弁護士公認会計士 横張清威のニュース斜め切り

日々のニュースに弁護士会計士の視点から独自のコメントを加えています

富士そばに外国人観光客殺到

2011年09月30日 | 独り言

富士そばをご存じだろうか

都内に点在する、いわゆる普通の立ち食い蕎麦屋である

 

画像引用HP
http://fujisoba.co.jp/

 

自分が司法試験浪人をしている貧困時代、お茶の水近辺には意外と多くの富士ソバがあるため、たまにお世話になっていた

今はどうなっているか知らないが、浪人時代に(何だったか忘れたが)何か良いことがあって、エビ天ソバを頼んだことがあった(当時の自分にはかなり高価)

そのときに、衣が異様に大きい反面、エビが小さいエビ天が出てきて、尻尾を箸でつまみ上げたところ大きな衣だけがボトッと抜け落ちたことがあった

その時のショックが尾を引いていて、実は富士ソバにはいい印象を持っていない

 

さて、そんな富士ソバに外国人観光客が殺到しているというニュースを目にした

http://m.news-postseven.com/archives/20110928_31060.html

-----------

富士そばに外国人観光客殺到 人気の理由に意外な事実判明

 庶民的な価格でそばや定食などのメニューを提供している「名代 富士そば」。なぜか、外国人観光客に大人気だという。

「富 士そばは、外国人で満席のカオス状態のときがある」「店内に入ると外国人が食事をしていました。狭い店内の半分を外国人が占めていました」ネット上には、 こんな外国人の目撃談が数多く書き込まれている。「わざわざ日本に来て、どうして立ち食いそばを食べているのか」と疑問を呈するものも。

 富士そばでは低価格でおいしいそばを食べることができるが、そば店はほかにもたくさんある。なぜ、外国人はあえてこの店を訪れているのだろうか?

 ある旅行代理店社員が教えてくれた。

「ガイドブックの影響なんですよ。富士そばは、さまざまな外国人向けのガイドブックで、“日本で有名なそば店”として紹介されています。店内は、日本的な装飾が施されていますし、“富士”という名前が“富士山”を想起させることも人気の理由のようです」

 なるほど、ガイドブック効果というわけ。震災の影響で外国人観光客が減っているいま、富士そばをさらに外国人にPRしてもいいかもしれない。

-----------

 

ほほぅ、ガイドブック効果と「富士山」効果ですか

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

渡辺明

2011年09月29日 | 独り言

棋士の渡辺明をご存じだろうか

初代永世竜王で、最近羽生を3-0で打ち砕き、王座を獲得した将棋棋士である

ウィキ

 

自分、昔将棋が好きだった時期があり、今でも少しだけ興味がある(20年くらい打ってないが・・・

そのため、渡辺明凄いなぁと漠然と思っていたりした

渡辺明ブログもたまに見ていた

 

そんな最中、昨日、渡辺明の出身小学校が葛飾区立宝木塚小学校だと知った

 

 

えっ、自分の出身小学校だよ

自分と8歳違うから、一緒に小学校に居たわけではないのだが・・・

 

妙な繋がりを知って、急に親近感が湧いてきた

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

矢ガモと矢あひるの相違

2011年09月28日 | 独り言

昨日の命の話を少々法律に結びつけてみる

 

よく、動物を虐待した場合に、動物愛護法によって罰せられるという記事を目にする

ただ、子供がセミを採ってきて死なせたとしても罰せられることはないだろう

生類憐れみの令でもないし、歩いていてアリを踏みつぶしたとしても罰せられることはないだろう

 

この境目はどうなっているのだろう

動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)、44条にはこのように規定されている

-----------

第四十四条  愛護動物みだりに殺し、又は傷つけた者は、一年以下の懲役又は百万円以下の罰金に処する。
 愛護動物に対し、みだりに給餌又は給水をやめることにより衰弱させる等の虐待を行つた者は、五十万円以下の罰金に処する。
 愛護動物遺棄した者は、五十万円以下の罰金に処する。
 前三項において「愛護動物」とは、次の各号に掲げる動物をいう。
 牛、馬、豚、めん羊、やぎ、犬、ねこ、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる
 前号に掲げるものを除くほか、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの
-----------

重要なのは定義条項の4項となる

4項1号で特定の哺乳類のみ規定されており、2号でそれ以外の哺乳類や爬虫類等を規定している

「それじゃあ、全ての動物が愛護動物で、1号と2号と分ける必要がないじゃないか!」

という疑問が生じそうだが、よく見てみると2号には「人が占有している動物で(≒人が飼っている)」という限定が加えられれている

つまり、1号の動物は人が飼っていなくても「愛護動物」の範囲に含まれることになり、例えば野犬は「愛護動物」となりみだりに傷つけてはいけないことになる

 

そう言えば、以前「矢ガモ事件」があったが、鴨は「鶏、いえばと及びあひる」ではないので、誰かが飼っていなければ「愛護動物」ではなくなるのだろう

画像引用HP

 


一方であれが「矢あひる」だったら、人の占有を検討するまでもなく「愛護動物」となるわけであって、法律というのは杓子定規なところがある

画像引用HP
http://blogs.yahoo.co.jp/ryoukojubilo/31790512.html

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

命の境目

2011年09月27日 | 独り言

しまじろうキットのオジギソウが花を咲かせた

 

 

オジギソウの花を初めて見た

 

いつも、チョイチョイ突っついていると反応があるのであたかも生き物の様に思えてくる

が、植物に命があるという人は少数派だろう

 

そこで、ふと、命って何だろうと疑問に思った

昔、死ぬと数グラム軽くなるのが命の重さだと聞いたことがあったが、当然のことながらこれは誤りだろう

 

動物であるか否かが境目?

動物は多細胞生物であると一般的に言われているようだが、単細胞生物には命がないのだろうか

細胞分裂が起こり、2つの細胞となれば急に命が発生するのだろうか

 

ミドリムシは、単細胞生物でありながら鞭毛運動を行うと共に葉緑体を所持しているが(ソース)、これは動物なのだろうか、植物なのだろうか

 

命(生命)について調べてみると、定義は難しいと書かれていた

結局の所、命というのは人間が勝手に創り出した観念的な存在なのかもしれない

何ともなしに「動く」「動かなくなる」ということで命の有無を区別しているが、命が観念的な存在だとすれば、植物や石ころにも命を観念することは可能だろう

 

そう考えていくと、生死を区分する概念は命の有無ではなく、自発呼吸や脈拍、脳死などの生物学的反応によるべきであろう

命は生死を区分する概念ではなく、道徳的・宗教的立場によって利用される観念的な存在に過ぎないのかもしれない

 

 

全く法律と無関係な独り言だった

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

生小=生中の実験

2011年09月21日 | 独り言

以前、生中と生小が実は同じ量だという記事を見かけて、その旨の書き込みをした

http://blog.goo.ne.jp/kiyotakeyokohari/e/d9aee650a8940eb0cc67e205d8fd55a9

 

つい先日、ロースクール生と飲んだときに、その話題となり、実験してみようということになった

お店は坐○○

 

 

生中と生小の金額の差は100円

 

生小を頼んでみる

意外と大きなコップで出てきてビックリ

 

生中のコップに移し替えてみる

 

何と!

記事のとおりほぼ同じ量であることが実証

 

その後、ロースクール生は生小を注文しまくっていたが、店員はどう思ったことだろう

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加