たつのこ半畳記 350

書院建立、四季折々の様子を伝えるときどき日記。
平成23年に開創350年を迎えた起雲山大龍寺のブログです。

★ありとあらゆる仏さまのために

2017年06月08日 | 行事報告
――――――――――――――――――――――――――――――――
 お知らせ

 第18回夏期大学講座「禅といま」については
 ↓こちら↓をご覧下さい。

 ★第18回夏期大学講座「禅といま」受講生募集中

――――――――――――――――――――――――――――――――





大龍寺では、毎年5月第2日曜日(母の日)に、『山門大施食会』を行持しています。
今年はもっとも日取りが遅くなる5月14日の開催でありました。







例年通り、当山檀信徒各家先祖代々精霊、新亡精霊、有縁無縁萬霊等、
東日本大震災・熊本地震をはじめとする国内外の災害犠牲者へのご回向と、
当山からのご案内、または各家のお申し込み内容に沿ったご回向をさせていただきました。







この施食会は、当山で最も大きな法要で、毎年、多くの檀信徒皆様と心ひとつに勤めております。
法要前には、今年で3年目(最終回)の「気になる仏事のQ&A」を勤めました。







1回目、2回目とも、参列している方に直接質問をいただき、
その場でお応えをしてきましたが、今回はあらかじめ、
「ご質問がなければ墓地の承継問題について」
ということで方向付けをさせていただきました。







続くご法話は「牛込」の由来である牛込家の菩提寺で、
大龍寺とは“組寺”という繋がりもあるお寺の副住職さんにご法話を。
ハワイにおける日系移民のエピソードを通して、
「縁」についてともに考えさせられるお話でした。







Q&A、法話を勤め、本日の一番の目的である「山門施食会」を勤めました。
ご本尊さまへの礼拝として『般若心経』を参列者全員でお唱えをします。









本日のために設けた「施食棚」に向けて施食の法要を修し、
参列者全員にお焼香をしていただきました。











全ての法要・墓参が勤まり、懇親会は書院にて行いました。
図書コーナーなどにも机を用意して何とか全員収まりました。







次回は、平成30年5月13日です。
お寺にお参りをする機会は、お盆・両彼岸・奉仕会など、年に数回あります。
大龍寺はそれ以外にも花まつり、仏教講座、坐禅会、写経会など
毎月少なくとも一回は、だいたい何かしらの行事が行われています。

けれどももし1年に1回だけお寺参りをするという方がいらっしゃれば、
是非ともこの施食会にご参加をご予定下さい。当山の一番大きな法要です。










ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★第18回夏期大学講座「禅と... | トップ | ★6月24日開催予定「お経の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。