英字新聞社説学習研究

読売、毎日、朝日各社英字新聞の主として社説を学習研究します

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

少年に殺意か?

2008-07-31 19:35:29 | Weblog



(Mainichi Japan) July 30, 2008
Police believe boy who stabbed teacher had murderous intent
殺人未遂:傷、肺に達する深さ 少年に強い殺意か 愛知

CHIRYU, Aichi -- One of the stab wounds that a teacher sustained in a knife attack launched by one of his former students reached his lung, leading investigators to suspect that the perpetrator had strong murderous intent, local police said.
The 18-year-old suspect, whose name is being withheld under the Juvenile Law, said he had a grudge against the teacher, 34-year-old Yoshihisa Kamiya.
"Kamiya severely scolded me, which led me to suffer from social phobia. I recently began to work, but I couldn't do well," he was quoted as telling investigators.
Aichi Prefectural Police said they are grilling the youth, a part-time worker from Chiryu, over why he intended to murder Kamiya, noting that he had not contacted the victim for more than three years after he graduated.
The boy visited the Chiryu Municipal Junior High School he had graduated from on Tuesday afternoon at around 1:30 p.m. and attacked Kamiya, who was instructing the school's brass band, local police said.
He stabbed Kamiya in the back from behind, chased the victim as he attempted to flee and stabbed him in the chest. Kamiya suffered serious stab wounds that are expected to take a month to heal.
Kamiya was the suspect's homeroom teacher when he was a second-year student at the school.

words:
stab wounds=刺し傷
launched=発射する、射る
former students=卒業生
lung=肺
perpetrator=犯人、加害者
murderous intent=殺害の意志、殺意
suspect=容疑者
being withheld=(発表を)差し控える
the Juvenile Law=少年法
grudge=恨み、怨恨、遺恨
social phobia=対人恐怖症、社会生活恐怖症
was quoted=引用される
grilling=いじめる、厳しく尋問する
attacked=攻撃する、襲う
instructing=指導する、教える
He stabbed Kamiya in the back from behind=彼は背後から神谷さんの背中をナイフで刺した
attempted to flee=逃げようとする
expected to take a month to heal=全治1ヶ月、回復するのに1ヶ月が見込まれている

愛知県知立市の市立知立(ちりゅう)中学校で教諭が卒業生のフリーターの少年(18)=殺人未遂容疑で逮捕=に刺された事件で、教諭の傷の一つが肺に達する深さだったことが30日、県警捜査1課と安城署の調べで分かった。この傷は、少年が教諭の背中をいきなりナイフで刺した際にできたもので、県警は少年が強い殺意を持って教諭を襲ったとみて動機の解明を進める。
調べでは少年は29日午後1時半ごろ、同校技術棟2階の被服室で、吹奏楽部の指導をしていた同校教諭、神谷佳久さん(34)の背後からペティナイフ(刃渡り約13センチ)で背中を刺した。さらに逃げる神谷さんを追い回して胸2カ所を刺したほか、左腕と左手の指を切り、1カ月の重傷を負わせた。
その後の調べで、最初の背中の刺し傷は肺に達していたことが判明。いきなり背後から強い力を込めて刺していることから、県警は明確な殺意があったとみている。
少年は中学卒業後、高校に進学したが、その後中退して引きこもりになった。調べに「神谷教諭に厳しくしかられ対人恐怖症になった。最近仕事を始めたがうまくいかなかった」などと恨みを口にしているという。
神谷さんは少年の中学2年時の担任。少年は29日、同校内に侵入後、職員室へ行って「神谷さんはどこですか」と尋ねており、当初から神谷さんを狙って来校したとみられる。一方で、中学卒業から3年以上経過し、卒業後は神谷さんと接点もなかったことから、県警は少年が殺意を抱いた経緯について慎重に捜査している。【式守克史、飯田和樹】
毎日新聞 2008年7月30日 15時00分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏休みどうする?

