レンジャーむーらんのフィールドノート

清里の自然の中に暮らすむーらんが八ヶ岳南麓の自然情報を中心に気まぐれに更新します。

「森の時間」開催カレンダー

以下のカレンダーはサンプルです。 実際に運用されているものではありません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ふたご座流星群2010

2010年12月15日 19時27分54秒 | 自然情報
2010年のふたご座流星群…

二時間ほど外にいましたが20個くらい見れました♪
結構明るい流れ星が多かったなぁという印象です。
みなさんも見に行きましたか?
今夜も(天気さえ良ければ)観測のチャンスですよ。
まだの人はぜひ願い事を頭に入れつつ
流れ星を見に行ってみてください。
決して流れ星が流れたときに「流れた!」とか
「あーーーっ!」とか言っちゃだめですよ。
ちゃんと願い事言えるように心の準備を
しておきましょう(笑)。


さて、もちろんただ単に流れ星を見に行った
だけではありません。ちゃんと写真を撮って
きました。

2010年のふたご座流星群のピークを迎える
12月14日、清里高原の天気予報は「晴れ」!
1時間毎の予報を見ても「晴れ」「晴れ」「晴れ」…。

これはもう絶好のチャンス!

仕事を9時に終え、職場の偉い人が
「流れ星はどうだ?」と見たそうだったので、
一緒に外に出てみると、八ヶ岳のある北の方角に
なになら真っ黒なモコモコ雲が…。

話が違うじゃん!

と思いながらも準備を進めましたが、
一向に回復の見込みはなく、むしろ北からどんどん
雲が伸びてくる。

本当なら「八ヶ岳にふりそそぐ流れ星」という
構図を撮りたかったのに、八ヶ岳が雲で完全に
隠されてしまったので予定変更。
一番雲が少ない南の方角に構図を決めて、
その構図を撮るのに最適な場所へ移動。
23時頃撮影を開始しました。

が、雲は西からも伸びてきて、もはや空の
7割は雲という状況。さらには西の風も
強く吹いてきて、安い三脚なのでカメラが
ブレてしまいました。

今回はダメだなとあきらめ半分で
撮るだけ撮って帰ってきました。

家で早速チェックしてみると、150枚くらい
撮影して流れ星が写っていたのは下の3枚(笑)。









さて、どこに流れているでしょう?(笑)

よ~く見ないと分からないくらいかすかな流れ星☆彡

残念…。

また次の機会、というのが下手すると1年も2年も
先になることも当たり前の星景写真ですが、
いつかは「八ヶ岳にふりそそぐ流れ星」を
カメラに収めたいと思います。



コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

今さらですが・・・

2010年12月13日 23時28分15秒 | 自然情報
今日の清里は雪ではなく雨でした。
雪になるほど気温が下がらなかったということなんですが、
もう12月も半ばにさしかかろうとしている今日この頃、
本来ならば雪になるべき気候なんだろうなぁと考えると、
ちょっと複雑な気持ちになります。

さて、明日14日の午後8時頃、ふたご座流星群が
ピークを迎えます。

当日は半月過ぎ(今日13日が半月です。)の月明かりが
あるので、ちょっと条件がよくありません。

肝心のふたご座は8時頃には東の空に昇っていますので、
流星群自体は一晩中観測することができます。
月は日付が変わることには沈むので、それ以降は
最高の条件で観測することができます。

ただ、一番重要なお天気が・・・。

清里は今週、下り坂の予報です。
空模様を見ながらチャンスがあれば観測に行きたいと
考えていますが、さて、どうなるでしょうね?

ちなみに昨年は絶好のコンディションの中、
自分なりにすばらしいと思う写真が撮れましたので、
去年も紹介しましたが改めてご紹介します♪



ふたご座が写真上部にあります。
その流星群がオリオン座を駆け抜けるところです。

今年もふたご座流星群が見られますように!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加