アジアの侍 ~弁護士・公認会計士 横張清威~

東南アジアで活躍する日本人士業の生き様 Life of Japanese Samurai in S.E. Asia

金融庁へ行く

2011年12月26日 | 独り言

金融庁に行って来た

と言っても、去年落ちた公認会計士試験の詳細成績開示と答案開示のため

 

現在、情報開示の内容が進化していて、採点前の自分の答案を開示できるらしい

(詳しい)成績開示だけだったら別に要らないやと思っていたが、答案開示までできると聞いて早速手続を行うこととした

 

郵送でも良いのだが、住民票の写しを添付するのが面倒なのと、不備があったときにやり取りが面倒なので、今朝、東京地裁に行く予定があったのでついでに行ってきた

 

いざ、近くて遠い金融庁へ

 

セキュリティがうるさくて金属探知器を何度もピーピー言わせた

 

(手続メモ)

http://www.fsa.go.jp/cpaaob/sonota/joho/kojin/youshiki/y01.pdf

これに必要事項を記載する

開示を請求する保有個人情報の欄は

「平成○年度公認会計士試験受験者管理ファイルの全部開示及び本試験全科目答案開示

と記載する

管理ファイルと答案開示の2つの請求なので、単年度分で600円の収入印紙が必要

 

 

受付で成績開示に来たと言ったところ、訪問用紙に必要事項を記載したうえ1Fで待たされた

なお、特に事前の予約などをしていないで行った

 

基本的に成績開示の場合、エレベータを上って公認会計士審査会室まで行くわけではなく、1Fのロビーで職員が降りてくるのを待つらしい

(だったら、何で金属探知器を実施されたのだろうか

 

待つこと10分くらい、20歳前半くらいの若い担当者が降りてきた

1Fの個人情報開示用の部屋に通されて、書類を渡して終了

 

1ヶ月後に開示決定と開示方法を聞く書類が届くらしい

その書類に必要事項を記載すれば、書類が届くという流れ

 

意外と簡単だった

 

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絶対領域 | TOP | 生茶 Nama-cha »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics