たつのこ半畳記 350

書院建立、四季折々の様子を伝えるときどき日記。
平成23年に開創350年を迎えた起雲山大龍寺のブログです。

★2017年を振り返る。【2月編】

2017年03月02日 | 行事報告
2月もいろいろありました。



◆2月 3日 節分豆まき

 今年は晩に予定があったので、恒例の豆まきも夕方に。
 ことしの仕込みは本堂正面の境内に鬼のお面を貼り付けておきました。

 子供たちとお豆をお供えして「般若心経」をお唱えして、
 頃合いを見計らって、境内の鬼面をみんなが見つける。
 見るからに作り物なのに、子供たちは慌てて豆を投げ続け…
 「お経読んだから中には来ないよ。そろそろ許してあげよう」と。

 そして恒例第2弾の“お菓子まき”へ♪





◆2月 3日 平成28年度 新宿区子ども未来基金活動報告会

 スタッフとして関わっている「新宿こども食堂」も報告団体の一つ。
 主催者さんの発表を聞きに行きました。

 第三者に向けの発表を聞くことによって、自分自身の立ち位置も感じられるものですね。

 他に、こども食堂2団体、学習支援グループ2団体も発表していました。
 同じような活動をしていながら、それぞれ特徴があり興味深いところです。

http://www.city.shinjuku.lg.jp/event/kodomomirai-houkoku.html







◆2月 7日 第13回「禅といま」寒中勉強会

 ― 別項を立てます ―





◆2月12日 涅槃会内献



 本当は半月間毎日なんですが、12日に佛遺教経のお勤めをしました。

 参列者は4歳の娘がひとり。一緒に読めるかも?と思ってお経本を渡してみると
 はっきりは聞こえないけれど、かすかにお唱えしている?!よう。
 一巻お唱えが終わって、一緒に読経をしてくれたことを労い、
 娘のお経本を回収すると、なんと1ページ目のまま!

 「あれ?!一緒に読んでたんじゃなかったの?!」と聞くと、
 「お父さんの声を聞いて読んでたんだよ」と。

 なるほどねー





◆2月14日 一橋大学大学院ビジネススクール坐禅会(駒込・吉祥寺)

 ― 別項を立てます ―





◆2月16日 布教基礎講座2「法話の会」

曹洞宗東京都宗務所主催の布教基礎講座。
先月に続いての第2講目は“法話を聴こう”ということで、
曹洞宗布教師養成所(研修課程)のお坊さんによる「法話の会」聴講に。

年に3回開かれている「法話の会」は一般の人が対象ですが、
そこにお邪魔して、30分間の法話を拝聴してきました。





◆2月18日 豊川稲荷東京別院読誦会の新年会・こども食堂

豊川稲荷は、お稲荷さんを祀っていることから、
いわゆる“新年”は、1月1日の元旦からというのと、
2月4日の立春からという2つの基準によって動いています。

読誦会は後者に基づいていて、2月に新年会を開催しています。
今月は読経練習・法話はお勤めせず、新年のご祈祷と会食のひとときでした。




晩には新宿区若松地域センターでのこども食堂。
今回初めて、末の娘を連れて行きました。

洗い物などをしている間、スタッフの子もりでは、
スマートフォンを使って「ビスケット」というプログラム体験。

以前、友人がパソコンを使って子供イベントを開催していたけれど、
今はスマートフォンでもアプリがあるんですね。









◆2月21日 ゆったりーの子育て支援者交流会

地域で0歳児の子もり活動をしている方のお話をお聞きしたり、
私たちの子もり坐禅会、銭湯懇談会などの活動報告をしました。

http://blog.goo.ne.jp/yuttari_no/e/0fb92534daa1ec4fc4bc2ed4dc72f70a





◆2月25日 こども食堂

これまでは営業時間以降の参加でしたが、
今回は予定がフィットして、買い出しからスタート!

さすがに調理はママたちが固めていますが、春雨サラダで少しのお手伝い。












2月もあっという間でした…。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★平成29年3月の定例坐禅会のお知らせ

2017年03月02日 | おしらせ
3月5日の啓蟄を待たずに、大龍寺のカエルは土の中から出てきたようです。
境内の池からケロケロケロと声が聞こえて、もう卵も産んだようです。

春の空気が日増しに確かなものになってきました。





■時 間■

 日 に ち 平成29年3月4日(第1土曜日)



 受   付 午後5時30分 より

         夏目坂通りに面した門から入り右方「本堂」に直接お上がりください。

         5時30分頃に本堂の鍵を開けますので、それより早い到着はお避け下さい。        



 坐禅案内 午後6時00分 より(坐禅未経験の方が対象です)

         初めての方を対象に坐り方をご案内します。

         経験のある方であっても、参加は出来ます。



 坐   禅 午後6時30分 より(坐禅経験済みの方)

         坐り方の案内が不要な方は、この時間までにお越しください。

         坐禅中の様子によって、途中休憩を取り入れる場合もあります。

         坐禅に引き続いて、禅に関するお話があります。



 解   散 午後8時00分頃





■坐禅をしてみたい方へ■

 大龍寺の定例坐禅会は、檀信徒の皆さんはもちろろんのこと、
 坐禅をしてみたい方であれば、どなたでも参加していただくことが出来ます。



 心静かに坐ることを大切にしていますので、
 足を組むことが難しい方には、楽な坐り方をご案内します。

 人によっては普段は慣れない“足を組む”という姿勢はキツイかもしれません。
 一通り足を組むことを試した上で、どうしても足が組めない場合は、
 坐蒲(坐禅をする時のクッション)をお尻に敷いての「正座」でも、
 椅子に腰掛けた状態での「椅子坐禅」という方法もあります。

 一人一人の状態に合わせた無理ではない坐禅をご案内しますので、
 身体的な面で不安のある方でも、どうぞご参加下さい。



 お一人様でも歓迎です。



どなた様もお気軽におこし下さい。





■対 象■

 どなたでも

 大龍寺の檀信徒さまでも、そうでなくても、
 坐禅をしてみたいかたならどなたでもOKです。



■費 用■

 お布施をお納めいただきます。

 100円以上、それぞれのお志・金銭感覚などに応じて。

 (中学生までは無料です)


 

■場所■

 曹洞宗 大龍寺 本堂にて

 東京都新宿区原町2-62

 03-3203-8394



■最寄■

 東京メトロ東西線早稲田駅(2番出口)
 都営大江戸線若松河田駅(若松口)

 どちらも徒歩7分。夏目坂通り沿い
 自転車でもOKです。路上ではなく敷地内に駐輪して下さい。


■内容■

 坐禅のしかた・坐禅・歩行禅・禅に関するおはなし



■服装■

 ご希望の方には、肩を棒で叩くこともありますので、
 肩を覆う形の服装をお勧めします。

 足を組むためモモ・ヒザに余裕のある服装が好ましいです。

 持参のジャージ・作務衣などへの着換えもできます。

  →着替室があります。


■参加するには■

 直接、大龍寺「本堂」にお越し下さい。

 ただ、可能であれば事前に連絡をいただけると助かります。
 連絡方法は、このページへのコメント・メッセージ・電話連絡などご自由に




● 道案内 ●


↑クリックすると大きな画像になります。






大きな地図で見る(Google)


 ※若松河田駅には、周辺地図に案内を出していました。
   →「★若松河田駅の案内標示

 ※現在は、東京メトロ東西線の早稲田駅に案内地図をだしています。





★平成29年 定例坐禅会のご案内★

 毎月第1土曜日 / 午後6時から8時まで

 5月は休会、8月は日程・内容を変えて開催します。

 4月1日
 6月3日
 7月1日
 9月2日
 10月7日
 11月4日
 12月2日


お布施として、ひとり一回100円を納めて下さい。
中学生以下は納めていただかなくてもかまいません。

足を組みますので、ゆるやかな服装が適しています。
足が組めない場合は、正座か、椅子に腰掛ける「椅子坐禅」をご案内します。

別途、「個別坐禅会」「出前坐禅会」にも応じています。
人数・時間・場所などは、事前にご相談をお願い致します。


 標準的な時間割

   午後5時半 受付開始
   午後6時  坐り方の案内(初心者対象)
   午後6時半 坐禅・歩行禅・禅に関する話・懇談
   午後8時  閉会
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★2017年を振り返る。【1月編】

