山内圭のブログ

このブログは、僕の日常生活をつづったものです。英語教育、国際交流、子育て、その他もろもろの内容となる予定です。

英語表現紹介: You’re only as good as your last service.(これまでいくらよくても、1回悪かったらダメなんです)

2017-09-18 21:14:28 | 日記
以前看護学科で教材として使用していた、BBC制作の医療ドキュメンタリー番組"Don't Die Young!"、Dr Aliceが素人にもわかりやすく医学・解剖学についての知識を教えてくれるのでいい番組です。

(この教材使用について、学会発表した時の記事が日本医学英語教育学会第17回学術集会で研究発表をします。です。)

そのSeries 1 Episode 3の"Heart"の回で、忙しいレストランのオーナーシェフが次のような表現を使います。

You're only as good as your last service.

直訳すると、「あなたは、あなたの最後のサービス(任務、給仕、客への対応など)と同じくらいだけよい」というような感じです。

これでは意味がよくわかりません。

この文のニュアンスは、「あなたの評価は最後(一番最近)の回で決まるのです」「これまでいくらよくても、1回悪かったらダメなんです」ということ。

例えば、今まで、ずっとおいしいと思って常連として食べに行っていたお店だけど、たった一回まずかっただけでも、あるいはその他不都合なことがあっただけでも、もうあの店を利用するのはやめようということになる、そんなことです。

実は、これは教育にも当てはまります。

なんだ、あの先生、あんなひどいことを言うんだ、これまでいい先生だと思っていたんだけど…、などと言われないようにしなければなりませんね。

前回の英語表現紹介シリーズは、英語表現紹介:"Don't sing it, bring it."(口先だけではなく、行動に移せ)をご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加