たつのこ半畳記 350

書院建立、四季折々の様子を伝えるときどき日記。
平成23年に開創350年を迎えた起雲山大龍寺のブログです。

★禅といま友の会・花まつり降誕会の報告

2017年04月23日 | 夏期大学講座「禅といま」
ずっと携わらせてもらっている講座「禅といま」では、
東京グランドホテルを会場にしている年2回の講座の他に、
“禅といま 友の会”の内々の企画で、スタッフのお寺を巡拝しています。

4月5日にはお釈迦様の誕生を祝う「花まつり」にちなみ、
講座スタッフが副住職を勤めている三田のお寺さんへお参りをしました。





天地を指差す誕生仏に甘茶を注いで供養する「灌仏」は花まつりならでは。
お釈迦さまがお生まれになった時、天から甘い雨が降ったという逸話になぞらえた行持です。










続いてお釈迦さま誕生を祝う読経をし、
今回参加された皆さまの先祖代々法要を修しました。





法要後のご法話は、本堂に掲げられている「持戒・あるべきよう」の聯(れん)について







控室で一休みの茶話会。









さあ、出掛けましょう。
10分ほど歩いて泉岳寺へ!

当日はちょうど春の義士祭が行われていて、
本堂では通常非公開(!)の大石内蔵助持仏の摩利支天や、
掛け軸など素晴らしい寺宝が公開されていました。









ご本尊さま・寺宝を拝観した後、浅野内匠頭と四十七士の墓所へ。








お釈迦さまの誕生をお祝いできた因縁も、
そして桜咲く季節的な雰囲気も素晴らしく、
また、この時期しか見られない泉岳寺さんの宝物に恵まれ
今回の花まつりは唯一無二の日帰り参拝となりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★修善寺温泉の修禅寺日帰りツアーに

2017年04月20日 | 夏期大学講座「禅といま」
ある晴れた春の日。
いつもの「禅といま」と某旅行会社の共同企画で
伊豆修禅寺日帰りバスツアーに“同行僧侶”として出掛けてきました。



朝8時すぎ、都庁バス専用駐車場に。
新宿は南口に「バスタ新宿」ができていますが、
今でも、バスタ以外の場所でもバスターミナルはあるんですね。
一時で大勢が集合してバスに乗り込むのにはここがいいかも。





そして2時間半程で伊豆長岡にある真言宗願成就院。





ここは、源頼朝の奥州攻めの武運を願い
北条時政(頼朝の妻である北条政子の父)が建立したお寺で、
運慶作の国宝、阿弥陀如来坐像等をお祀りしています。

御住職さまからのご案内により参拝し、宝物館・境内各所を拝観しました。







一時は現在の寺域よりも遙かに広い境内だったようです。
いまはお花見にちょうど良い広場となっています。





【国宝】願成就院の運慶作諸仏(伊豆の国市サイト)

静岡県・願成就院「運慶の空間の巻き」(迦楼馬氏運営ブログ)





お昼は、田んぼや花畑に囲まれた「大名屋敷」にて。









そして修禅寺に到着しました。





山門下から。





山門をくぐって。とにかく人が多い!





こちらの手水場はなんと、温泉が使われています。



そしてなんと、吉野御住職さまご本人がお迎えをして下さり、
ご本堂・開山堂・お位牌堂・僧堂(坐禅堂)などのご案内をして下さいました。

この夏、ご本尊さまの修復が予定されており、11月のご開帳までには完了するとのことです。







宝物館を自由拝観し、修禅寺様の川の対岸中腹にある指月殿へ。
ここは伊豆半島で最も古い木造建築物で良い雰囲気を保っています。

この指月殿を建立したのは北条政子。
実子で鎌倉二代将軍であった源頼家がこの修禅寺で暗殺され、
その菩提を願って建立されたのだという。
先ほど参拝した願成就院が源頼朝の奥州征伐を願って建てられたことが頭をよぎります…





指月殿の横には石段があり、その先に源頼家のお墓があります。







今回は願成就院と修禅寺の2箇所に絞っての日帰りツアー。
新宿を朝8時半出発で午後5時過ぎには到着予定というわずか9時間でしたが、
帰路の東名高速が20キロちかい大渋滞!

行きも帰りもバス車内で法話をすることになっていたのですが、
渋滞で帰りは大幅に遅れることプラス2時間(^◇^;)

ちょっと喋りすぎました…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★花まつりに向けて準備は着々

2017年04月05日 | 四季折々 寺事折々








4月8日の花まつり朗読・演奏会/甘茶法要に向けて、
朗読の中里先生、演奏のこくぶんじ合奏団の皆さんの練習が重ねられています。

例年の朗読だけではなく、演奏もあるため打ち合わせも大切です。
3月中に2回、4月に1回、練習がおこなわれました。





本堂での演奏練習です。









4月の練習では演奏の7名が全員揃いました。
前日から境内の桜も花を咲かせ始めました。







当日配布するプログラムも出来上がりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★妙厳寺(豊川稲荷)開山忌

