フクロウの生息する高原・清里より

清里を中心に八ヶ岳南麓の風景と生き物を紹介。

ミソサザイの巣立ち

2017-06-17 12:44:17 | Birds
小鳥たちの巣立ちは、6月中旬ころにピークを迎える。
梅雨の時期には昆虫の発生が多く、餌を大量に確保できるのだ。
今週は、オオルリ、クロツグミ、キビタキ、アカゲラ、ミソサザイなどの巣立ちが確認できた。

森の中では、多くの雛たちが餌をねだって大声を競うかのように鳴いている。
親鳥の囀り声や警戒声に蝉しぐれも混ざり、1年で最も賑やかになる。
巣立ち後まもないミソサザイの雛。黄色い嘴が目立つ。

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コルリ, Siberian blue robin | トップ | キビタキの巣立ち »
最近の画像もっと見る

Birds」カテゴリの最新記事