アジアの侍 〜弁護士・税理士・会計士試験合格 横張清威〜

東南アジアで活躍する日本人士業の生き様 Life of Japanese Samurai in S.E. Asia

落し物とモラル

2016年05月13日 | アジアの侍

以前、こんなサイトを目にしました

 

日本人「世界一誠実な日本人の目の前で財布を落とした結果www」【タイ人の反応】

http://thailog.net/2016/05/13/341299/

 


 

 

実験の結果、15回中100%落とし主に財布が戻りました

 

これを見たタイ人の感想に

 

「落し物=自分の物」なタイとは違うね。

 

というものがあり笑えました

 

このように、日本のモラルの高さは世界でも類を見ない程度だと思います

そのことは純粋に誇ってもいいと思います

 

 

ただ、バンコクに居て頻繁に目にするのが、お年寄りに席を譲る若者の姿

本当に頻繁に目にします

 

しかも、ドア二つ分くらい先にいるお年寄りを見つけて、若者(10代くらい)が大きな声でお婆ちゃんに声をかけ、駆けつけてくる様をみて

日本ではあり得ないな

と思いました

 

日本人はシャイだから、譲る方も譲られる方も遠慮してしまうという事情はあると思います

けれども、見習うべき点は見習うべきだと実感しました

 

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

強迫観念に晒されている日本人

2016年05月09日 | アジアの侍

日本に居るとついつい時間に追われがちです

 

ビジネスメールは即レスが基本となり、返信が2日ほど空くと「ご返信が遅くなりすみません」と謝る

電車には1本でも早く飛び乗る

ラッシュアワーでも可能な限り突っ込む

 

つい先日、「エレベーターに乗った時は、行先階ボタンを押すよりも閉めるボタンを先に押し、ドアが閉まっている間に行先階ボタンを押す方が時間の短縮になる」という記述を読み、感心していた自分がいます

 

この日本での常識は、海外では非常識に変わります

この前驚いたのですが、バンコクでは電車にある程度人が乗り込み一杯になると(日本人的には一杯ではない)、無理に押し込んで乗ったりせず次の電車を待ちます

 

 

電車の乗車口で順番待ちをしていた際に、突然前の人が乗車しなくなるので驚きました

メールも基本的に即レスはあり得ません

遅刻しても、謝罪もなく当然のように打ち合わせが開始されることが通常です

5分ほど遅れる場合であっても事前連絡が来る日本とは大違い

 

最近こんなニュースを目にしました

−−−−−−−−−−

Apple Payと通勤ラッシュの奇妙な関係、日本のSuicaは要求仕様が厳しすぎる?

:モバイル決済最前線

http://japanese.engadget.com/2016/05/07/apple-pay-suica/

−−−−−−−−−−

 

要は、日本のスイカが要求しているタッチスピードが世界的に見ても早すぎるというもの

さもありなんです

 

さっきもバンコクでランチしている際に、「チェックビン(タイ語でチェックプリーズ)」と告げているのに、レジに行かずにまずお茶の継ぎ足しを行おうとした店員にカルチャーショックを受けました(その後、レジに行った)

 

 

日本が世界的に非常識だから、常識に合わせろというつもりはありません

ただ、日本人は時間に間に合わせなければという強迫観念に駆られて生活をしていることが多いように感じます

 

幸せが主観的なものであることからすると、その意味で幸せを失っている部分があるように思えます

日本では、時間を守りつつも、精神的に慌てないという心の持ちようが大切だと実感しました

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

霞ヶ関地下のドトール

2016年04月26日 | 独り言

裁判は通常午前10時から始まります

最近、小学校に登校する子供と一緒に家を出ているので、裁判開始時間よりもかなり早く霞ヶ関駅に着いてしまいます

(海外やMAの話などを書くと日本の裁判をやっていないかの印象を受けるかもしれませんが、裁判は今でも数多くこなしています)

 

裁判までの時間をこれまで弁護士会館の控室で溜まったメール処理などに充てていました

が、控室は午前9時30分くらいに空くため、使い勝手が悪いのです

 

そこで最近では、霞が関駅のドトールで過ごしています

 

ここの朝のドトールはちょっと異様な光景が見られます

中央官庁が立ち並ぶ地域なので、朝の隙間時間を利用して自己研鑽している人の割合が異様に多い

 

