明日死ぬかも

あなた自身が、この世で見たいと思う変化とならなければならない。byガンジー

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

邦画バブルが悪い方向に向かいはじめてるんじゃないかな〜心が叫びたがってるんだの感想〜

2017年07月29日 22時14分34秒 | 感想文を書いてみるシリーズ(映画系)


私は「あの花」こと

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」

が大好きなのだけれど

「心が叫びたがってるんだ」

は、劇場に足を運ぼうとまで思えず

というか

そんな余裕がなかった時だったのかもしれないけれど

まぁ、とにかく観に行かなかった。


んだけれども

実写版が公開されるということで

え?

もう実写化するの???

早くね? 

そんな傑作だったの?


と興味を惹かれたので

じゃあだいたい元祖のアニメを超える実写なんて

そうそうないんだから

アニメよりは実写は劣るであろ

という想定のもと

アニメを観ずにまず実写

ということで実写版を観てきた。











・・・・・・










はじめから終わりまで











何、これ?








どこに面白みを見出したらいいのかな?








どこに共感したらいいのかな?








で、終わってしまった。





 

 


2時間に収めないとならないってことは

十分わかるんだけれど

どうにも

重要な部分が丁寧に描かれてない気がして

主人公の順ちゃんが

言葉を話せなくなるきっかけとか

あまりにも上滑りの

この情報だけ与えておけば納得してくれるでしょ

程度のエピソードしかなくて


いやいやいや

悲惨さが全く伝わってこないよこれじゃ


もっと納得いくエピソードを

丁寧に配置してちょうだいよ


ととても思った。



あの花は連続アニメだったから

そういう部分がとてもとても丁寧に

それぞれの登場人物に寄り添って

きちんと描かれていたのだけれど


この尺になると

こんなもんなのか・・・


と感じた。





 

なんか

みんな悲惨さが中途半端で

どの登場人物にも

共感できるほどの何かというのが

最後まで感じられなくて




正直なところ


1,800円の価値なしだな

観なくてもよかったかもしれない


という感想だった。





 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



私は邦画があまり好きではないのだけれど

最近の邦画バブルも関係して

それでも結構最近は邦画を観ることもあるのだけれど

ここ数年で観た中でも

相当面白くない内容だった。




こんなのを実写化しはじめたら

多分もうバブルも末期では・・・

私が邦画が苦手になったきっかけになった

1,990年代くらいにあった

単館系邦画バブルと同じような感じに

なっちゃうんじゃないだろうか

と邦画の未来を案じたくなったよ。




でも


それでも


この作品の評価が高いことに


大変な驚きを感じている。





ウェブ上のレビューには

テレビCMさながらに

大満足の文字ばかり・・・。





ここさけのレビューって

言い方に語弊あると思うけれど

ほとんど映画観たことない

すっごく若い子たちの感想が

ほとんどなんじゃないかと

そんな風にも思えるのだけれど。


でも普通におじさんとかも

いいっていうレビュー書いてたりするから

どうなんだろうかと。




 



でも

実写はこうだけれど

アニメだよ

アニメ

アニメはいいんだよね、多分。



だって

あの花のスタッフの作品だよ?




って思って

今日の地上波初登場の

ここさけアニメ版

を観ているのだけれど





クオリティ

実写と変わんないじゃん・・・






これなら

期待してなかったけど実写よかった!!

っていう感想

めっちゃくちゃ理解できるよ・・・。




いや、実写版

かなり忠実に作られてて

相当アニメに寄せられてるから

そりゃ満足するよね。



って思った。





私は実写がアニメのクオリティを

相当崩してるんじゃ

って予測していたのだけれど

これなら

実写のレベルも納得だし

実写はかなり精巧に作れられていて

これを実写にしてああなったのなら

実写版の製作陣、頑張ったじゃん!!!



って

拍手を送りたくなった。






ごめんね。

まだ最後まで観終わってないんだけれど

飽きちゃったの。

 

 


でもがっかりだったのよ。



そして、このレベルで

世間が大満足してるんだったら

今後はもう

やっぱりあんまり

邦画に期待するのやめよかな

ってね。





しかし、本当にこの作品のどこが

誰にここまで支持されているのだろうか。



うーん

やっぱわかんない。



 





 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西尾維新という存在について | トップ | こんなことを書いたりしてます »

感想文を書いてみるシリーズ(映画系)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。