2008-07-31 18:56:51 | Weblog
 


(Mainichi Japan) July 30, 2008
More people say they can't afford to go on summer holidays
夏休み:「国内旅行」抜き「帰省」トップ…倹約型が増加

More people are spending their summer vacations by simply returning to their home town or mostly staying at home due to surging commodity prices, a survey by Dentsu Research Inc. has revealed.
The survey found that the most popular way of spending summer holidays was to return to one's home town, at 22 percent, outnumbering domestic travel that had topped the ranking for two years in a row. The third favorite option was to "preferably stay at home," at 12 percent.
"Because of the surge in commodity prices, more people are tending to spend their summer holidays by saving money," said a representative of Dentsu Research.
The survey conducted in June covered men and women aged between 15 and 59 years old, who are living within a 30-kilometer range from Tokyo Station.
Of the 630 respondents, 466 people who have a job said "an ideal summer holiday" is to take an average of 10.4 days off. The most popular way of spending summer holidays was to "travel abroad," at 25 percent, and the most popular destination was Hawaii, at 28 percent.
However, the average summer holiday in reality was only 6.5 days and the average budget for summer holidays was 108,000 yen -- about the same as last year.
A little less than 40 percent of married respondents in their 30s to 50s said, "I will tighten my budget."
"Although the budget (for summer holidays) is about the same as last year, more people are refraining from going far away other than returning to their home town because of rising gas prices," said a Dentsu Research representative.

words:
afford=~することができる、~する余裕がある
returning to their home town=帰省すること
staying at home=家でゴロゴロしている
due to surging commodity prices=急騰する石油価格の影響を受けて
outnumbering=追い抜く、数で圧倒する
for two years in a row=二年連続で
"preferably stay at home," =家でゆっくりしているほうがよい
tending to=~する傾向にある、~しがちである
within a 30-kilometer range from Tokyo Station=東京駅30km圏内
respondents=回答者
an ideal summer holiday=理想的な夏休み
"travel abroad," =海外旅行をする
destination=旅行の目的地
the average summer holiday in reality=実際の夏休みの平均期間
the average budget for summer holidays=夏休みの予算
"I will tighten my budget."=予算をきりつめる
refraining from~=~するのを差し控える、from の後には動名詞が続く

電通リサーチは29日、夏休みの過ごし方についてのアンケート結果を発表した。2年連続首位だった「国内旅行」を「帰省」が抜き、3位の「なるべく家にいる」派も増加。同社は「物価高の影響で、夏休みを倹約で過ごす傾向が強まっている」と分析している。
調査は6月、東京駅から30キロ圏内在住の男女15~59歳を対象に訪問面接で実施した。
回答者630人のうち仕事に就いている466人が「理想の夏休み」としてイメージしているのは、日数が平均10.4日。過ごし方としては「海外旅行」(25%)を挙げた人が最も多く、旅行先の人気ナンバーワンはハワイ(28%)だった。
しかし現実の休暇日数は平均6.5日で、過ごし方でも「海外旅行」は5位で昨年調査に比べ1ポイント減の7%。「国内旅行」は2位だったが昨年比4ポイント減の20%で、「遊園地・テーマパークへ行く」「キャンプ・登山をする」も減った。
最も多かった過ごし方は「帰省」で同6ポイント増の22%。3位の「なるべく家にいる」も同3ポイント増の12%だった。
予算は平均10.8万円と昨年並みだが、30~50代の既婚者の4割弱が「夏休みの予算を引き締める」と回答した。同社は「予算は昨年並みでもガソリンの高騰で、帰省以外の遠出は控え気味」と見ている。【望月麻紀】
毎日新聞 2008年7月29日 19時49分(最終更新 7月30日 10時34分)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フィッシング詐欺

2008-07-31 18:25:45 | Weblog



(Mainichi Japan) July 30, 2008
Unemployed man busted over 'phishing' scam
フィッシング詐欺:銀行装い顧客ID入手、119万円詐取

A man was arrested Wednesday over a "phishing" scam in which he sent numerous people e-mails pretending to be banks, illegally obtained their IDs and passwords and used the information to embezzle over 1 million yen, police said.
Hirofumi Fujita, 23, an unemployed resident of Matsuyama, stands accused of violating the Unauthorized Computer Access Law.
Fujita set up fake Web sites for banks and sent e-mails titled, "Important notice," to numerous people. He asked them to access the sites to obtain their bank IDs and passwords, investigators said.
The Metropolitan Police Department (MPD) is investigating allegations that Fujita swindled 21 people out of about 13 million yen since October last year through phishing.
In the specific case for which he was arrested, he used the illicitly obtained ID and password of a 37-year-old man living in Suginami-ku, Tokyo, to transfer about 1.19 million yen from the victim's account at JP Bank into his own account in March, MPD investigators said.

