たつのこ半畳記 350

書院建立、四季折々の様子を伝えるときどき日記。
平成23年に開創350年を迎えた起雲山大龍寺のブログです。

★第13回「禅といま」寒中勉強会 受講受付中

2016年12月07日 | 夏期大学講座「禅といま」
「禅といま」寒中勉強会を下記の通り開催します。
ただいま、受講申込を受け付けています。

ご興味のある方、是非とも、ご参加下さい。



クリックすると大きくなります。




クリックすると大きくなります。






◆開催概要◆


日時


 平成29年2月7日(火)14:00-16:30


会場

 東京グランドホテル3階「桜の間」
 東京都港区芝2-5-2(クリックすると地図が開きます。)
 03-3456-2222


講師・演題

 田中ウルヴェ京さん

 「心と身体を健康に保つコーピング(ストレス対処術)」


椅子坐禅指導

 藤田一照老師(曹洞宗国際センター所長)


受講料

 2500円

募集人数

 200名(定員に達した場合は締め切ります。)


受講申込方法

 郵便振替用紙に申込者全員の氏名・住所・電話番号を記載し、
 人数分の受講料を送付して下さい。12月中のお申し込みをお勧めします。

 振替口座 00170-2-450289 「禅といま」推進委員会

 1月中旬に受講票(ハガキ)を送りますので、当日会場にお持ち下さい。


主催

 「禅といま」推進委員会

後援

 曹洞宗・クラブツーリズム株式会社

連絡先

 「禅といま」推進委員会 事務局
  東京都新宿区原町2-62 大龍寺内(太田)
  TEL/FAX 03-3207-0770
E-mail zentoima★ybb.ne.jp





◆講師紹介◆

・田中ウルヴェ京さん


1967年東京生まれ。聖心女子学院初中高等科を経て、日本大学在学中の1988年にソウル五輪シンクロ・デュエットで銅メダル獲得。10年間の日米仏の代表チームコーチ業とともに、6年半の米国大学院留学で修士取得。現在、学術研究者・経営者の両面の顔を持つメンタルトレーナーとして活躍中。様々な大学で客員教授として教鞭をとる傍ら、慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科博士課程に在学、「トップパフォーマーのコーピングの体系化」の研究をおこなっている。
2001年から起業し、心と身体両面の健康を軸に、アスリートからビジネスパーソンなど広く一般にメンタルトレーニングを指導。著書訳書多数。夫はフランス人、2児の母。



・藤田一照老師

1954年愛媛県生まれ。灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。院生時代に坐禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。33歳で渡米。以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。2005年に帰国し、現在、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に坐禅の研究、指導にあたっている。曹洞宗国際センター2代所長。著作に『現代坐禅講義-只管打坐への道』、共著に『アップデートする仏教』『安泰寺禅僧対談』『禅の教室』、訳書に『禅への鍵』『法華経の省察』『禅マインド・ビギナーズマインド2』など。





別途、告知サイトのご紹介

https://www.facebook.com/zentoima/

https://www.facebook.com/events/229379194161019/

http://www.sotozen-net.or.jp/

http://www.sotozen-net.or.jp/gyoji/20161207.html
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★たまのお出かけ。三峯神社へ。

2016年12月07日 | 四季折々 寺事折々
どういう基準なのかはわかりませんが、
関東最強のパワースポットと噂の三峯神社に行ってきました。


秩父の山奥にあるにもかかわらず、
ハイシーズンには最寄りの三峰口駅から三峯神社まで7時間以上の大渋滞が起きるそうです。
今回はそういう心配はありませんでしたが、自宅出発から3時間はかかりました。

遠かった…。







三峯神社の眷属はオオカミとのこと。
鳥居の左右に祀られているのは、狛犬ではなく狼だそう。

ああ、たしかに。造形もこころなしかワイルドです。





表記は「三峯」だったり、「三峰」だったり。
お寺にもこういうことはあるので気にはしませんけど。





今回、必ず目にしたかったのが、三峯神社の本殿です。
ここは、造立されたのが寛文元年(1661)とのこと。
実は大龍寺が現在の地に開創されたのと同じ年なのです。





奇瑞は今日でも。
4年前の平成24年に、本殿前の石畳に龍の姿が浮かび上がってきたと?!
水を掛けるとご覧の通り。なるほどね。









ただ、気になるのはこちらの方(^◇^;)
フェイスブック・インスタ・ツイッターを開設してQRコードでアピールとか、
いろいろなイベント、プレゼント企画なども盛りだくさんのようです。

