レンジャーむーらんのフィールドノート

清里の自然の中に暮らすむーらんが八ヶ岳南麓の自然情報を中心に気まぐれに更新します。

「森の時間」開催カレンダー

以下のカレンダーはサンプルです。 実際に運用されているものではありません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

昨日(2009年12月26日)の月

2009年12月28日 01時02分34秒 | 自然情報
ちょうど上弦の月(=半月)を1日過ぎたお月様が昇っていました。

半月の時はクレーターがきれいに見えます。
(以前のブログでも紹介したかな?)

ということで、ちょっと撮ってみました。



月の右下が光りすぎて白くなっちゃったのでちょっと失敗。

クレーターはなんとか写って、雰囲気くらいは分かるかなぁ?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Merry Christmas☆彡

2009年12月26日 22時35分21秒 | 自然情報
清里の森からこのブログをご覧くださっているみなさまへ

メリークリスマス!(ちょっと遅いけど)
みなさまに幸せが訪れますように…。
むーらんより



※写真は「クリスマスツリー星団」と呼ばれている星団です。
 明るい星がツリーの根本、そこから上に三角形にツリーが
 立っているのがわかりますか?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

驚いたことに…

2009年12月22日 23時13分33秒 | 自然情報
ちょっとごぶさたになってしまいましたね。

この一週間ほど、清里は毎晩星空が顔を見せてくれています。
透明度の高い冬の夜空は本当にきれいです。

以前の記事の中で使用しているデジカメが壊れたと、ちょろっと
書いた気がしましたが、一通りブログをさらってみると書いてない(・ω・)

・・・え~とですね、これまでこのブログで紹介してきた写真は
基本的にデジタル一眼を使って撮ったものなんですが、そのカメラが
12月頭に壊れちゃいまして、修理代に5万円かかると見積もりが
出ましたので、これを機に新しいデジタル一眼を買ったのです。

12月の記事からはその新しいカメラで撮った写真をお送りしています。


話が脱線してしまいました。

要するに、きれいな星空が毎日見えていることと新しいデジカメを
手にしたことで、このところ毎晩のように写真を撮りに行っています。

そんなわけで、最近はたくさんの星の写真を撮っているのですが、
これ↓はまだカメラが壊れる前の11月15日に撮った写真です。



左半分にオリオン座が見つかると思います。

実はこの写真、オリオン座・おおいぬ座・こいぬ座で形成される
冬の大三角を撮ったもの(今回は記事に載せるためにトリミングしています)
なのですが、なんとこの写真の中に驚きのものが写っていました!


なんと!UFO!!


ではなく(笑)

新星です。

要するにこれまで発見されていなかった星です。

日本で、いや世界でもその道で有名な板垣さんという方が発見した星
なのですが、どうも発見する前の方が明るくなっていたということで、
その経緯(明るさの増減)を専門家が調べています。

その研究の中でサンプルとなる画像を広く求めている(サンプルが
多いほうがより詳しく解明できるのです。)ことが天文関係のHPなどで
紹介されていまして、ふと気になったので自分の写真をチェックしてみた
のです。

そしたら見事に写っているじゃありませんか!

さっきの写真の右側にピンクの丸で囲まれた星、それがその新星です。

偶然とはいえ、こんなことは初めてで、しかもそれが価値ある研究に
役立つのですから、これほどうれしいことはありません。

ということで早速しかるべきところへ連絡を取りました。

今後の動向に目が離せません。


最近の清里の様子も今後また少しずつお伝えしていきますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふたご座流星群☆彡

2009年12月15日 20時50分18秒 | 自然情報
前回のブログでも紹介したように、
13日夜、14日夜にピークを迎えたふたご座流星群☆彡

天文関係のHPでも続々と報告というか写真が投稿されています。

ふたご座流星群は三大流星群の一つ。

三大流星群とは:
しぶんぎ座流星群(1月)、ペルセウス座流星群(8月)、ふたご座流星群(12月)

