英字新聞社説学習研究

読売、毎日、朝日各社英字新聞の主として社説を学習研究します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原爆が消した廣島

2010-12-31 06:08:15 | 英字新聞

関連記事を毎日新聞英語版より引用します。
英語版しかありませんが、英文は平易です。
難しい単語が数箇所ありますが、辞書なしで全体の流れを読み取ってください。
田邊雅章(たなべまさあき)さんは広島原爆の被災者ですが、15年ほど前にあるきっかけから、原爆の恐ろしさを後世に伝えようと決心しました。それで「原爆が消した廣島」という本を出版しました。
田邊雅章(たなべまさあき)さんの手法は普通の手法と違っていて、原爆投下前の広島爆心地の情景を、写真をもとに可能な限り再現することで、消された町の悲惨さ、原爆の恐ろしさを訴えています。
(スラチャイ記)

Masaaki Tanabe's works eloquently re-create the lives of those lost to the bomb

The best book I have read this year is "Genbaku ga Keshita Hiroshima" (Hiroshima that was annihilated by the atomic bomb), published by Bungei Shunju. I was attracted by the title, which uses an old character for "Hiroshima" and invokes the life of this town, which once flourished at the mouth of rivers flowing into the Seto Inland Sea.

The author of the book, Masaaki Tanabe, 73, is a renowned filmmaker. He has re-created the town that was at ground zero in his films, using state-of-the-art technology. This year, he completed a documentary film that elaborately re-enacted the Nakajima district located in the heart of Hiroshima, which was the city's leading entertainment quarter and, reduced to ashes, now hosts the Hiroshima Peace Memorial Park.

Tanabe was born in what was then Sarugakucho, near where the Atomic Bomb Dome stands now. It was the end of 1937, when the Sino-Japanese War was turning into a quagmire. When Tanabe was a second-grade elementary school student, he lost his mother and brother to the atomic bomb, as well as his home, which was located at ground zero. When Tanabe returned home with his grandmother from an evacuation location in the countryside, he saw the aftermath of the bomb and was exposed to residual radiation. His father, who was a serviceman, became weak from radiation from the bomb and died on Aug. 15 in despair -- on the day Japan lost the war.

Tanabe worked his way through college to study filmmaking, and after graduation he started working for a newspaper company, where he was in charge of news films. He always stayed away from the A-bomb issues, even after he left the newspaper company and started working on his own.

However, an unexpected turning point came when he was 60. Some high school girls who seemed to be on a school trip to Hiroshima asked Tanabe to take their pictures in front of the A-bomb Dome.

While he looked through the finder of the camera -- and the high school girls gave peace signs and yelled cheerfully for the shot -- he noticed the site where the kitchen of his childhood home used to be, where his mother and brother supposedly died.

Those girls don't know what happened here, he thought, but he didn't blame them for that. The experience, however, led him to decide that he shouldn't run away from A-bomb issues any more. Re-creating what ground zero looked like before the bomb was his mission, he felt.

We have seen a number of films that portray the catastrophe that the A-bomb brought to the streets and people of Hiroshima. However, what are re-enacted in Tanabe's films are the ordinary lives of people in the town, filled with their various day-to-day emotions, as well the town's rhythm and atmosphere.

Tanabe visited people across the country that have affiliations with ground zero, traced their memories, and collected their photographs they had taken from before the atomic bombing. Many of the pictures are carried in the book, and they surely portray just the same innocent smiles as those of the high school girls who posed in front of the A-bomb Dome.

An interesting story that Tanabe gives is that a recreation of the town at ground zero made based on the recollections of former residents turned out to actually be twice as big as the real town, showing that human beings tend to remember the things they cherish as being larger and greater than they really were. Tanabe determined the actual width of each house's front based on the intervals between electricity poles taken in pictures from those days.

"I wanted to bring to film the lives of ordinary citizens up until just before the dropping of the atomic bomb," Tanabe writes in his book. I believe the description of the ordinary lives that were lost can tell the tale of terror of destruction and deprivation more eloquently than anything else.

