たつのこ半畳記 350

書院建立、四季折々の様子を伝えるときどき日記。
平成23年に開創350年を迎えた起雲山大龍寺のブログです。

★第13回「禅といま」寒中勉強会 受講受付中

2016年12月07日 | 夏期大学講座「禅といま」
【2月2日現在、お申し込み可能です】
受講方法については、従来からのお申し込み方法とは異なります。



(1)受付状況の確認
 まずは事務局にお電話・メールなどにて、受講のご意思をお知らせ下さい。

  ↓

(2)ご送金
 郵便振替口座宛に受講料のご送金をお願い致します。

 振替口座 00170-2-450289 「禅といま」推進委員会
 受講料2500円
 1枚の振替用紙で、複数人のお申し込みも出来ますが、
 全員分のお名前・住所・電話番号を記載して下さい。


  ↓

(3)当日会場へ
 振り替えの半券を受付にご提示下さい。「受講票」を差し上げます。



※受講時までに郵便局でのご送金が出来ない方は、当日受付にて受講料をお支払い下さい。





クリックすると大きくなります。




クリックすると大きくなります。






◆開催概要◆


日時


 平成29年2月7日(火)14:00-16:30


会場

 東京グランドホテル3階「桜の間」
 東京都港区芝2-5-2(クリックすると地図が開きます。)
 03-3456-2222


講師・演題

 田中ウルヴェ京さん

 「心と身体を健康に保つコーピング(ストレス対処術)」


椅子坐禅指導

 藤田一照老師(曹洞宗国際センター所長)


受講料

 2500円

募集人数

 200名(定員に達した場合は締め切ります。)


受講申込方法

 郵便振替用紙に申込者全員の氏名・住所・電話番号を記載し、
 人数分の受講料を送付して下さい。12月中のお申し込みをお勧めします。

 振替口座 00170-2-450289 「禅といま」推進委員会

 1月中旬に受講票(ハガキ)を送りますので、当日会場にお持ち下さい。



主催

 「禅といま」推進委員会

後援

 曹洞宗・クラブツーリズム株式会社

連絡先

 「禅といま」推進委員会 事務局
  東京都新宿区原町2-62 大龍寺内(太田)
  TEL/FAX 03-3207-0770
E-mail zentoima★ybb.ne.jp





◆講師紹介◆

・田中ウルヴェ京さん


1967年東京生まれ。聖心女子学院初中高等科を経て、日本大学在学中の1988年にソウル五輪シンクロ・デュエットで銅メダル獲得。10年間の日米仏の代表チームコーチ業とともに、6年半の米国大学院留学で修士取得。現在、学術研究者・経営者の両面の顔を持つメンタルトレーナーとして活躍中。様々な大学で客員教授として教鞭をとる傍ら、慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科博士課程に在学、「トップパフォーマーのコーピングの体系化」の研究をおこなっている。
2001年から起業し、心と身体両面の健康を軸に、アスリートからビジネスパーソンなど広く一般にメンタルトレーニングを指導。著書訳書多数。夫はフランス人、2児の母。



・藤田一照老師

1954年愛媛県生まれ。灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。院生時代に坐禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。33歳で渡米。以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。2005年に帰国し、現在、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に坐禅の研究、指導にあたっている。曹洞宗国際センター2代所長。著作に『現代坐禅講義-只管打坐への道』、共著に『アップデートする仏教』『安泰寺禅僧対談』『禅の教室』、訳書に『禅への鍵』『法華経の省察』『禅マインド・ビギナーズマインド2』など。





別途、告知サイトのご紹介

https://www.facebook.com/zentoima/

https://www.facebook.com/events/229379194161019/

http://www.sotozen-net.or.jp/

http://www.sotozen-net.or.jp/gyoji/20161207.html
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★たまのお出かけ。三峯神社へ。 | トップ | ★平成29丁酉年 佛紀258... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。