words:
arrested=逮捕する
numerous=多くの、多数の
illegally=違法な
embezzle=横領する、騙し取る
unemployed resident=無職の住人
stands accused of violating the Unauthorized Computer Access Law=不正アクセス禁止法違反容疑として取調べを受ける
fake Web sites=偽のウェブサイト、偽りのウェブサイト
The Metropolitan Police Department=警視庁
allegations=申し立て
swindled=人を騙してお金をとる
phishing=フィシング詐欺
specific case=特定のケース
illicitly=禁制の、不法の
transfer=送金する
victim's account=被害者の銀行口座

銀行を装ったメールやサイトなどで顧客のIDやパスワードなどを不正入手し、顧客の口座から自分の口座に現金を勝手に送金したとして、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは30日、松山市束本1、無職、藤田浩史容疑者(23)を不正アクセス禁止法違反容疑などで逮捕したと発表した。偽メールなどを使った「フィッシング」でネット取引を扱う銀行から現金を詐取した事件の摘発は初めて。
調べでは藤田容疑者は3月、東京都杉並区の無職男性(37)のIDとパスワードなどを使い、ゆうちょ銀行のサーバーコンピューターに不正アクセス。現金約119万円を詐取した疑い。藤田容疑者は、同行以外にもイーバンク銀行を偽装したサイトを設け「重要なお知らせ」との内容のメールを計105万人に送信。アクセスしてきた顧客のIDなどを不正に取得し、07年10月以降、21人の顧客から計約1300万円を詐取したという。「だまし取った金は遊興費に使った」と供述。新銀行東京の顧客1人からも約120万円を詐取したと認めており、追送検する。【武内亮】
毎日新聞 2008年7月30日 13時05分

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベトナム航空機火災

2008-07-31 17:54:20 | Weblog



(Mainichi Japan) July 30, 2008
Vietnam Airlines jet engine catches fire after landing at Narita Airport
ベトナム航空機:成田着陸後、エンジンから火 けが人なし

NARITA -- An engine on a Vietnam Airlines jet caught fire after the plane arrived at Narita Airport on Wednesday morning, government officials said.
None of the 277 passengers and crewmembers on board was injured as they had already disembarked by the time the fire started. The local office of the Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry is investigating the cause of the fire.
At around 7:40 a.m., an air traffic controller at Narita Airport noticed smoke coming out of one of the two engines on a Vietnam Airlines Boeing 777-200 that was taxiing toward a gate after landing.
The engine caught fire at around 8:30 a.m. after all the passengers had disembarked at the gate. Seventeen fire engines were mobilized to extinguish the blaze.
Ministry inspectors suspect that fuel had leaked and began to smoke after it became heated.
"There was nothing unusual in the cabin," said Michio Kasai, 49, a passenger aboard who operates a restaurant in Vietnam. "A cabin attendant repeated, 'Please disembark quickly,' but didn't say that smoke was coming out."
The aircraft was on Flight 950 from Ho Chi Minh.

words:
passengers and crewmembers on board=搭乗乗客乗務員
disembarked=到着する、上陸する
the Land, Infrastructure, Transport and Tourism Ministry=国土交通省成田空港事務所
taxiing=飛行機が誘導路を移動する
fire engines=消防車
extinguish the blaze=消火する
leaked=もれる、あふれる
"There was nothing unusual in the cabin,"=機内では特に変わったことはありませんでした
passenger aboard=搭乗乗客
operates a restaurant in Vietnam=ベトナムでレストランを経営する
cabin attendant=乗務員