2017年02月26日 | 行事報告
まったく大龍寺の行事報告などせず2ヶ月が経ってしまいました。
とりあえず駆け足で、一月分まとめて流します。



◆1月 7日 定例坐禅会

 毎月第一土曜日の晩に行っている定例坐禅会はかつては1月は休会でしたが、
 年によっては三が日にかかることも理解しつつ、ここ数年は1月も行っています。

 今回の参加者は11名。坐禅は30分を一回のみで切り上げ、禅に関するお話。
 最後の30分は、参加者全員から新年の抱負と坐禅についての感想などを共有。

 8時には終了し「坐禅をもう少し」という声もあって、希望者のみ居残り坐禅。
 これはこれで良いものだった。
 




◆1月15日 新年大般若修正会・懇親会

 毎年1月に修している大般若修正会。
 1年間の家内安全・身体堅固等をお祈りした「おふだ」をお渡しし、
 既に当山檀信徒の皆様にはおふだを郵送させていただきました。

 「立春大吉」と「鎮防火燭」の2枚のお札については入口付近に左右対に、
 「大般若符」についてはお仏壇の中へ、火盗除けは火を使う台所などへ
 それぞれの貼付・掲出などお願いいたします。





◆1月17日・24日 新宿NPO協同推進センター「伝えるデザイン力アップ講座

 全2回の「チラシの作り方講座」を受講してきました。
 自分の出来具合よりも、参加者一人ひとりの作品をいかに評価するか。
 講師の先生は受講生の作品を一切否定せずに、修正案を示してくれていました。









◆1月18日 豊川稲荷東京別院読誦会

 毎月18日、豊川稲荷東京別院にて開催されている読誦会にて、
 読経練習と折々の法話の講師をさせていただいています。

 今回は寺報「大龍寺からのお知らせ」に掲載したダルマの話など。 





◆1月27日 ワーカーズコープ「まちづくり懇談会」

新宿区内で“まちづくり”“地域活動”に取り組んでいる人たちの会合です。
毎回、参加者それぞれの活動・専門領域のお話を聞き合い、
それぞれの活動の資となること、人の縁を結んでいく機会になっています。

今回の懇談会は、早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンターコーディネーター、
目白大学講師の廣重剛史先生による「地域通貨・時間通過」のお話とワーク。

http://www.yomiuri.co.jp/adv/wol/opinion/society_140908.html











◆1月30日 東京都宗務所布教基礎講座 出講

曹洞宗東京都宗務所主催の「布教基礎講座」にて、
ベースに『法話の教室』(曹洞宗宗務庁刊)を敷いて
法話の作り方について私なりの試行錯誤をお話しさせて頂きました。








初版でタイトルに誤りがありました。訂正済みです。
おいおい2月分へと続きまする。

◆2月 3日 節分豆まき
◆2月 3日 新宿区子供基金支援団体報告会
◆2月 7日 第13回「禅といま」寒中勉強会
◆2月12日 涅槃会内献
◆2月14日 一橋大学大学院ビジネススクール坐禅会(駒込・吉祥寺)
◆2月16日 布教基礎講座2「法話の会」
◆2月18日 豊川稲荷東京別院読誦会・こども食堂
◆2月21日 子育て支援者交流会
◆2月25日 こども食堂

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★平成29年2月の定例坐禅会のお知らせ

2017年02月04日 | おしらせ
♪今日から、はーるですねぇー。

平成29年の立春を迎えました。



事前のお知らせをしておりませんでしたが、本日、定例坐禅会ございます。





■時 間■

 日 に ち 平成29年2月4日(第1土曜日)



 受   付 午後5時30分 より

         夏目坂通りに面した門から入り右方「本堂」に直接お上がりください。

         5時30分頃に本堂の鍵を開けますので、それより早い到着はお避け下さい。        



 坐禅案内 午後6時00分 より(坐禅未経験の方が対象です)

         初めての方を対象に坐り方をご案内します。

         経験のある方であっても、参加は出来ます。



 坐   禅 午後6時30分 より(坐禅経験済みの方)