This year saw a number of foreign dignitaries visiting Hiroshima and Nagasaki, and I hope the U.S. president will follow suit next year. When he visits Hiroshima, in addition to the casualty records, I also hope he will see what the old Hiroshima was like before its annihilation and compare it to the streets and people back in his home country. (By Kenji Tamaki, Expert Senior Writer)

(Mainichi Japan) December 30, 2010

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳩山邦夫

2010-12-30 09:23:03 | 愛する娘たちへ

昨夜TBSの死刑制度の是非を議論する番組に鳩山邦夫元法務大臣が登場、言いたい放題で頭にきた。
こんな奴こそ裁判にかけて厳しく制裁を受けさせるべきだ。
怒りで血圧が上がってしまいました。
国民はだまされてはいけません。
公私混同、職権乱用の最たるものです。
趣味の蝶収集のために大使館職員が2名命を落とされています。
(スラチャイ)

鳩山邦夫元法務大臣が在任中フィリピンでご法度の蝶々探しに大使館員が参加。運悪くその中の一人が高圧電線にふれて死亡。それをアレンジした大使館員もその後(多分責任をとって)自殺という不幸な出来事があった。

http://kiyoshimatforklog.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-a536-1.html

cite from msn news,

鳩山邦夫氏が法相時、宮崎元死刑囚の死刑「執行すべきと指示」明かす
2010.12.30 00:33

幼女4人連続誘拐殺人事件で死刑執行された宮崎勤元死刑囚について、当時法相だった鳩山邦夫氏が、民放の収録番組で「最も凶悪な事案の一つと思うから、宮崎を執行すべきだと思うが、検討しろと私から指示した」と発言していたことが29日、分かった。

毎日放送(大阪)が制作し、29日夜にTBS系列で放送された情報番組で、死刑制度や検察の捜査の在り方などをめぐって国会議員や論客らが議論。鳩山氏の発言部分は今月2日に収録された。

番組の中で鳩山氏は宮崎元死刑囚について「ここまで非人間的というか、悪くなれる人間がいるんだなと。凶悪性にびっくり」「こんなやつ、生かしてたまるかと思う」などと発言。任期中の死刑執行についても「考えてみれば少なかったと反省している。30~40人はしなくてはならなかったと反省している」と述べた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

RHサービス

2010-12-30 05:42:59 | アドセンス



20年以上くらい前に私も急なお金が必要になり何度か利用したことがありますが、当時は東海銀行のローンカードや丸井のクレジットカードを利用していました。
カードのショッピング枠現金化のような便利なサービスは当時ありませんでした。

お金を借りるときの注意点は昔も今も変わりません。
計画的に返済できる範囲で借金するということにつきます。
決して無理してはいけません。
ご利用は計画的に!

■RHサービスの特徴

・業界一の高い換金率(キャッシュバック率)96%

・一人一人のお客様に専属のサポートスタッフがついてお客様一人一人の事を真剣に考え、金額の大小、申し込みの有無を問わずお客様一人一人を大切にしています。

・親身なサービスと高いキャッシュバック率によりリピーターがかなり多いです。
 また、他社から移ってくるお客さんも多いです。

・男女比率においては、他社が男女のどちらかに寄っている(大体男性)のに対して、
 当社は男女比率1:1と男女両方に支持されています。
 また年齢層も広くどの年代の方からも支持されています。

・個人情報の管理を徹底させて頂いております。
 最新のプロテクトシステムを使用しております。

■ご利用の手引き

お客様がお持ちのクレジットカードのショッピング枠をご利用して、
当社のキャッシュバック付きオリジナル商品を購入していただきます。

その特典として購入金額に応じた金額をお客様の指定銀行口座に現金で払い戻しをするサービスです。

例えば10万円のキャッシュバック付きオリジナル商品購入すれば、即座に10万円の84%がお客様の銀行口座に振り込まれます。(ファーストクラス)(入金に多少時間のかかるエコノミークラスでは90%)