30日午前7時40分ごろ、成田国際空港に着陸し地上を走行中のベトナム・ホーチミン発のベトナム航空950便(ボーイング777-200型、乗客乗員277人)の右主翼にある第2エンジンから、煙が出ているのを管制官が発見した。自力で駐機場に入り、乗客が通常通りに機を降りた後の午前8時半ごろ、第2エンジンから出火した。消防車計17台が消火剤をまいて消し止め、けが人はなかった。
国土交通省成田空港事務所によると、同機は暫定平行滑走路(B滑走路)に着陸、第2旅客ターミナルビルの駐機場に向かうため誘導路を移動中、第2エンジンから白い煙が出始めた。
煙は一時収まっていたため消防隊が監視していたところ、エンジンから突然炎が出たため、消火した。同事務所は何らかの原因で燃料が漏れ、過熱して煙が出たとみて原因を調べている。
空港会社は午前7時41分から午前8時まで同機の着陸した暫定平行滑走路を閉鎖した。 乗客で、ベトナムでレストランを経営する笠井道生さん(49)は「機内の様子は特に変わったことはなく、客室乗務員が『早く出て下さい。クイックリー、クイックリー』と繰り返していただけで『煙が出ている』という説明はなかった」と驚いた表情だった。【黒川将光、駒木智一、斎藤有香】

毎日新聞 2008年7月30日 11時10分(最終更新 7月30日 12時28分)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一酸化炭素中毒

2008-07-31 16:22:20 | Weblog
■■■■■ENEOSカードにインターネットで入会しよう!■■■■■■
年会費無料のENEOSカード!ガソリン・軽油代も請求時に2円/L!
ロードサービスも年会費無料!ENEOSカードを今すぐGET!



(Mainichi Japan) July 30, 2008
11 people collapse at bakery after apparently inhaling carbon monoxide
救急搬送:大阪のパン店、12人病院へ 一酸化炭素中毒か

OSAKA -- Eleven people collapsed at a bakery here after apparently inhaling carbon monoxide on Wednesday morning, police said.
At around 7:50 a.m., rescue workers received an emergency call from an employee of Bakery Factory Gogh in Higashisumiyoshi-ku, Osaka, reporting that people had collapsed in the store.
Eleven people -- nine women and two men -- were rushed to hospitals by ambulances. Two women, aged 18 and 28, were in a serious condition. Another 34-year-old woman visited a clinic to receive a check-up.
The owner of the shop has told investigators that the ventilating fan was not working at the time, leading them to suspect that the victims suffered carbon monoxide poisoning.
The bakery is located in a shopping district about 600 meters east of Nishi-Tanabe Station on the Midosuji Subway Line.

words:
inhale carbon monoxide=一酸化炭素を吸い込む
rescue workers=救助隊
rushed to hospitals=病院に急送された
in a serious condition=重篤な状態、危篤状態
ventilating fan was not working=換気扇が作動していなかった

30日午前7時50分ごろ、大阪市東住吉区山坂3のパン製造販売店「ベーカリーファクトリーゴッホ」=鹿島憲一郎社長(47)=から「パンを焼いていた従業員が倒れた」と119番通報があった。救急隊員が駆け付けると店内で従業員らが倒れており、男女11人を救急搬送。別に34歳の女性客1人が受診した。府警東住吉署によると、このうち28歳と18歳の女性2人が重症。同署は換気不足による一酸化炭素中毒が原因とみて、業務上過失傷害の疑いで調べている。
調べでは、搬送されたのは女性9人と男性2人。病院に行った12人中、客は女性客とその娘(4)の2人で、残り10人はいずれも従業員だった。
同店は午前7時に開店。当時、店内奥の調理場の石窯(高さ2.2メートル、幅2.9メートル、奥行き2.5メートル)などを使い、パンを焼いていた。陳列作業をしていた女性従業員(19)が「気分が悪い」と言って倒れ、その後近くにいた従業員が次々に倒れたという。同店では普段、午前4時半ごろからガスで石窯を温める作業を始め、同6時ごろからパンを焼き始めるという。
大阪市消防局によると、調理場内の換気扇は回っていなかった。鹿島社長も「普段回している換気扇が動いていなかった」と話しているという。
現場は地下鉄御堂筋線西田辺駅の東約600メートルの住宅街で、同店は4階建てマンションの1階。
毎日新聞 2008年7月30日 10時59分(最終更新 7月30日 13時24分)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加