フムフム…





お参りの後、ご神木に触れて充電完了しましたね。





お腹の方も、充電完了です。







三峰の山中を下りて「道の駅あらかわ」でトイレ休憩をしているとSLが通過~










帰り道にちょっと寄り道は日高市の「サイボクハム」へ。
日が落ちるとイルミネーションが。すっかり冬ですね。

お食事をして、日帰り温泉に入って、さあ帰ろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★iamamiami ん?何て読む?

2016年12月04日 | iamamiami
11月20日、新宿区内で地域・世代交流などをしている団体として、
子もり坐禅会に携わっている皆さんと活動の発表をしてきました。



















当日の発表で使用したパワポ資料をビデオにしました。
(ナレーションは入っていません。)







集会の後は懇親会!

( ^_^)/□☆□\(^_^ )



様々なひとが、様々な思いを心に抱いています。

お寺の中にいるだけでは、わからないこと、気付かない事がたくさんあります。
こういう活動での気付きを寺院のあり方にフィードバックしていきたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★夏目坂通りの土地境界立ち会い

2016年11月24日 | 夏目坂道路拡幅工事
11月18日、東京都第三建設事務所、敷地の接するお隣のお寺さん、拙寺にて、
道路と大龍寺の土地境界、隣寺さんと大龍寺の土地境界の確認をしました。






境界を指示する杭は複数あり、それぞれに確認して回ります。



この杭は盛り土によって周囲がかさ上げされ埋もれています。



杭の一つ一つを確認して記録していきます。



全ての境界杭の確認ができたところで書類に捺印をしました。





拡幅事業についてはいろいろと意見をしていかなくてはならない事が満載です。
また、当山檀信徒の皆様にもいろいろと影響が出ることもあります。

事業を進めていく上で間違いのないよう進めてもらいたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★身も心も綺麗さっぱり~檀信徒有志奉仕会・忘年望年会のお知らせ

2016年11月16日 | おしらせ
檀信徒、ご近所の方、様々なご縁の方へ


 
第26回檀信徒有志奉仕会・忘年望年会開催のお知らせ



 
大龍寺では、4月と12月に檀信徒・有志による「清掃奉仕会」を開催しています。
この会はお檀家さんの発案で始まり、多くの方々にご参加いただきながら、
発足から13年が経ち、26回目となりました。



ご奉仕内容は、本堂のすす払いと、境内・墓地の清掃を予定しております。
全体としては丸一日の行事ですが、ご都合に合わせて部分参加でも有り難いです。

また、足腰に自信のない方には移動の少ない軽作業、
若い方にはハシゴを使う作業…という風に作業を分担します。
清掃箇所は山内全てで内容も多岐にわたります。
人数が必要ですので、次世代・孫世代の方へのお声がけもお願い致します。
お墓掃除はもちろん、お寺の雰囲気に触れる良い機会になると思います。



今回は時節柄、この一年を振り返る「忘年望年会」も開催致します。
お寺の内外、各家墓地まわりの清掃とともにこちらにも是非ともご参加下さい。
奉仕会と忘年会は同日に開催しますが、奉仕会のみ・忘年会のみの参加も歓迎です。



清掃奉仕会が終われば、あっと言う間に年末です。
充実した1年間の締めくくりとなりますように。




日程について

 平成28年12月3日(土)

  午前9時半~ 般若心経読誦・清掃内容説明

  午前10時~ 清掃開始 (タオル持参・昼食はお寺で用意します)

  午後 3 時~ 椅子坐禅 (足を組まず椅子に腰掛けます)

  午後4時半~ 忘年望年会(要 事前申込・会費制)


忘年望年会について

 会費 5000円(奉仕会のみ参加の方は不要です)

 会場 高田馬場駅周辺の居酒屋の予定


出席について

 昼の奉仕会への参加は、なるべくお知らせ下さい。

 晩の忘年会への参加は、かならずお知らせ下さい。

 当ブログ記事のコメント欄か、左側にあるメッセージまでお願いします。


















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加