理系オット50才、ピアノを始めた

彼の性格からしてきっと長続きします。エンジニアで会社員、ストイックで冷静沈着、感情より理性で動く、空気読むのが嫌いな変人

ピアノ選び – 追加・補足

2017年05月14日 16時27分15秒 | マイピアノ

平日になって仕事が始まってしまうと、ピアノのことは何も進まないんだけど、営業の方にメールで質問したことに関してはその後数回やり取りして、一応クローズしました。

黒いピアノが多いのはやはり日本だけで、コメント欄でも教えていただいように、漆塗の技術が関係しているそうです。昔から漆が身近だった日本人は黒をとても好む人種なんですって。

そして、重量変化と音の変化の件。とても詳しく解説してくれてましたが、要約すると

「 ピアノ本体の重さは、黒いのとほとんど変わらないので、発する音に影響ありません。 」

とのお返事でした。


お店に行った時、調律師さんが

「 木目だと蓋を持ち上げた時、軽いんですよ。塗装の回数が黒に比べてだいぶ少ないから。」

って言ってたので、本体も同じように塗装するだろうから、本体も軽くなる、と思ったのですが…。

折り返しのメールで、もうちょっとそのことを聞いてみたのだけど、スッキリした回答は得られませんでした。
うーん、わたしのモヤモヤ、わかってもらえなかった。

私の想像ですが、
本体はふたに比べて構造体がゴツいから塗装の量の影響は少ない、ということなのかもしれません。

しかし、納得できないことがあると先へ進めませんよね。営業する人はそういうのをすぐ理解して
少なくとも理屈が通るように説明してくれないと、売れるものも売れなくなってしまいますよ、と、
会社でベンダーさんと接している時のような気分になってしまいました。

重さのことではないですが、その後、この営業さんと電話で話をしてわかったことがあります。
特注をすると確かに自分では個体を選べないけど、好みの音色などを伝えておくと、
工場にいるSKの調律の資格を持った人が、塗装前の製品の中から選定してくれるそうです。
それなら、自分で選ぶよりひょっとして確実なんじゃない?と思ってしまった私です。

というわけで、やはり木目のSK2が最有力候補です。





 

↑ 実は今、オットが全然一緒に考えてくれないので、静かに怒ってるんですわ








ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (スルー推奨 )グタグタ悩み中 | トップ | かわいそうなオット、再び »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとうございます。 (マック)
2017-05-14 22:06:08
丁寧な説明ありがとうございます。
結論は音は変わらないという事でしょうか?
SKにブラス50万だして木目にするなんて、私から見れば凄く贅沢ですよぉ。50万だしたら中古のアップライトが買えますもん。
ともかく、すっきりしました。
これで、次は注文書にサインですね。おめでとうございます。
Re:ありがとうございます。 (kiwiatgoo)
2017-05-15 00:11:06
マックさん、すっきりしました?なかなか話がかみ合わなかったんですけどね、そういうことみたいです。
いやもうほんと贅沢だと思います。嬉しい反面、ほんとにいいのかなって落ち着かないです。
ただ、すんなり契約となるかどうかはまだわかりません。今、ピアノの置き場所や防音のことで、オットが何も考えてくれない(何考えてるか全然わからない)ので腹を立ててるんですっ。マックさんの日曜大工、ほんとに羨ましいです(←まだ言ってる)。
まあここまで理解があるだけでもありがたいことなのかなと、これ書きながらちょっと冷静になれました…。
中も綺麗 (ぴあのけものみち)
2017-05-15 13:19:03
「塗装前の製品の中から選定してくれる」って、いいですね。

SKはピアノの中もきれい。(FAZIOLI のようにバーズアイ・メープル)

高いだけの価値はありますね。

なお、黒いものは心理的に重く感じるそうです。
Re:中も綺麗 (kiwiatgoo)
2017-05-15 22:04:28
ぴあのけものみちさん、
ね、悪くないですよね。何台も試弾して運命の一台に出会う…が出来たら、と思っていたけど、自分の腕前も含めてトータルで考えたら、SKを専門家に選んでもらうのでもいいかなと思ったのです。

私の先生は、黒の方が「練習しろ」って迫られてる気がしていいんですって (^^;;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。