久世 千香子よろずノート

実話漫画(子育てや懐かしい話)あり、創作漫画ありのブログです。

続・30代に描いた漫画のボツ原稿事情

2016-10-31 10:56:03 | 趣味のヲタ部門
さて、昨日の続きです。

30代の頃に描いたネームや漫画を引っ張りだしていて、気がついた事…
「うわ、めっちゃ時間に余裕が有ったんだ!!」
なんだか、思っていたより丁寧に描いていました。
過去に見せたのは、友人三名と雑誌の編集の人だけ。何やら勿体無いかなと気に入ってる部分だけ、載せてしまいます。幼なじみの恋物語です。鈍いヒロインのルルと自分の気持ちを表現するのが苦手なジョゼ。なんだか、お話しがイマイチで落選。
確かに、キャラが生かしきれていません。

以下の原稿が、現在描いている「ロス一座繁盛記」の元ネタの原稿です。
描き始めると鉛筆書きを良い事につい細かく描きたくなって、最近手付かずです。
昔、キャラの性格が途中から作者の都合の良いものに変わってしまっていたので、現在描いているものは冷静に進めたいです。
『マンガ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 30代に描いた漫画の、ボツ原... | トップ | 思春期原始人 ②/でも、そこ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美しいですねー (hino)
2016-10-31 19:13:08
こんにちは!
美しい原稿に心が洗われました。すごい!流石です。
確かにこのクオリティの高い原稿を数人しか見ていないのはもったいないですねー。
肉をめがけて火の輪をくぐるシーンは破壊力抜群ですね。肉が食べたくたりました。
団長さん、5回離婚したということは5回結婚したということでモテモテですね。
ルルちゃん可愛いです。幼なじみの恋って障害が少ないので逆に漫画にして盛り上げるのって大変かもですね。
あだち充先生の「タッチ」が「バトンタッチ」の「タッチ」で、最初から和也は死ぬことになっていいたという話を思い出しました。幼なじみの恋をドラマチックにするためにそこまでやるのか、なにやら漫画って大変だなあと思います。
hinoさま (kittyandred)
2016-10-31 21:49:10
ここに載せた漫画も本人が忘れてしまう程、色んな頁をかなり破棄していました。見るのが恥ずかしかったのか、捨て過ぎて今見てみたい物まで無くなってます(笑)

ロスが五回も離婚していたなんて、私も忘れていました。うわー!きゃー!信じられない!
設定では、利益の得られる人の前では甘やかな笑顔をみせるという近付きたくないタイプです

ルルとジョゼは説明的な恥ずかしい台詞ばからは喋っていて、読み返してうああああ!となりました。

そういえば友人が「漫画の登場人物は死なすな!作者都合で消したようにしか思えない!」と電話で時間をかけて怒っていたのを思い出しました。
あだちさん、最初から決まっていたなんて、凄いです。

コメントを投稿

趣味のヲタ部門」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。