         坐り方の案内が不要な方は、この時間までにお越しください。

         坐禅中の様子によって、途中休憩を取り入れる場合もあります。

         坐禅に引き続いて、禅に関するお話があります。



 解   散 午後8時00分頃





■坐禅をしてみたい方へ■

 大龍寺の定例坐禅会は、檀信徒の皆さんはもちろろんのこと、
 坐禅をしてみたい方であれば、どなたでも参加していただくことが出来ます。



 心静かに坐ることを大切にしていますので、
 足を組むことが難しい方には、楽な坐り方をご案内します。

 人によっては普段は慣れない“足を組む”という姿勢はキツイかもしれません。
 一通り足を組むことを試した上で、どうしても足が組めない場合は、
 坐蒲(坐禅をする時のクッション)をお尻に敷いての「正座」でも、
 椅子に腰掛けた状態での「椅子坐禅」という方法もあります。

 一人一人の状態に合わせた無理ではない坐禅をご案内しますので、
 身体的な面で不安のある方でも、どうぞご参加下さい。



 お一人様でも歓迎です。



どなた様もお気軽におこし下さい。





■対 象■

 どなたでも

 大龍寺の檀信徒さまでも、そうでなくても、
 坐禅をしてみたいかたならどなたでもOKです。



■費 用■

 お布施をお納めいただきます。

 100円以上、それぞれのお志・金銭感覚などに応じて。

 (中学生までは無料です)


 

■場所■

 曹洞宗 大龍寺 本堂にて

 東京都新宿区原町2-62

 03-3203-8394



■最寄■

 東京メトロ東西線早稲田駅(2番出口)
 都営大江戸線若松河田駅(若松口)

 どちらも徒歩7分。夏目坂通り沿い
 自転車でもOKです。路上ではなく敷地内に駐輪して下さい。


■内容■

 坐禅のしかた・坐禅・歩行禅・禅に関するおはなし



■服装■

 ご希望の方には、肩を棒で叩くこともありますので、
 肩を覆う形の服装をお勧めします。

 足を組むためモモ・ヒザに余裕のある服装が好ましいです。

 持参のジャージ・作務衣などへの着換えもできます。

  →着替室があります。


■参加するには■

 直接、大龍寺「本堂」にお越し下さい。

 ただ、可能であれば事前に連絡をいただけると助かります。
 連絡方法は、このページへのコメント・メッセージ・電話連絡などご自由に




● 道案内 ●


↑クリックすると大きな画像になります。






大きな地図で見る(Google)


 ※若松河田駅には、周辺地図に案内を出していました。
   →「★若松河田駅の案内標示

 ※現在は、東京メトロ東西線の早稲田駅に案内地図をだしています。





★平成29年 定例坐禅会のご案内★

 毎月第1土曜日 / 午後6時から8時まで

 5月は休会、8月は日程・内容を変えて開催します。

 3月4日
 4月1日
 6月3日
 7月1日
 9月2日
 10月7日
 11月4日
 12月2日


お布施として、ひとり一回100円を納めて下さい。
中学生以下は納めていただかなくてもかまいません。

足を組みますので、ゆるやかな服装が適しています。
足が組めない場合は、正座か、椅子に腰掛ける「椅子坐禅」をご案内します。

別途、「個別坐禅会」「出前坐禅会」にも応じています。
人数・時間・場所などは、事前にご相談をお願い致します。


 標準的な時間割

   午後5時半 受付開始
   午後6時  坐り方の案内(初心者対象)
   午後6時半 坐禅・歩行禅・禅に関する話・懇談
   午後8時  閉会
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★【最新情報】第13回「禅といま」寒中勉強会

2017年02月04日 | 夏期大学講座「禅といま」
◆お申し込み検討中の方へ◆

【現在お申し込み可能です】
受講方法については、従来からのお申し込み方法とは異なります。



(1)受付状況の確認
 まずは事務局にお電話・メールなどにて、受講のご意思をお知らせ下さい。

  ↓

(2)ご送金
 郵便振替口座宛に受講料のご送金をお願い致します。

 振替口座 00170-2-450289 「禅といま」推進委員会
 受講料2500円
 1枚の振替用紙で、複数人のお申し込みも出来ますが、
 全員分のお名前・住所・電話番号を記載して下さい。


