喫煙を考える

「喫煙」という行為について共に考えましょう。
タバコで苦しむのは、喫煙者本人だけではありません。

第10回日本禁煙学会学術総会で発表します

2016-10-15 23:14:08 | タバコ問題への取り組み

10月29日(土)・30日(日)、一般社団法人日本禁煙学会の第10回学術総会
「受動喫煙のない東京オリンピックを!」のテーマのもと
東京都中央区日本橋のコングレスクエア日本橋で開催されます。
今回は開催地が東京ということもあり、近隣県に在住の私は
総合司会としてお手伝いすることになりました。
また、第1日目の10月29日(土)15時30分から17時10分まで、第3会場(3階ホールC)で

「社会的ニコチン依存にどう対処するか ~禁煙推進を目指す様々な市民活動~」

と題したミニシンポジウムのシンポジストとして発表します。
このミニシンポジウムでご一緒するシンポジストは
萱場健一郎法律事務所の片山律弁護士、ちょうふタバコ対策ネットワークの鈴木隆宏氏です。
私は

「出版をとおして人とつながる ―タバコ病患者遺族と受動喫煙被害者の立場から―」

と題して、タバコ問題に取り組むようになった経緯とこれまでの活動
これからの展望と課題についてお話しします。 


3階ホワイエでは、拙著『タバコに奪われた命 父の「闘病MEMO」に寄せて』
『私がタバコをやめた理由(ワケ) タバコ百害問答』の販売も行います。
店番は、私と夫が交代でしますが、司会・発表等の都合上店番がいない時間帯もあるかと思います。
その節はご容赦ください。


日本禁煙学会学術総会は、一般の方の参加も受け付けています。
事前参加申し込みは9月12日に終了しましたので、当日参加は10,000円です。
学生(大学院生を除く)は当日参加でも1,000円です。

ただし、30日(日)12時40分から受動喫煙のない東京オリンピックをめざして
メッセージを伝えながら東京の街を歩くSmoke-Free Walkが行われますが
Walk参加者は、同日に開催される、特別企画Ⅱの多職種合同「タバコのない社会を目指して」と
その後の市民公開講座に、無料で参加できるそうです。
市民公開講座の演者は、巣鴨とげぬき地蔵尊で知られる高岩寺・来馬明規住職です。
まだ来馬住職のお話をお聞きになったことがない方は
住職によるめくるめくオンステージを体験できる貴重な機会です。
ぜひご来場ください。


全国各地から日本橋にいらっしゃる皆さん
日本橋でお目に掛かれることを楽しみにしております。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タバコを吸わない人こそ意思... | トップ | 歯周病とタバコ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。