アジアの侍 ~弁護士・公認会計士 横張清威~

東南アジアで活躍する日本人士業の生き様 Life of Japanese Samurai in S.E. Asia

和解会見

2017年05月25日 | 独り言

昨日、三浦九段の和解記者会見が開かれました

本件は、これにてクロージングした形になります

三浦九段の主任弁護士として、間近でご本人やご家族の苦悩を目の当たりにしてきたので、このように円満な状態で復帰できる解決に至ることができ、本当に嬉しく思います

 

平成29年5月25日日本経済新聞朝刊

 

本件が無事クロージングしたので、簡潔にコメントをしておきます

 

本件を受任した当初、多くのマスコミで疑惑報道が行われている最中でした

自分の家族からも、「本当に潔白の証明なんてできるの?」と言われていました

 

実は、本件の重要な命題として、以下の3つが存在していました

 

  1. 不正を行っていないことの証明をすること
  2. 裁判手続を極力用いないで解決すること
  3. できる限り広く名誉回復を行うこと

 

これらの命題は、1つであっても難易度が高いところ、3つとも揃えなければいけない状況にありました

そして、いずれも弁護士が通常直面する命題とは異なったものでした


自分がミスをすれば、一人の棋士生命と幸せな家庭を崩壊させてしまうおそれがあったため、慎重に方針決定を重ねました

かなり紆余曲折したのですが、最終的にこれらの命題は達成できたのではないかと思います

 

本件でご協力いただきました多くの方に、この場をもって御礼申し上げます

今後は、三浦九段のご活躍を陰ながら見守りたいと思います

ジャンル:
ウェブログ
Comments (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 飲み会に出ないと損をする? | TOP | 監査人異動ニュース »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (1将棋ファン)
2017-05-26 19:09:23
おめでとうございました。すばらしかったです!
名誉回復については疑問 (Unknown)
2017-05-27 10:15:45
お疲れ様でした。三浦九段が安心して対局出来る環境に一歩前進したと、本当でしたら素直に喜びたいところです。
しかし、今回の和解の結果でも、下記ブログのコメントにある桐谷広人氏のようなお考えの方が将棋界に少なくない人数いらっしゃるのではないでしょうか。残念なことです。名誉回復についてはまだまだ道半ばということでしょう。
http://blog.livedoor.jp/advantagehigai/archives/66072187.html
ご苦労様でした。 (Unknown)
2017-05-27 17:17:54
ドラマの悪徳弁護士でもなく
頭でっかちで融通のきかない法律家でもなく

依頼者の要望や気持ちに寄り添える【優秀な】弁護士像を見せて頂きました。
横張先生が居てくださって良かった。
依頼を引き受けてくださって良かった。
ありがとうございました (なお)
2017-05-28 16:51:03
初めまして。恐縮ですがお礼の気持ちをお伝えしたくてコメントを残させて頂きます。

騒動当初から今日までこの問題を将棋ファンとして追ってきて、その気持ちを書くと際限がないので省略しますが、こちらの文を拝見して。三浦九段はいい弁護士さんに担当して頂いたんだな、と思いました。
何よりも三浦九段やご家族のお気持ちに寄り添いながらの和解交渉だったのではないかと思います。
日本将棋連盟や棋士の方々については残念な想いの方が強いですし、名誉回復の取り組みや周知はどこまでやろうとしてるのか判りかねますが、いち将棋ファンとして厳しい状況下の中でここまで辿り着かれた皆さんの歩みに心からの敬意と感謝を申し上げます。ありがとうございました。

三浦九段のこれからのご活躍とご家族共々のご多幸をお祈りしたいと思います。。横張弁護士もどうぞお身体大切に励まれて下さいませ。

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics