レンジャーむーらんのフィールドノート

清里の自然の中に暮らすむーらんが八ヶ岳南麓の自然情報を中心に気まぐれに更新します。

「森の時間」開催カレンダー

以下のカレンダーはサンプルです。 実際に運用されているものではありません。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2011年ペルセウス座流星群

2011年08月12日 19時35分08秒 | 自然情報
ちょうど今夜見ごろを迎えるペルセウス座流星群☆彡

月齢13の頃の月が輝き、流星群観察には悪条件ですが
明るい流星が期待できるので、少なからず流れ星は
見られることでしょう。

ちなみに昨夜は職場で星空観察会を行い、
お客様と一緒にペルセ群の火球を見ました♪

そんなこともあって、昨夜夜中、月が西に傾いた頃から
撮影に行ってきました。お客様と見た火球のような
明るい流れ星が八ヶ岳上空に流れることを期待して、
八ヶ岳を正面に構図を構えて明け方まで撮影しました。
と言っても、カメラが頑張ってくれただけで、
自分は車の中で待機していましたが(笑)。

空が白んできて撮影を終え、自宅に戻って
チェックしてみたら・・・

残念ながら期待した写真は撮れませんでした。
250枚以上撮影して、流れ星が写ったのは1枚だけ。
しかもうっすらと・・・。

その1枚が↓



流れ星が分かるように拡大したのはこちら

いつかリベンジしたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕焼けと青空と雨雲と・・・

2011年08月09日 23時57分17秒 | 自然情報
清里の夏はめまぐるしく天気が変わってゆく



コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

月夜の・・・

2011年07月22日 23時31分53秒 | 自然情報
台風6号が接近していたおとといの夜、
ふと空を見上げると見事な下弦の月とまばゆく輝く木星が!


こりゃ写真を撮りに行かねばと、カメラ・三脚を持って
外へ出ること5分・・・。

見事に曇り始めてしまいました(笑)


でもせっかくなのでわずかに撮れた写真をアップします♪


『月夜の牧草地』


『月夜の導き』


チャンスを逃さぬよう、毎晩のようにカメラ片手に
夜空を見上げているむーらんでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりの星空と久しぶりの投稿

2011年07月06日 21時52分48秒 | 自然情報
気が付けば前回の更新から半年・・・

各方面から「ブログ更新してないね」との叱咤激励をいただきました。
ありがとうございました。

なかなか気持ちが写真に向かず・・・。
今日に至ってしまいました。

相変わらずのマイペースぶりですが、
気長にお付き合いください。

最近はちょっと趣向を変えて、
このブログ(というか僕の写真)で「癒し」を醸し出せたらなぁと
考えています。まだまだその境地にはほど遠いですが、
ちょっとずつ精進していきます。


そしてその「癒し」の題材はもちろん「星景写真」です。

昨夜は梅雨の合間の見事な快晴♪
久しぶりの星空どころか、満天の夜空でした。
もちろん天の川もばっちりくっきり見ていましたよ~。

昨夜は午前3時までがんばってみました。
その成果が↓です。


森の奥に浮かぶ北斗七星


八ヶ岳に降り注ぐ星


夏の大三角と天の川と人工衛星の輝き


これらの写真からメッセージ性が出せると良いのですが、
考えれば考えるほど構図が浮かばず写真に気持ちが向かず・・・。


大好きな星景写真家武井伸吾さんや、
尊敬する自然写真家牛山俊男さんの写真でも見て
エネルギーを充電したいなぁ。


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2011年01月08日 01時03分05秒 | 自然情報
新年あけましておめでとうございます。
ちっとも更新しないこのブログですが、
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

本当なら元旦の初日の出の写真でもアップすれば
良いのでしょうけど、残念ながら初日の出の
写真は撮れませんでした。天気はとても良くて
きれいな初日の出が見られたそうですが・・・、
起きれませんでした。

というわけで、どの写真で2011年最初の投稿を
しようか迷っていたのですが、今朝方なかなか
良い写真が撮れたので「これしかない!」と
新年一発目の記事となりました。

今朝の清里の気温はマイナス11℃でした。
(最低気温はマイナス15℃まで下がっていたようです。)
空気は冷たいを通り越して痛いと感じるくらいに
冷えていました。日の出前の薄明の時間帯、
夜空に一際明るく輝く星がありました。
そうです。明けの明星です。
これは撮るしかないと、上着を着込んで
撮影に挑みました。



「明けの明星と夜明けを待つ富士山」

よく見ると明けの明星の下にはさそり座のアンタレスが
輝いています。写真を縮小したのでちょっと分かりづらい
と思います。

拡大したものはこちら

写真左側には水星も写っています。ちょうどこの時期、
明けの明星とその近くには水星も見えているんですよ♪
夜明け前に明けの明星と水星を楽しみ、その後の
日の出も楽しめたという、とても贅沢な今朝でした。

構図を少し変えてもう一枚。



この写真、個人的にちょっとした意図をもって
撮影したのですが、分かりますか?

拡大したのはこちら




答えは・・・、
しばらくしたらコメント欄に書き込みます♪


2011年もみなさまにとって幸多き一年となりますように!



コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

ふたご座流星群2010

2010年12月15日 19時27分54秒 | 自然情報
2010年のふたご座流星群…

二時間ほど外にいましたが20個くらい見れました♪
結構明るい流れ星が多かったなぁという印象です。
みなさんも見に行きましたか?
今夜も(天気さえ良ければ)観測のチャンスですよ。
まだの人はぜひ願い事を頭に入れつつ
流れ星を見に行ってみてください。
決して流れ星が流れたときに「流れた!」とか
「あーーーっ!」とか言っちゃだめですよ。
ちゃんと願い事言えるように心の準備を
しておきましょう(笑)。


さて、もちろんただ単に流れ星を見に行った
だけではありません。ちゃんと写真を撮って
きました。

2010年のふたご座流星群のピークを迎える
12月14日、清里高原の天気予報は「晴れ」!
1時間毎の予報を見ても「晴れ」「晴れ」「晴れ」…。

これはもう絶好のチャンス!

仕事を9時に終え、職場の偉い人が
「流れ星はどうだ?」と見たそうだったので、
一緒に外に出てみると、八ヶ岳のある北の方角に
なになら真っ黒なモコモコ雲が…。

話が違うじゃん!

と思いながらも準備を進めましたが、
一向に回復の見込みはなく、むしろ北からどんどん
雲が伸びてくる。

本当なら「八ヶ岳にふりそそぐ流れ星」という
構図を撮りたかったのに、八ヶ岳が雲で完全に
隠されてしまったので予定変更。
一番雲が少ない南の方角に構図を決めて、
その構図を撮るのに最適な場所へ移動。
23時頃撮影を開始しました。

が、雲は西からも伸びてきて、もはや空の
7割は雲という状況。さらには西の風も
強く吹いてきて、安い三脚なのでカメラが
ブレてしまいました。

今回はダメだなとあきらめ半分で
撮るだけ撮って帰ってきました。

家で早速チェックしてみると、150枚くらい
撮影して流れ星が写っていたのは下の3枚(笑)。









さて、どこに流れているでしょう?(笑)

よ~く見ないと分からないくらいかすかな流れ星☆彡

残念…。

また次の機会、というのが下手すると1年も2年も
先になることも当たり前の星景写真ですが、
いつかは「八ヶ岳にふりそそぐ流れ星」を
カメラに収めたいと思います。



コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加

今さらですが・・・

2010年12月13日 23時28分15秒 | 自然情報
今日の清里は雪ではなく雨でした。
雪になるほど気温が下がらなかったということなんですが、
もう12月も半ばにさしかかろうとしている今日この頃、
本来ならば雪になるべき気候なんだろうなぁと考えると、
ちょっと複雑な気持ちになります。

さて、明日14日の午後8時頃、ふたご座流星群が
ピークを迎えます。

当日は半月過ぎ(今日13日が半月です。)の月明かりが
あるので、ちょっと条件がよくありません。

肝心のふたご座は8時頃には東の空に昇っていますので、
流星群自体は一晩中観測することができます。
月は日付が変わることには沈むので、それ以降は
最高の条件で観測することができます。

ただ、一番重要なお天気が・・・。

清里は今週、下り坂の予報です。
空模様を見ながらチャンスがあれば観測に行きたいと
考えていますが、さて、どうなるでしょうね?

ちなみに昨年は絶好のコンディションの中、
自分なりにすばらしいと思う写真が撮れましたので、
去年も紹介しましたが改めてご紹介します♪



ふたご座が写真上部にあります。
その流星群がオリオン座を駆け抜けるところです。

今年もふたご座流星群が見られますように!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

カモシカくん

2010年11月30日 17時18分25秒 | 自然情報
いよいよ紅葉も終わり冬がやってきました。
まわりの森の葉もほとんど落葉し森もちょっと寂しくなりました。

そんな清里の森にカモシカくんが遊びにきました♪









毎年冬になると遊びにくるカモシカくん。
めったに見られないだけにうれしさも増しますが、
野生の動物が人間の世界にやってくることに関しては
ちょっと考えものです。

ポカポカ陽気のこの日は、わずかに残った草を食み
帰って行きました。

この先もまた遊びに来てくれるのかな?

最後に清泉寮をバックに1枚ポーズをとってもらいました♪



野生との出会いに感動とドキドキ感を味わった一瞬でした。

※時々、かわいそうだからということで野生の動物に
餌をあげる人もいるようですが、野生の動物に対して
干渉するのはやめてほしいと思っています。
「野生」「家畜」「ペット」それぞれの違いについて
考えていきたいものです。

【カモシカ】
・偶蹄目ウシ科
・北海道と中国地方を除いた本州、四国、九州に生息
・日本固有種、国の天然記念物に指定
「シカ」と名前についていますが鹿の仲間ではなく
牛の仲間です。オス・メス共に角を持ち、山岳地域で
生息(崖などを好む)しています。主に単独行動が多く、
定着性が強いので同じ場所でよく見られます。
木の幹などに眼下腺からの分泌液をこすりつけマーキング
することも知られています。草食、反芻性の動物です。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

早起きは・・・

2010年11月28日 07時19分48秒 | 自然情報
きれいな景色に出会えるものです♪



日の出直後の朝日が暖かくやわらかく
僕らを照らしてくれます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

清里の秋

2010年10月29日 18時44分56秒 | 自然情報


紅葉の八ヶ岳(川俣渓谷)と秋の夜空



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おすすめの景色

2010年10月11日 21時27分56秒 | 自然情報


清泉寮前の牧草地にウッドデッキができました。

そこから眺める星空は格別の景色です♪



デッキにはベンチもあるので、ロマンチックな時間も過ごせます。



清里にお越しの際には一見の価値ありですよ!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

夜、空を見上げて

2010年06月06日 01時28分40秒 | 自然情報


キミハナニヲオモウ?



オオキナソラノシタデ チイサキワレラノ スギユクトキヲオモウ
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

星景写真その2

2010年05月12日 16時56分41秒 | 自然情報
またまた撮りに行きました。

連日の朝帰り(笑)。

寝不足です・・・。







最近、画像を加工することが気になりつつありまして・・・。
加工することの賛否両論もあり、個人的には加工せず撮ったまんまで
勝負!というつもりでいますが、いかんせん、星の写真をデジタルで
撮るとノイズが発生してしまうため、少なからず加工しなければならない
場合もあるようです。

で、1枚目の写真をちょっと加工してみました。
(今回は色温度を変えてみました。)



1枚目より若干青みがかっていて、こちらはずいぶんと
幻想的な雰囲気を醸し出しています。

こんな写真を作り出せる(文字通り作り出す)なんてずるい(笑)!

加工に頼らずにこのような写真が撮れるのがベストですね。
そこを目指して頑張ろうと思います。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最近のキーワード

2010年05月03日 23時32分59秒 | 自然情報
あいかわらずのご無沙汰ぶりです。
毎日フロントマン業がんばっていますよ。

さて、いきなりですが本題に入ります。

最近の僕の中でのキーワード、それは

『星景写真』

これまでもずっと気になっていて
時にはそういった写真も撮っていたのですが、

こんなとかこんなとかこんなとか

先日、たまたま立ち寄った本屋さんで見つけた
星空を見上げて武井伸吾写真集」という写真集を見て
衝撃が走りました。

で、単純な僕は刺激を受けて昨夜写真を撮ってきました。


八ヶ岳をスプーンでひとすくい


八ヶ岳と星空


波乗り雲?


月夜の開拓記念碑(野辺山)


野辺山の街並みと木星

電線が入っているのはご愛嬌(笑)。

まだまだ未熟ですが、撮り始めたことに意義がある。
と自分に言い聞かせています。

清里に住み始めて8年目、星を切り口に
ここで存在感を出そうと思っていたけど、
その一つがこれかなと思えてきました。

何の因果か、春からフロントマンに転身。
これも実はめぐり合わせなのかもしれないな。

がんばろう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

これはいったい・・・

2010年04月14日 01時49分11秒 | 自然情報
私事ながら4月より職場が変わりまして…。

レンジャーからフロントマンになりました。


ん?

そうするとブログのタイトルを変えねばならぬか?

いやいや、フロントマンでもあるレンジャーとして
これからも、むしろこんな状況だからこそこれまで
以上にレンジャーとしての心・目・感覚を大切に
していこうと思います。



先日、ふと外から今まで聞いたことがない、なんとも
不思議なさえずりが聞こえてきました。

窓から姿を探してみると、
やぶの中からガサガサ音がしています。

辛抱強く探していると、ヒョイっと姿を現しました。

ここぞとばかりに写真を撮りましたが、

・・・

・・



やっぱり望遠レンズがほしい(笑)。

鳥の姿が分かるようにどうにか画像を加工しました。
(画質が荒くなっているのはご愛嬌♪)

自宅のPCで作業したため、使い勝手の良い画像加工ソフトが
なくてサイズがヒドイことになってしまってごめんなさい。
(↑5月3日に修正しました。)





さて、この鳥は何だ?

ということで調べてみました。

特徴は…、

・目の周りが白くて後ろまでスジが伸びている
・くちばしが黄色い
・スズメよりは2まわりくらい大きい

写真から読み取れるのはこのくらいかな。

目が白い鳥といえばメジロ!
メジロ、メジロと図鑑を見てみたら、
確かに目の周りが白いけど、後ろまで伸びているスジがない。
身体の色もくちばしの色もぜんぜん違う。

むむ。おかしい。

他に目の周りが白い鳥はいないか?と図鑑をパラパラ
めくっていくが、一向に見つからない。

図鑑がダメならインターネットだ!ということで
いくつかキーワードを入れて検索してみると
ある鳥の名前が浮かんできました。

その鳥を調べてみると…、

『体長約 22-25cmで、嘴と尾が長い。体色は全体的に茶褐色で
かなり地味であるが、眼の周り及びその後方に眉状に伸びた
特徴的な白い紋様を持つ。嘴の色は黄色。 かなり大きな音色で
美しく囀る。』(出典:Wikipedia)

とある。

ご丁寧に載っていた写真を見てもどうやら間違いなさそうだ。

さぁ、これで名前が分かったあなたはそうとうなツウですな。

この鳥、「ガビチョウ」という鳥です。

なかなか聞きなれない名前だと思います。
が、一度聞くとすぐ覚えちゃいそうですね。

実は数日前にビジターセンターのスタッフと立ち話していて
この名前が出てきたのを思い出しました。

なんとこの鳥、外来生物法で特定外来生物に指定されていて、
日本の侵略的外来種ワースト100選定種にもなっている鳥です。

要するに外来種で、繁殖力が強かったり攻撃性が強かったりして
日本在来の鳥を脅かす存在になるだろう、という鳥なのです。

清里にもついにやってきたよ、と話していた矢先に
自らの目でその姿を確認していしまうとは。

同じ命とはいえ、やっぱりちょっと嫌な気持ちに
なってしまいます。それが自然の摂理ならまだしも、
人為的要因で日本に入り込んでしまったのですから、
地球温暖化や環境問題と同じく人間のおろかさを
感じてしまいます。

日本本来の自然に悪影響が出ないことを願うばかりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加