購入したキャッシュバック付きオリジナル商品は、宅急便で宅配されて来ますので、必ず受け取らなければなりません。

一般のローン業者からの借り入れでは、返済期間により異なる金利を支払わなければなりませんが、クレジットカードのショッピング枠現金化サービスでは金利はゼロです。
比較検討の余地は十分にあると思います。

お気軽なご連絡をお待ちしております。
ご利用はこのリンクより出来ます

以下のリンクよりご利用できます。

RHサービス 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小沢元代表:政倫審出席 離党圧力で方針転換

2010-12-30 04:17:53 | 英字新聞
(Mainichi Japan) December 29, 2010
Under pressure to leave DPJ, Ozawa agrees to testify over scandal -- with conditions
小沢元代表:政倫審出席 離党圧力で方針転換

Ichiro Ozawa, former secretary-general and a political kingpin of the ruling Democratic Party of Japan (DPJ), has finally agreed to testify to a Diet ethics committee over a political funding scandal after mounting pressure to leave the party if he didn't, but he has shrewdly taken advantage of the situation to seek removal of a political opponent.
On Dec. 27, Prime Minister Naoto Kan made it clear that the DPJ would ask Ozawa to leave the party if he refused to appear before the ethics committee. Kan's statement forced Ozawa, who is facing indictment as early as the beginning of next year over the scandal, to move towards testifying.
民主党の小沢一郎元代表が衆院政治倫理審査会へ出席する意向を表明したのは、首相が27日に小沢氏の「出処進退」に言及し、出席要請に応じない場合は離党勧告も含めて小沢氏を排除する姿勢を鮮明にしたためだ。年明けにも強制起訴を控え追い込まれた小沢氏は、出席に前向きな回答をせざるを得なくなった。

However, Ozawa took the opportunity to make a counter-attack, demanding that Kan dismiss Chief Cabinet Secretary Yoshito Sengoku as a precondition for Ozawa's appearing at the committee. Kan has been under pressure from opposition parties to sack Sengoku after the opposition-controlled House of Councillors adopted a censure motion against the chief cabinet secretary.
だが一方で、野党から参院で問責決議を受けた仙谷由人官房長官の更迭を事実上条件として挙げ、政権の弱点を突いた。

The move by Ozawa takes advantage of indications by the prime minister that he would reshuffle his Cabinet -- even though that reshuffling was intended to accompany the addition of the Sunrise Party to a DPJ-led coalition administration, a deal which fell through.
首相がたちあがれ日本との連立工作に失敗しながら内閣改造を検討する姿勢を示した動きをとらえ、反撃に出た。

On the afternoon of Dec. 28, just before making the announcement that he would testify at the committee, Ozawa visited former Prime Minister Yukio Hatoyama and stressed the need to sack Sengoku.
"For the Diet, the censure motion against Sengoku is the more serious problem, so the prime minister should respond properly to it," Ozawa was quoted as saying to Hatoyama, who agreed with him.
小沢氏は出席を表明する直前の28日昼、東京・赤坂の鳩山由紀夫前首相を訪ね、「問責決議の方が国会審議にとって大きな問題だから、首相もしっかりやってもらわないといかんな」と告げた。

Ozawa and Hatoyama, both outside of the mainstream of the party, agreed that they will demand that the prime minister replace Sengoku with a pro-Ozawa legislator, saying it will be for the benefit of party unity.
鳩山氏は同意し、非主流派の2人はまず仙谷氏を更迭させ、内閣改造で小沢氏側の人物を登用する挙党態勢を求めることを確認した。

Azuma Koshiishi, head of the DPJ's caucus in the House of Councillors and close ally of Ozawa, is in step with the two. "If the prime minister wants to restore public trust in his administration, he should reshuffle the Cabinet," he told reporters.
小沢氏に近い輿石東参院議員会長も記者団に「内閣改造を、政権に信頼を取り戻す方法として考えているならそうした方がいい」と語り、足並みをそろえた。

