Über den Bergen

山のあなたの空遠く
「幸さいはひ」住むと人のいふ。

旅のお供に…

2016年10月11日 |   ∟---- 歌舞伎

春秋座大歌舞伎に出掛け…

春秋座と云えば このすけ くん  ブログはこちら   

行くたびに、このすけ弁当 と このすけグッズ は外せない♪

それと、限定で和菓子が販売される。    京都の人気和洋菓子「一乗寺中谷」さんとのコラボ商品だそうです♪

前に躊躇していて完売した苦い思いがあるので、今回は迷わず売り場に突進
きっとその容姿は、売り場のおねえさんからしたら、チョッと怖かったかも

その努力あって(笑)

 

3個入りのおやつセット…

これがまた、思わずムフフ!(^^)! と、笑いたくなるような工夫というかアイデア満載のお菓子セットになっていて

ふたを開けて、まず何だこれ? あっ!・・・うふふ(笑) 

となったのが、一番手前に鎮座する怪しい形状…

 

どう見ても、ネコの顔… その名も≪猫の怪≫ ~芋菓子~

この箱の中の夫々には意味があるようでw

◆豆乳黒七味のフィナンシェ≪黒七味豆乳ふぃなんしぇ≫  。。。旅の始まりである橋
◆松の実のサブレ    ≪かぶきもなかサブレ抹茶≫  。。。みつざるをイメージ
◆紫いもの餡の化け猫  ≪猫の怪~芋菓子~≫     。。。化け猫は今回の演目にちなんだ一品

猫の怪が一番濃厚♪

チョッと、金鍔のような構造をした和菓子。

この後、≪かぶきもなかサブレ抹茶≫を食べると、外の最中の皮が芳ばしくておいしい♪
まるで歌舞伎座で食べる≪最中アイス≫ そのもの!(^^)!

そして、最期に…ふぃなんしぇを食べると、程よく七味の風味と胡麻の後味でサッパリ♡

良く考えられてるお菓子に舌堤  御馳走様でした

 

『演劇』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春秋座大歌舞伎 | トップ | 華岡青洲の妻 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む