  ↓

(3)当日会場へ
 振り替えの半券を受付にご提示下さい。「受講票」を差し上げます。



※受講時までに郵便局でのご送金が出来ない方は、当日受付にて受講料をお支払い下さい。







クリックすると大きくなります。




クリックすると大きくなります。






◆開催概要◆


日時


 平成29年2月7日(火)14:00-16:30


会場

 東京グランドホテル3階「桜の間」
 東京都港区芝2-5-2(クリックすると地図が開きます。)
 03-3456-2222


講師・演題

 田中ウルヴェ京さん

 「心と身体を健康に保つコーピング(ストレス対処術)」


椅子坐禅指導

 藤田一照老師(曹洞宗国際センター所長)


受講料

 2500円


主催

 「禅といま」推進委員会


後援

 曹洞宗・クラブツーリズム株式会社


連絡先

 「禅といま」推進委員会 事務局
  東京都新宿区原町2-62 大龍寺内(太田)
  TEL/FAX 03-3207-0770
E-mail zentoima★ybb.ne.jp ( ★ → @ )





◆講師紹介◆

・田中ウルヴェ京さん


1967年東京生まれ。聖心女子学院初中高等科を経て、日本大学在学中の1988年にソウル五輪シンクロ・デュエットで銅メダル獲得。10年間の日米仏の代表チームコーチ業とともに、6年半の米国大学院留学で修士取得。現在、学術研究者・経営者の両面の顔を持つメンタルトレーナーとして活躍中。様々な大学で客員教授として教鞭をとる傍ら、慶應義塾大学大学院システムデザインマネジメント研究科博士課程に在学、「トップパフォーマーのコーピングの体系化」の研究をおこなっている。
2001年から起業し、心と身体両面の健康を軸に、アスリートからビジネスパーソンなど広く一般にメンタルトレーニングを指導。著書訳書多数。夫はフランス人、2児の母。



・藤田一照老師

1954年愛媛県生まれ。灘高校から東京大学教育学部教育心理学科を経て、大学院で発達心理学を専攻。院生時代に坐禅に出会い深く傾倒。28歳で博士課程を中退し禅道場に入山、29歳で得度。33歳で渡米。以来17年半にわたってマサチューセッツ州ヴァレー禅堂で坐禅を指導する。2005年に帰国し、現在、神奈川県葉山の「茅山荘」を中心に坐禅の研究、指導にあたっている。曹洞宗国際センター2代所長。著作に『現代坐禅講義-只管打坐への道』、共著に『アップデートする仏教』『安泰寺禅僧対談』『禅の教室』、訳書に『禅への鍵』『法華経の省察』『禅マインド・ビギナーズマインド2』など。





別途、告知サイトのご紹介

https://www.facebook.com/zentoima/

https://www.facebook.com/events/229379194161019/

http://www.sotozen-net.or.jp/

http://www.sotozen-net.or.jp/gyoji/20161207.html



今回の寒中勉強会では、初めて、各種イベント紹介サイトに情報提供をしています。
下記のサイトではイベント掲載されていることが確認できました。

* ・Yahoo!ロコ(地域情報)
http://loco.yahoo.co.jp/event/f7f101f5030173db93b81302edf55001bfb5fd86/

* ・朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/area/event/detail/10242378.html

* ・BIGLOBE旅行
http://travel.biglobe.ne.jp/family/event/detail/10242378.html

* ・日本旅行
http://www.nta.co.jp/kokunai/special/eventinfo/10242378.htm

* ・ニコン すぽっとサーチ
http://spotsearch.nikon-image.com/EventDetail.do?eventId=10242378

* ・J:COM ZAQおでかけガイド
http://odekake.zaq.ne.jp/b/zaq/info/eb10242378/?poi=event

* ・Walkerplus(KADOKAWA)
http://www.walkerplus.com/event/ar0313e168501/

* ・大東建託 いい暮らしナビ
https://www.dk-iikurashi-navi.com/portal/event_search?pref=13&words=%E7%AC%AC13%E5%9B%9E%E3%80%8C%E7%A6%85%E3%81%A8%E3%81%84%E3%81%BE%E3%80%8D%E5%AF%92%E4%B8%AD%E5%8B%89%E5%BC%B7%E4%BC%9A
コメント
この記事をはてなブックマークに追加