そんな光景を眺めながら、メールの処理に勤しんでいます

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ムエタイ体験入学

2016年04月20日 | アジアの侍

日本から2名の社長がバンコク視察に来ました

そのうちの一人がキックボクシングをやっているということで、ムエタイ体験入学を希望

 

探してみたら、イングラムジムというところが、体験入学を行っていると判明

http://www.ingrampromotion.com/#

 

電話してみたところ、日本語が返ってきて驚きましたが、スムーズに予約完了

 

 

さすがムエタイジム

野外です

 

自分も趣味で空手をやっていますし、以前少しボクシングを齧っていたこともあるため、体験入学程度であればたいしたことないだろうと高をくくっていました

が、そこはムエタイ

体験入学レベルでも、ものすごくハードでした

30度を優に超える炎天下で、いきなりの縄跳び8分

この時点で、ここに来たことを激しく後悔しました

 

また、サンドバックが固すぎて、足のすねがあっという間に使い物にならなくなりました

しかも、体験入学なのにヘッドギアなしでスパーまで

寸止めルールとはいえ、蹴りやパンチの何発かは寸止めにならずにヒットしてきます

 

ムエタイ選手は強いはずです

日本人に欠けたハングリーさを体感しました

 

練習の最中は来たことを後悔していたものの、翌日くらいには「また行ってみたいね」と皆話していました

免疫もできたことですし、これからも体力に自信がある方が来た際には、一緒にジムに行こうと思います

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

英語教育

2016年04月05日 | 独り言

英語教師の目標である英検準1級を取得している中学の英語教師は30%、高校教師は57%とのこと

 

H28.4.5 日本経済新聞朝刊

 

日本の英語教育がダメな理由は、英語ができない人が英語を教えているという構造にあります

分かりやすく言い換えると、自動車教習所で車の運転ができない教官が、自動車運転マニュアルなどを見せて自動車の乗り方を教えているのと同じ状態なのです

教習所のペーパーテストは点数がとれるようになるかもしれませんが、いつまで経っても車の運転はできません

 

英語教師は全てネイティブの教師にすげ替えるべきです

英検準1級なんて高校生でもとれる資格を教師の目標などに掲げず

が、現在働いている英語教師の行き場がなくなってしまうので、そのような抜本的な改革ができないのです

 

日本の国際的成長力が失われている主たる原因の一つに、日本の英語教育レベルの低さがあると思います

もっとも、これは構造的な問題なので、すぐに解決することは期待できません

なので、国に期待するよりも自ら対処しなければなりません

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

修了考査合格

2016年04月04日 | 独り言

公認会計士への道のりは、二部構成になっています

いわゆる公認会計士試験に合格した後、原則として2年間の実務経験と3年間の補修(研修のようなもの)を経た後に、修了考査という最終試験を受けることができます

実務経験と補修は同時に行うので、通常であれば公認会計士試験に合格した3年後に修了考査を受けることができ、それに合格すると晴れて公認会計士となれるのです

 

修了考査は去年の12月にありました

その際の様子は、こちらをご覧ください

http://blog.goo.ne.jp/kiyotakeyokohari/e/3b4a42c0572b2809480e7c0a1c3f8c53

 

 

本日、修了考査の発表がありましたが、無事受かっていました

 

 

合格率は毎年7割くらいなのですが、今年も例年どおりでした

司法試験の確認試験である、二回試験の合格率は9割を超えているため、修了考査の方が緊張感がありました

http://ja.jicpa.or.jp/examination/syuryokousah27-goukakuhappyou.pdf

 

 

メモ程度に修了考査について勉強した内容を記載します

 

(注意)

会計士という資格を1年でも早く欲しかったので、落ちないようにチキンの精神で準備しました

周りを見回してみると、自分の対策はちょっと過剰なところがあるので、必ず受かりたい人向けとしてください

 

(教材)

・TACのDVD通信(答練込)

・大原のDVD通信(答練込)

この2つを申し込みました

けれども、時間がないのでDVDは全て観ませんでした

答練も一度も採点には出していません、解いて記憶すべき点をピックアップする程度に利用しました

 

(時間)

仕事が終わった深夜に約3時間を2ヶ月程

 

(過去問)

過去問と答練の間でズレがあるので、まずは過去問を2〜3年分くらい解くことをお勧めします

それで、本試験が要求してくる知識レベルを実感し、答練やテキストにフィードバックすることが大切です

 

