Kiwi Life~小さなひとりごと since 2016~

日本の片隅から、小さなひとりごとをつぶやく日記です。主に、テレビとマンガとオフィスキュー周辺。

逃げるは恥だが役に立つ

2016-10-16 12:03:55 | ドラマ

逃げるは恥だか役に立つ

今期のTBSのドラマです。
原作を読んでいました。

絵は、ちょっと苦手・・・と思っていましたが、読み進めていくと、登場人物に色気を感じたりするようになるマンガです。

ちょっと理論的なマンガなのですが、でも、社会的問題を、コメディで上手にくるんで、ちょっとキュンキュンしながら楽しめるマンガです。
(このマンガを読んで、アマゾンで買っても、日本に税金が落ちない、と知りました)


マンガの中で、主人公が妄想タイム(徹子の部屋に出演してインタビューを受けていたり)に入るのですが、ドラマでは、TBSですもの!情熱大陸を多用されていました。でも、そうそう!そういう世界観!と思って見ました。

原作のイメージに近い!と個人的に思ったのは、主人公の男性(星野源さん)、主人公の男性の同僚で、ちょくちょく契約結婚のカップルに首をつっこんでくる男性(古田新太さん)でした。

石田ゆり子さんが演じる女性は、私の中では、真矢みきさんのイメージがありましたが、石田ゆり子さんのかわいらしさに、もうそれでいっちゃって!という気持ちです。

エンディングのダンスも話題になっていましたね。かわいいです。
あの歌も、なんだか作品観にあっているなあ、と思いました。

原作の世界観を上手にドラマに移行した感じで、今後の展開は、原作でわかりつつも、とっても楽しみなドラマです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« にっぽん紀行~それからの人... | トップ | 手紙。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

ドラマ」カテゴリの最新記事