つぶやき。

映画とかアニメ、BluesHarpに付いて、後、日々の出来事など、気侭に書いていきます。

「日本だけが最後の希望だった」。。。

2016-10-14 16:40:57 | Weblog

こんにちは・・・

さてと、来週は病院へ行って来ないと、

もう、気温が低く成ったので。。。

もう、コートが必要かな?

とか思って居ます。

家の中でも、此れだけ寒いので、、、

大体、21度位でしょうか???

処で久々に戦争中の話しです。

70年前の戦争で、日本軍はアメリカ軍にまったく刃が立たなかったといわれるが、それは本当なのか。元日本軍エースパイロットたちが語る戦場秘話を集めた『撃墜王は生きている!』(小学館)を上梓したばかりの軍事ジャーナリスト・井上和彦氏が、日本軍の航空部隊の実力について解説する。

 * * *
 多くの方々に取材して、筆者が確信したのは、日本軍の航空部隊は本当に強かったということだ。

 大東亜戦争の序盤で、日本軍が快進撃を続けたのは、航空戦力が圧倒的で制空権を支配できたからで、中盤に劣勢に陥ったのち、終盤になって登場した陸軍の「五式戦闘機」や海軍の「紫電改」は、総合的な戦闘能力で米軍機にひけをとらなかったし、パイロットの練度も相変わらず高かった。

 圧倒的な物量の差で、多勢に無勢の戦いを強いられ、消耗し、最後は数でねじ伏せられたが、どれほど不利な状況下にあっても、日本の航空部隊は、米軍に確かな傷跡を残し続けたのである。

 戦後、アメリカが日本の重工業を解体し、終戦から昭和27年にサンフランシスコ講和条約が発効されるまでの7年間、航空機の製造を禁止し続けたのは、それほど日本の航空技術とパイロットを恐れたことの証左である。

 筆者は、現代のアメリカ海軍の空母艦載機に乗るパイロットにインタビューしたことがある。何の気なしに、「あなた方が戦うのが嫌だと思う戦闘機は何か?」と聞いたら、「零戦だ」と答えたので驚いた。筆者が日本人なので、リップサービスの意味があったのかもしれないが、「1対1の格闘戦に抜群に強いから」とその理由まで口にしたのである。

 現代の若いパイロットが「零戦」の名を出すということは、少なくとも、米軍の航空部隊のなかで日本の「零戦」の凄さが、先輩パイロットから代々語り継がれてきたということだ。

※井上和彦・著/『撃墜王は生きている!』より

 それでは、又、次の更新まで時間が掛かると思いますので、、
皆さん宜しくお願い致します。

 

 海外 感動 「日本だけが最後の希望だった」90年間秘められてきた感動の歴史 日本とロシアの「歴史的な絆」【海外が仰天する日本の力】

日本人を救出する為、戦火の中をフライトしたトルコ航空機

海外 感動 「命を懸けても私が守る!…そして彼はウガンダの父となった」ある日本人男性の壮絶な人生に涙 日本とウガンダの「歴史的な絆」【海外が仰天する日本の力】

海外 感動 ヨーロッパで最も有名な日本人は八頭身美女だった!「ヨーロッパの母」日本で初めての国際結婚クーデンホーフ光子の壮絶な人生【感動実話】

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海外の反応「日本食はまさに‘... | トップ | 【海外の反応】「まるでガン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL