理系オット50才、ピアノを始めた

彼の性格からしてきっと長続きします。エンジニアで会社員、ストイックで冷静沈着、感情より理性で動く、空気読むのが嫌いな変人

不覚にも涙が出てしまった話

2017年03月15日 12時20分23秒 | マイピアノ

次男の部屋の片付けが始まりました。

長男の現役、浪人、次男の現役、浪人、と4年連続で大学受験をしてきたので参考書、問題集やプリント類の量がハンパない!
廃品回収の日まで待てず、業者に持ち込んでちょっと落ち着いた〜。
でもまだある〜。

そのついでにオットがですね、家の中を配置替えし始めたんですよ。

ロードバイクの位置を変えたり、次男に手伝わせて、タンスを動かしたり。
私に相談もなしにですよ。

え〜なになに?

そんなふうにしたら、ピアノ、どこ置くの!?

オットが私のピアノ購入に理解があることはわかっていますが…。それなのに、こんなことするって、なに考えてるの?って思いますよね。

それで、ついに我慢できず訴えました。

「 私はねえ、この一年間ピアノ我慢してきたの!どこにどう置こうかずーっと考えてたの!口に出さないようにして悶々と妄想してたの!それなのにこんなふうに勝手に動かされてすっごい悲しいんだけど。たとえ一時的にでも相談もなしに動かさないで! 」

ここで不覚にも涙が出てしまいました。
合格の知らせにも泣けなかったのにね。


オット、ちょっとタジタジとして

「 タンス、あっちに持ってっちゃダメですか? 」

と、もう動かしちゃったタンスのことまで言うので、

「 とりあえずってことならまあいいけど… 」

と、その場はおさまりました。

思わず泣けてしまったこの気持ち、オットよりも誰よりも、このブログを以前から読んでくださってる方々にはわかってもらえるんじゃないかと、思いましたです。ハイ。





 

↑ 妻の気持ちを無視すると怖いよ







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 部屋探しに行こう | トップ | バイエル  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