政権の課題は来春の統一地方選と11年度予算案だ。小沢氏は予算案成立と引き換えの政倫審出席もちらつかせ、証人喚問や離党勧告に進もうとする執行部をけん制した。一方で、首相が仙谷氏を更迭せず野党が審議拒否すれば、国会停滞の責任は首相にあるとして、小沢氏は政倫審に出席しない意向だ。
(この部分の英語版はありません。訳抜けです^^)

A point of contention is the timing of the testimony. Ozawa says he will only attend the ethics council if it is convened after the regular Diet session opens in January -- in other words, after Kan has made the decision of whether to sack Sengoku.
小沢氏が政倫審出席の条件に「国会開会後」を挙げているのも、まずは仙谷氏を更迭してから、という意味だ。

Kan, however, fearing that if he complied it would give the public the impression that he had bowed to pressure from Ozawa, strongly demanded on Dec. 28 that Ozawa attend the ethics council before the next Diet session convenes.
しかし、小沢氏の政倫審出席前に首相が仙谷氏を更迭すれば、首相が小沢氏に屈した形になる。だからこそ首相は28日夕、小沢氏に国会前の政倫審出席を強く求めた。

On the night of Dec. 28, pro-Ozawa legislators, including Koshiishi, former Deputy Chief Cabinet Secretary Koji Matsui, and former DPJ Diet Affairs Committee Chairman Shinji Tarutoko met in Tokyo and were reportedly in agreement on using Ozawa's testimony to the ethics council as a bargaining chip to demand a reshuffling of the Cabinet. (By Takashi Sudo, Political News Department)
小沢氏に近い輿石氏、松井孝治前官房副長官、樽床伸二前国対委員長らは28日夜、東京都内で会合を開いた。出席者によると「小沢氏の政倫審出席が有効なカードになるよう態勢を整えるべきだ」として、執行部側に内閣改造を求めることで一致した。【須藤孝】

毎日新聞 2010年12月29日 9時17分
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ライフクリエート

2010-12-29 09:17:52 | アドセンス

20年くらい前にスラチャイも急なお金が必要になり何度か利用したことがありますが、当時は東海銀行のローンカードや丸井のクレジットカードを利用していました。
クレジットカードのショッピング枠現金化のような便利なサービスは当時ありませんでした。

お金を借りるときの注意点は昔も今も変わりません。
計画的に返済できる範囲で借金するということにつきます。
決して無理してはいけません。
ご利用は計画的に!

それではここで、クレジットカードのショッピング枠現金化サイト「ライフクリエート」の紹介を致します。

■ライフクリエートの特徴

・指定のキャッシュバック付き商品をご購入いただいたお客様に、特典としてご利用金額に対して最大96%までをお客様の指定する金融機関に現金を払い戻しするサービスです。

・ご利用金額に応じてポイントが貯まるポイントシステムを導入、プレゼント実施中です。

■ご利用の手引き

お客様がお持ちのクレジットカードのショッピング枠をご利用して、
当社のキャッシュバック付きオリジナル商品を購入していただきます。

その特典として購入金額に応じた金額をお客様の指定銀行口座に現金で払い戻しをするサービスです。

例えば10万円のキャッシュバック付きオリジナル商品購入すれば、即座に10万円の86%がお客様の銀行口座に振り込まれます。

購入したキャッシュバック付きオリジナル商品は、宅急便で宅配されて来ますので、必ず受け取らなければなりません。

一般のローン業者からの借り入れでは、返済期間により異なる金利を支払わなければなりませんが、クレジットカードのショッピング枠現金化サービスでは金利はゼロです。
比較検討の余地は十分にあると思います。

ご利用はこのリンクより出来ます。

ライフクリエート

コメント
この記事をはてなブックマークに追加