キヨカラーの『マァ~ッ』といってみよう!其の参

身近のちょっとしたものを時々ご紹介。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

真っ赤なミニトマトの怪

2006年10月29日 | なんじゃコリャ!?
005
このミニトマト、どこかおかしい…


近所のスーパーで買い物をしていると、いつもと雰囲気の違うパック入りのミニトマトに遭遇。シワの少ない脳みそがが購入してはいけないと指令をだしているようだけど、なんだろう?

『じぃ~』っと見ていると、全てが真っ赤で緑のモノがない!そうヘタが全てないミニトマト!どうなってんだ!?あるはずのヘタのところを見ると、黒ずんでいる。最初からヘタがむしられていたら衛生的にも鮮度的にもよろしくないような気がするんだけど。

このスーパーでは葉がカットされ、先端の部分も『ザックリ』カットされた大根。青い部分がカットされ白い部分だけの長ネギ。葉の付け根をえぐり取ったニンジン。などなど変わった野菜をよく見かける。使わなそうな部分は親切でカットしているのか鮮度を保つためか何なのかわからないけど、このミニトマトもきっと『ヘタ』がない理由があるのかも。

お店の方に聞いてみたら入荷したのを陳列するだけなのでわからない。ということでJAに聞いてみたところ、これはB級商品らしく収穫の時にヘタが取れてしまったものらしい。

品質には問題ないので通常よりかなり安く出荷しているそうです。まぁ、そういうことなら納得。しかし、ここで問題が!いや、そこまで問題でも…。

スーパーで販売されていた、このヘタなしミニトマトは、通常のヘタのあるミニトマトと同じ所に陳列され同じ価格で販売されているということ。安いB級商品が通常版と同じ価格とは酷い話だ。こういう事で利益をあげてるんだなぁ~。スーパー本部の方は謝罪してましたが、別に謝罪を求めた訳ではないし、クレーマーみたいだと嫌だし。

食べ物は、傷物とか賞味期限とかで値引きとかあるし、鮮度の良い悪いは個人の好みで選択されるわけだし、あきらかに形態が違うB級商品(曲がったキュウリ?とか)は洋服のようにアウトレット商品とか、家のように訳あり物件みたいに表示して販売すれば、消費者は選択の幅が広がるのにね。

天候で野菜不足の時はB級でもC級?品でも出していただければいいのでしょうが、何か価格とか色々ルールがあるんでしょうね。潰される野菜は見ていて忍びない。
ジャンル:
ショッピング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日光浴?(後編) | トップ | ひでじビール »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ご無沙汰です~~。 (meshi)
2006-10-31 19:09:20
ヘタ無しなんて・・・びっくり。
あんまり見たこと無いですね。
なのに、安く買って高く売る?
かんじわるーーーい!!!
農家の方は同じ手間をかけて育てて、
ちょっと見栄えが悪いだけで安くたたかれるのに
スーパーだけ儲けるなんて。。。ぶー
こんなスーパーでは買っちゃいけませんね!
ご無沙汰で遅くなりました! (キヨカラー)
2006-11-13 10:31:16
本当、農家の方の苦労を考えると
スーパーだけ儲けるなんて、酷いですよねぇ。
天罰なのか、このスーパーの近くに、
深夜1時までやっているスーパーが
OPENしたんでどうなることやら(笑)

すみません!家の古いパソコンでは
meshiさんのコメント欄の入力ができないので
申し訳ありません
そろそろ環境を新しくしないとなぁ(笑)

ロース・ファミリーいいすねぇ~!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

なんじゃコリャ!?」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事