○○座流星群と呼ばれる流れ星は毎年同じ時期に見られます。
もちろん一年中流れ星は流れています。ただ、時期が決まっていること、
ある程度まとまった数の流れ星が流れることで、当てもなく夜空を見上げる
必要がないのです。

もちろん写真を撮るにしても、いつどの方向に流れるか分からない夜に
撮るよりも、いつどの方向に流れるか多少なり検討がつけられるので
確実性が増すわけです。

今年のふたご座流星群は新月が16日なので月明かりの影響がない夜空、
つまり真っ暗な夜空なので見られる流れ星の数が多くなるのです。

そして迎えた昨日の夜。

気温が氷点下に下がったおかげで清里はほぼ雲のない夜空に恵まれました。
0時~3時が一番多く見られるということで0時から準備を始めて撮影に入りました。

外に出てカメラをセッティングしていた5分のうちに早速明るい流れ星が1個。
幸先の良いスタートです。その後も5分に1個くらいのペースで流れていました。

今回は観測メインというよりも撮影がメインだったので、満足するまで流れ星を
見た後は(寒かったのも大いにあるけど)室内に戻ってのんびり過ごし、
カメラくんに頑張ってもらいました。

なんだかんだで5時まで撮影し続け、撮影枚数は200枚超。
でも流れ星が写ったのは3枚。そのうち、我ながら良い写真だなと思えたのが1枚。

それがコレ↓



ふたご座方向からやってきた流れ星がオリオン座の位置で光り、見事にその瞬間を
捕らえることができました。

もちろん流れ星が光ってからシャッターを押したのでは遅いので、写真を撮っている時、
撮っている方向に明るい流れ星が流れることが、流れ星を写真に撮る条件です。
結構な偶然性なんですね。

前回流れ星を撮ったときは、とにかく流れ星の写真が撮りたい一心だったので、
構図も何もなかったのですが、今回はちょっと構図も意識して「ふたご座から
流れてきた星がオリオン座で光るといいな、それを撮れるといいな」と思って
カメラをセットしたので写っていたのを確認したときは思わずガッツポーズ!

次は1月のしぶんぎ座流星群ですが、今度の日程は満月に近いため、条件としては
ちょっと厳しいですね。その他の流星群も含めて、またこのブログでお伝えしていきます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ふたご座流星群が見ごろです♪

2009年12月12日 22時59分06秒 | 自然情報
13日夜、14日夜が見ごろをむかえるそうです。

今日は夕方から雲が出始め…、



残念ながら夜には雲に覆われてしまいました。

それでもわずかな期待を込めて短時間でしたが外に出てみました。
30分くらいでしたが雲の切れ間から4個流れたそうです。
(僕は一つも見られませんでしたがお客さんは見えたそうです。)

今夜は前夜祭ということにして、明日・明後日の夜にかけたいと思います!

みなさんもぜひ夜空を見上げてみてください♪
夜にはふたご座は東の空に昇っています。

深夜0時~午前3時が一番見えるようですが、20時からでも少しずつ
見え始めるようですよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またまた雪が降りました♪

2009年12月06日 21時55分41秒 | 自然情報
土曜日、またまた雪が降り、積もりました。

予報ではお昼過ぎから雨、雨、雨。

山間部だからきっと清里は雪になるだろうと思っていたら…。



降り始めは予報どおりの雨でしたが、じょじょにみぞれになり、気づけば予感的中の雪!



あっという間に積もっていきました。

日中の気温が5℃前後、夜間は0℃前後で「寒い」「冬本番」とはいっても
清里の冬にしては気温が下がりきっておらずまだまだ湿り気の多い雪でした。

1月、2月になって日中でもマイナスの日になれば、清里特有のサラサラ粉雪に
なることでしょう!

この粉雪を踏んだときの「キュッキュッ」という感触が密かに大好きです(笑)。



実はこの週末、小学生を対象としたキャンプがありました。
都心からやってきた子どもたちにとっては今シーズン初めての雪だったことでしょう。

言うまでもなく、大喜びで雪遊びをしました♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加