レンジャーむーらんのフィールドノート

清里の自然の中に暮らすむーらんが八ヶ岳南麓の自然情報を中心に気まぐれに更新します。

「森の時間」開催カレンダー

以下のカレンダーはサンプルです。 実際に運用されているものではありません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

宇宙の神秘・・・皆既月食

2011年12月12日 00時04分33秒 | 自然情報
お久しぶりの更新になりました。
撮影に行けるタイミングと天候がすれ違いでしばらく星の写真が撮れなかったのです。

季節はあっという間に冬ですが、みなさんお元気でしょうか。

さて、昨日の皆既月食、ご覧になった方が多いと思います。
太平洋側は軒並み晴れていたようですね。
清里も“ほぼ”晴れていたので十分に楽しめました♪

ちなみに僕はお仕事(お客さんと月食観察会)しながら
写真も撮りました。天体望遠鏡2台と自分のデジカメ、
そしてお客さんのフォローと大忙しでしたが(笑)

というわけで早速ご紹介♪


半分くらい欠けた頃


ほとんど欠けた頃


皆既になった頃


皆既中の月とおうし座、すばる


皆既中の月とオリオン座(ISO800、露出5秒×4枚を比較明合成)

少しずつ欠け始め、「さぁ始まった」と思い始めた頃から
西の空からどんどん雲が流れてくるではありませんか!

終いには月は雲に隠れ雪が降り出すことに…。
お客さんにも、しばらく見えそうにないので
一度部屋に戻って暖まってくださいと伝え様子見。

さすがにこれ以上雪が降るとまずいと撤収を考えた矢先、

ぱぁっと雲が晴れて見事な夜空が見えてきました~。

早速お客さんを呼び戻し、観察再開!
その後は皆既が終わるまで曇ることなく楽しめました。

皆既になったときのあの赤い月はなんとも言えない風景でした。
自然の神秘、宇宙の神秘だなぁと実感しました。
そして皆既になったときの星の見え方もまたすばらしかったです。

お客さんも大満足のようで無事に仕事も役目を果たせました。


皆既が終わって元に戻った夜空

本当は欠け始めから終わりまでの一連の様子を
インターバルで撮影したかったのですが、
機材的な面、時間的な面、いろんなものが
準備不足で残念ながら撮れませんでした。

でもまぁそれなりに写真も撮れたし
肉眼で経過の一部始終を楽しめたので良しとします。

さぁ次はふたご座流星群!
このときもお仕事(お客さんと観察会)を予定しているので
満足には撮れないかもしれませんが、
撮影も片隅でやりながらお仕事もがんばりたいと思います。

一昨年のような見事な写真が撮れることを願って・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加