(答練)

会計と税務の計算問題の答練が、TAC・大原ともに本試験と比べて難易度が高すぎて使えないという印象を受けました

使えないというよりも、本試験に出ない知識を要求してくるので時間の無駄になるという印象です

その他の計算以外の答練は有用でした

基本的に答練は多くの受験生が山とするため、2つの答練を山として張っておけば完璧です

 

(テキスト)

会計と税務の計算は、テキストの基本問題を概ねマスターしていれば足ります

なので、テキスト中心で進めました

他の科目もテキストと過去問を見比べて、頻出している箇所を抑えておくというスタンスが効率的です

 

(注意点)

試験範囲がともすると非常に広いため、ある程度捨てることが肝心になります

たとえば、租税法ですと、法人税や消費税は当然としても、連結納税、グループ法人税制、所得税、固定資産税、相続税、その他タックスヘイブン税制までもが範囲になります

捨てるか否かは、過去問を見て決めることになります

 

 

今後、修了考査を受ける人の助けになれば幸いです

受験するに際して疑問点がありましたら、コメントなどに記載してください

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

バンコクのイメージ

2016年04月03日 | アジアの侍

「バンコクで1年の半分働いています」

というと、引かれることが多くあります

 

自分は何度もバンコクへ足を運んでいるので、バンコクの様子は十分わかっているのですが、そもそもタイに行ったことがない人も多くいます

そういう人が抱いているバンコクのイメージは、東南アジア独特の屋台街であったり、バラック街であったりします

 

こんな風な(写真はバングラディッシュ)

http://futarifurari.blog.fc2.com/blog-date-201301.html

 

 

違うのです

東南アジアはひとくくりにできず、国ごとに様相はかなり異なるのです

 

スターバックスが至る所にあって、普通にwifiで仕事をしているのです

こう力説してもなかなか信じてくれないので、いつも写真を見せてバンコクのイメージ刷新に努めています

 

 

 

 

この写真は、訪問先のビルから撮った写真です

この写真を見せただけで驚く人がたくさんいます 

 

 

 

http://g-biz.asia/archives/1258

これはチャオプラヤ川沿いですね

クルーズなども楽しめます

 

 

 

タイ料理は東南アジア料理の中でも一番おいしいと思います

屋台でタイ料理を食べるイメージがあるかもしれませんが、綺麗なレストランはたくさんあります

 

 

 

 

また、バンコクのルーフトップバーは解放感抜群です

バーであれば特に予約を入れる必要もないので、ふらっと二次会としてバーに寄ることもできます

 

https://retrip.jp/articles/3451/

 

 

 

 

 

 

 

 

だいぶバンコクのイメージが変わりましたか

Japan is No1. と信じて疑わない人もいますが、日本が失われた20年を過ごしていた間に、他の国は目覚ましい発展を続けていたりするのです

自分の中にある海外の常識を実際に海外に足を運ぶことによって、少しずつアップデートしてもよいのではないでしょうか

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ビットコインでの弁護士費用支払に対応

2016年04月01日 | 独り言

今日から新年度ですね。

ここで、ひとつプレスリリースを行います。

 

ビットコインで弁護士費用を支払うことに対応します。

注)これは、みらい総合法律事務所としての対応ではなく、Law & Accounting Teamのみの対応とさせていただきます。

 


 

現在、ビットコインをはじめとする仮想通貨について、仮想通貨交換業者の信用性向上等を目的とした法案が提出されています。

  • 情報通信技術の進展等の環境変化に対応するための銀行法等の一部を改正する法律案
    (平成28年3月4日提出)

参照: http://www.fsa.go.jp/common/diet/190/01/setsumei.pdf

 

 

現在我が国では、MTGOXの破綻等の影響によりビットコインの信頼性が損なわれ、資金決済目的でビットコインを扱う業者は極めて限られています。

しかし、私個人としては、ビットコインが有する以下のメリットを高く評価しています。

  1. 安価な送金手数料(数円程度)
  2. 初期導入費用がほぼ無償

※クレジットカードや電子マネーを決済手段として導入する場合と比較して、手数料や導入費用の面でメリットが認められます。

※銀行間の海外送金では数千円の手数料がかかることから、海外送金の場面ではこのメリットは大きいと考えています。

 

