不登校 きっとこれから…

小6登校渋りから始まった不登校。中3は完全不登校だった息子は、現在、県立高校1年になりました。

すごいなあ…。

2017-07-29 22:21:21 | 不登校の末っ子くん
昨夜
「ママに話したっけ?」と突然話しかけてきた息子。
「ん?何?」
続けて
「うちの学校から推薦で行ける大学って…」
と進路の話をしだした。
そう言えば、1週間くらい前も話してたなあ。
どうやら高3の先輩からいろんな情報を得ているようだ。

そうそう、夏休み直前にこんなことを言ってました。
「オレって偏差値どのくらいなんだろう」
どうも、友達に聞かれたらしい。
「わからない」って答えたって言ってました。

息子が中学生のときに、1度でも自分の偏差値を知ることができるテストを受けることができれば…。
現在は、高校内の偏差値は出る。でも、県内となるとどの程度なんだろう…。

中3は授業も出られず、定期テストも受けられず、偏差値もわからない。そんな息子を入れてくれた高校の大学推薦の話です。
先輩からの数々の情報を得て、進路を真剣に考え始めたようです。

そんな話をしてきた息子に、私はまた口を挟んでしまいました…。
「もっと勉強しなきゃいけないんじゃない?塾に行くとか、自主勉強するとか…中学はほとんど勉強してないし、大学に行きたいなら…」
って話しながら
(あーいけない、いけない、私の意見を言ってるな)ってすぐに反省(-_-)

息子「自分でも調べてみる。おやすみ」


私は、口を挟むように、自分の意見を言ってしまったという反省とともに、自分の成績を踏まえて未来を考えたり、調べたり、情報を得たりしている息子がすごい!って感じてました。
だからと言ってすぐに勉強する訳ではないんだけど…なんか嬉しい(o^^o)
すごい成長だよね。
不登校の渦中は、明日のことも、今日その日の事さえも、今さえも、どうするかとか考えられなかった(と思う)息子が、そんな息子が、未来を考え、今どうするべきかを考えてるんだよー。
ホントに息子ってすごいよー(o^^o)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 通知表 | トップ | 今年の夏休みは昨年と違う »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

不登校の末っ子くん」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。