2017年04月05日 | 豊川稲荷東京別院
3月28日から29日の日程で、
愛知県の妙厳寺(豊川稲荷)の開山忌法要に随喜してきました。

「開山忌」とはそのお寺を開いた初代住職の祥月命日の法要で、
妙厳寺の場合は、毎年3月28日から29日で修行されています。







28日はこちらで葬儀があったので、
前晩の法要には間に合わず、深夜の到着となりました。





残念ながら法要中の写真はありません。
法要に参列していたため仕方ありません。





法要後、お位牌堂をお参りしました。
ここには大龍講と太田家のお位牌が安置されています。













このお位牌段の地図を参考に、
拙寺のお位牌堂の配置図も作りました。
(作成は坐禅会の常連さんです)







法要後、祖母の実家のお墓参り。大きな椎の木が目印です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★平成29年4月の定例坐禅会のお知らせ

2017年04月01日 | おしらせ
今日から新年度。
新しい生活の第一歩を進める人も多いのではないでしょうか。

心機一転の時は、大きく呼吸をしてみましょう。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

【お知らせ】

★花まつり ~ チェロの音を聞きながら、「セロ弾きのゴーシュ」を味わおう。


――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


■時 間■

 日 に ち 平成29年4月1日(第1土曜日)



 受   付 午後5時30分 より

         夏目坂通りに面した門から入り右方「本堂」に直接お上がりください。

         5時30分頃に本堂の鍵を開けますので、それより早い到着はお避け下さい。        



 坐禅案内 午後6時00分 より(坐禅未経験の方が対象です)

         初めての方を対象に坐り方をご案内します。

         経験のある方であっても、参加は出来ます。



 坐   禅 午後6時30分 より(坐禅経験済みの方)

         坐り方の案内が不要な方は、この時間までにお越しください。

         坐禅中の様子によって、途中休憩を取り入れる場合もあります。

         坐禅に引き続いて、禅に関するお話があります。



 解   散 午後8時00分頃





■坐禅をしてみたい方へ■

 大龍寺の定例坐禅会は、檀信徒の皆さんはもちろろんのこと、
 坐禅をしてみたい方であれば、どなたでも参加していただくことが出来ます。



 心静かに坐ることを大切にしていますので、
 足を組むことが難しい方には、楽な坐り方をご案内します。

 人によっては普段は慣れない“足を組む”という姿勢はキツイかもしれません。
 一通り足を組むことを試した上で、どうしても足が組めない場合は、
 坐蒲(坐禅をする時のクッション)をお尻に敷いての「正座」でも、
 椅子に腰掛けた状態での「椅子坐禅」という方法もあります。

 一人一人の状態に合わせた無理ではない坐禅をご案内しますので、
 身体的な面で不安のある方でも、どうぞご参加下さい。



 お一人様でも歓迎です。



どなた様もお気軽におこし下さい。





■対 象■

 どなたでも

 大龍寺の檀信徒さまでも、そうでなくても、
 坐禅をしてみたいかたならどなたでもOKです。



■費 用■

 お布施をお納めいただきます。

 100円以上、それぞれのお志・金銭感覚などに応じて。

 (中学生までは無料です)


 

■場所■

 曹洞宗 大龍寺 本堂にて

 東京都新宿区原町2-62

 03-3203-8394



■最寄■

 東京メトロ東西線早稲田駅(2番出口)
 都営大江戸線若松河田駅(若松口)

 どちらも徒歩7分。夏目坂通り沿い
 自転車でもOKです。路上ではなく敷地内に駐輪して下さい。


■内容■

 坐禅のしかた・坐禅・歩行禅・禅に関するおはなし



■服装■

 ご希望の方には、肩を棒で叩くこともありますので、
 肩を覆う形の服装をお勧めします。

 足を組むためモモ・ヒザに余裕のある服装が好ましいです。

 持参のジャージ・作務衣などへの着換えもできます。

  →着替室があります。


■参加するには■

 直接、大龍寺「本堂」にお越し下さい。

 ただ、可能であれば事前に連絡をいただけると助かります。
 連絡方法は、このページへのコメント・メッセージ・電話連絡などご自由に




● 道案内 ●


↑クリックすると大きな画像になります。






大きな地図で見る(Google)


 ※若松河田駅には、周辺地図に案内を出していました。
   →「★若松河田駅の案内標示

 ※現在は、東京メトロ東西線の早稲田駅に案内地図をだしています。





★平成29年 定例坐禅会のご案内★

 毎月第1土曜日 / 午後6時から8時まで

 5月は休会、8月は日程・内容を変えて開催します。

 6月3日
 7月1日
 9月2日
 10月7日
 11月4日
 12月2日


お布施として、ひとり一回100円を納めて下さい。
中学生以下は納めていただかなくてもかまいません。

足を組みますので、ゆるやかな服装が適しています。
足が組めない場合は、正座か、椅子に腰掛ける「椅子坐禅」をご案内します。

別途、「個別坐禅会」「出前坐禅会」にも応じています。
人数・時間・場所などは、事前にご相談をお願い致します。


 標準的な時間割

   午後5時半 受付開始
   午後6時  坐り方の案内(初心者対象)
   午後6時半 坐禅・歩行禅・禅に関する話・懇談
   午後8時  閉会
コメント
この記事をはてなブックマークに追加