すたじお洞窟

こっそりひっそり 深く静かに 音楽のひとり軍隊が行く

にどめのらうぱ 気合のプロローグ編(下)

2016-10-17 00:53:46 | ライブ
ここから今来た通路を折り返して、着替えの為にトイレを目指す。
するとパラパラと一般入場の物販組がこちらに向かって来るが、皆さんあまりお急ぎでないご様子。
まあね、ワシが気合入りすぎなんですがね、ええ。
だがしかしまだ今年のワシにはクロークという難所がだな…などと思いつつクローク&サブステエリアに到着。
え~、まだステージ方向の人は少なめ、まあそこはおいといてクロークの列があるはずなんだが…ん?
列 な ん か Neeeeee…!
全く並ばずに今年は上着まで脱いで荷物(使わなかった折り畳み傘やらアザラシTでない方の戦利品やら帽子ゲットするまでに頭につけていたチューブバンダナ等)を預ける。
当初のプランでは、クロークの列に並んでいたらBRステージトップバッターのサベメサに間に合わなさそうなので、次の日本人ギタリストKさんのステージが終わってからゆっくり荷物を預けることになっていたのですが、あまりにもあっさりと荷物預けが完了してしまいしばしポカーン。  

しかし何時までも呆けていられない。
よし、ここはより良い場所でサベメサを観るためにより早くメインアリーナへ移動だっ!
というわけでULTMステージ側で出れんの?企画公演中のメインアリーナへ到着。
まだどちらのステージのアリーナも人はまばら。そしてスタンドも。
ワシはBR側PA後方の柵=アリーナ後方最前を確保。

ここで全く観る予定の無かった出れんの企画のFOFを観る。
う~ん、ギタリスト氏の演奏を聴いていると、どうしてもワシ的には"某お月様"をラウパに呼んでほしいと思ってしまいますな。
そ~いやバンマスさん昨年初日のOAにサポートで来るかと思ったら来ませんでしたな。
あのお方ラウパにご縁が薄いのかしら…(悲)

FOFが終わったらBRステージに今年のMCであるB●●さんとグラビアアイドルのIちゃん登場。
Iちゃんは今年初の試みである格闘技イベントのラウンドガールを模した「ラウドガール」役を兼任。
現地にいらっしゃらなかった方に簡単に説明するとですね、「ラウドガール」とはラウンドガールよろしく各バンドの開演前にそのバンドのロゴを表記した看板を高く掲げて、ステージを歩き回って開演を告げる役割なんですね。

今年初のこの試みに関してはリアルタイムでもラウパ終演後から現在までにもいろいろ言われてますが、Iちゃんにとっては慣れない環境の中、よく仕事をしていたと思います。
中にはガチメタラーの女性タレントを呼べやってな意見もありますが、もし仮にそういうタレントが発掘されてこの役目を与えられたとして、彼女が何かコメントを求められてそれに彼女なりに答えたら、それはそれで例えメタラーでも趣味が気にくわないとかなんとか言ってディスる輩が出てくると思いますな。
まあね、MCやって文句が出ないのは今年お休みの●ッシャさんか、ありえないけどみんなの兄貴T原さんぐらいでしょう。

しばしトークの後、B●●さんIちゃんが退場。
それではこ・こ・か・ら、ワシの今年のラウパが始まりまっせ~。

サベメサ登場。待ってました!
演奏始まる。音響は可もなく不可もなく。しかし演奏と歌は上手いというよりか個性と勢いがあって面白い。
最初にバンド名を聞いた頃にはスラッシュメタルだなんて情報があったり、家で音源聴いていると●イデンぽいなと思ったり、曲によって、また1曲の中の展開によっていろんな側面を見せてくれるバンドだと思っていましたがライブで聴くと結局パワーメタルですな。だがそこがいい。サビも結構覚えやすいしね♪
そしてライブが進むにつれアリーナ前方にどんどん人が増えてきて、サークルも発生。
短時間でしたが結構盛り上がりました。

ところで、今回のラウパでフロントマンのシルヴァー氏は相当写真写りの悪い方だということが判明いたしました。あくまでもワシの主観ですが。
いやね、ネットで写真や動画見てるとどうも「金髪のオタク」みたいなイメージしかなくてですね…お見それしました。<(_ _)> 
 
(続く)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にどめのらうぱ 気合のプロ... | トップ | にどめのらうぱ 初めてだら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL