荒涼感がよけい出ているような気がします。

NASAの皆さん、火星に植民地を作る際にはぜひご参考に!
ジャンル:
宇宙開発
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 読書案内:ジュリア・クリス... | トップ | Presidential Campain, not C... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。