そして、上記法改正により、交換業者に対する信頼性が高まるにつれて、資金決済目的でビットコインを扱う業者が加速度的に増加すると予測しています。

取り扱う業者が増加すればするほど、ビットコインの利便性は高まることになります。

 

上記のような状態に至るためには、ビットコインが社会から信頼性を勝ち取ることが不可欠です。

そこで、ビットコインに信頼性を与える一助になればと考え、L&A teamでは弁護士費用のビットコイン決済を導入することにしました。

 

具体的な決済方法としましては、ビットコイン決済で弁護士費用の支払を望むお客様に対し、ビットコインアドレスをお伝えすることで対応致します。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

執筆

2016年03月31日 | 独り言

事務所のメンバーで執筆している原稿のゲラが届きました

出版社に確認したところ、1500Pくらいの書籍になるとのこと

 

膨大なゲラの量ですが、実はこれはまだ2/3程度

今後、追加でゲラが届く予定です

 

膨大なゲラを執筆に当たった弁護士全員でチェックすることになります

しばらくキツイですが、類書がほとんど存在しない専門書なので、会社法務の方にはお役立ちできるのではないかと考えています

内容などは、出版直前にご報告します

 

ちなみに、現在このゲラとなっている書籍の他に3冊執筆を担当しています

いずれも専門書です

 

そんなに書いていたら印税凄いでしょ?

と聞かれることもありますが、専門書は対象読者が限られているので、印税など僅かなものです

 

また、出版したら関連する仕事がたくさん来るんじゃないの?

と聞かれもしますが、実は書籍を介して仕事の依頼に結びつくことはほとんどありません

書籍を読むことで、ある程度疑問点は解消してしまうからです

 

じゃあ、何で書いているの?

という疑問が生じるかと思います

これは、執筆する以上、いい書籍を世間に出したいと思って打ち込んでいたところ、出版社様のご厚意により次から次へと執筆のご提案をいただくことになったからだと思います

 

ちなみに、現在書いている本(上記ゲラとは異なる本)は、法律と会計が入り混じった内容になっており、世間に少なからずインパクトを与えるものだと思っています

全く類書がない分野の出版になるので、執筆している最中でも結構ワクワクしています

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

英語リスニングの上達法

2016年03月20日 | 独り言

バンコクで働き始めてから、英語のリスニング力を高めなければというプレッシャーに苛まれていました

というのも、実際にコミュニケーション手段として使われている英語は、TOEICのような綺麗な英語ではなく、各国の独特のアクセントが入り込んでおり非常に聞き取りにくいからです

 

ちなみに、TOEIC900オーバーの人でも、CNNなどの英語のニュースを聞き取るのは困難だと思います

ネイティブの英語も独特のアクセントや発音の癖などがあり、TOEICのように綺麗なお勉強英語ではないからです

 

そこで、仕方がないのでバンコクの住まいでCNNなどを見続けていたのですが、何日たってもあまり効果が見られない

どうしようかと考えていたところ、こんなまとめサイトに行き当たりました

 

帰国子女だがわりと真剣に英語が上達する方法を教える

 

リスニングがうまく行かないのは、ネイティブの発音に慣れていないから

だから、英語の字幕を見ながら根気よくたくさん聞くことが大切だと

 

確かに、CNNを聞き流していても、字幕を見ていないから正確に単語を聞き取れていませんでした

 

そこで、字幕でニュースが見られるアプリがないかと探したところ、こんなアプリを発見!

 

 

https://itunes.apple.com/jp/app/nyusu-wenku-ying-yu-xiu-voa/id548931790?mt=8

 

音声ファイルをダウンロードして、英語字幕を見ながら聞くというアプリ

無料バージョンで全く問題ありません

[VOA Special English]というのが初心者向けでゆっくり目に発音します

通常のネイティブスピードで問題ない人は、[PBS News Program]がお勧めです

 

正直、これを聞き続けてもなかなかネイティブの発音と字幕とがリンクしませんでした

が、根気よく1日1時間以上、2か月ほど聞いていたところ、

「あれ?字幕を見なくても何を話しているのか分かっている」

という瞬間が訪れました

 

かなり根気がいるので、本当に英語を身につけたいと思っている人しか難しいかもしれませんが、むやみに英文を見ないで聞き流す方法よりかは遥かに効率的だと考えています

まだまだ、自分も道半ばですが、ティッピングポイントは超えた感じがします

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加