たつのこ半畳記 350

書院建立、四季折々の様子を伝えるときどき日記。
平成23年に開創350年を迎えた起雲山大龍寺のブログです。

★禅といま友の会・花まつり降誕会の報告

2017年04月23日 | 夏期大学講座「禅といま」
ずっと携わらせてもらっている講座「禅といま」では、
東京グランドホテルを会場にしている年2回の講座の他に、
“禅といま 友の会”の内々の企画で、スタッフのお寺を巡拝しています。

4月5日にはお釈迦様の誕生を祝う「花まつり」にちなみ、
講座スタッフが副住職を勤めている三田のお寺さんへお参りをしました。





天地を指差す誕生仏に甘茶を注いで供養する「灌仏」は花まつりならでは。
お釈迦さまがお生まれになった時、天から甘い雨が降ったという逸話になぞらえた行持です。










続いてお釈迦さま誕生を祝う読経をし、
今回参加された皆さまの先祖代々法要を修しました。





法要後のご法話は、本堂に掲げられている「持戒・あるべきよう」の聯(れん)について







控室で一休みの茶話会。









さあ、出掛けましょう。
10分ほど歩いて泉岳寺へ!

当日はちょうど春の義士祭が行われていて、
本堂では通常非公開(!)の大石内蔵助持仏の摩利支天や、
掛け軸など素晴らしい寺宝が公開されていました。









ご本尊さま・寺宝を拝観した後、浅野内匠頭と四十七士の墓所へ。








お釈迦さまの誕生をお祝いできた因縁も、
そして桜咲く季節的な雰囲気も素晴らしく、
また、この時期しか見られない泉岳寺さんの宝物に恵まれ
今回の花まつりは唯一無二の日帰り参拝となりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★修善寺温泉の修禅寺日帰りツ... | トップ | ★4月8日は花まつり、お釈迦... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

夏期大学講座「禅といま」」カテゴリの最新記事