きつねゆりセカンドハウス

きつねゆりは「グロリオサ」の和名です。
ぺ・ヨンジュンを見つめながら、
ぶつぶつつぶやいています(o'.'o)

俳優さんたち

2017-05-12 13:40:54 | ぺ・ヨンジュン


韓国ドラマで、同じ俳優が親の役であちこちの作品に出るのはなぜですか。

一番目立つのが、なんといってもキム・ヘスク。
お母さん役としてひっぱりだこなのです。
たとえば、ユン・ソクホ監督の四季シリーズでも、
「秋の童話」「冬のソナタ」「夏の香り」でそれぞれ主人公の母親を演じていました。
これはほんの一例で、ドラマや映画にひっぱりだこの彼女は、
実は出演作が日本で最も放映されている女優なのです。



また、「冬のソナタ」でサンヒョクの父親を演じたチョン・ドンファンも
出番が非常に多い俳優で、四季シリーズの最後を飾る
「春のワルツ」にも出演しています。
なぜ、このように両親役が特定の俳優に集中してしまうのでしょうか。
これには、韓国芸能界の事情があります。
一番大きな理由は、中年世代の俳優の層が薄いということ。
数が少ないのでどうしても特定の俳優に偏ってしまうのです。



それでは、なぜ層が薄いかというと、多くの俳優は自分なりの事業も兼ねていて、
中年になるとむしろ事業に専念して俳優業をやめてしまう例が非常に多いからです。
これは男女を問わずそうであって、韓国ではまだ俳優業は一生の仕事とは思われておらず、
若いときだけの腰掛け的な雰囲気が強いのです。
また、テレビの出演料は低く抑えられていて、
中堅俳優の生活がままならないことも大いに関係しています。
その結果、親を演じられる俳優の数が少なく、
特定の俳優に集中してしまうのです。


ユジンのお母さんも、サンヒョクのお父さんも・・・・
本当にいろいろなドラマで見かけますね。
時には悪役もあったりいて・・・・・

これからも、中堅の俳優さんとしてがんばってほしいものです。

さて、私たちのヨンジュンはどうなんでしょう~
まだまだ若い役も十分可能だと思うのですが・・・
ユジン役のジウssiはお母さん役もやるようになりましたね・・・



ウォン・ギジュン
「ペ・ヨンジュンと親しかった…なぜキーイースト呼んでくれないんでしょう?」爆笑

『ラジオスター』でウォン・ギジュンがペ・ヨンジュンと親しい仲だったと、
さびしさを表わして笑いを誘った。
ウォン・ギジュンは「マネジャーがずっといなかった」とし、
「出演料の話も直接しなければならないのに俳優が
お金のことを自分で語るのがかなり大変だ」と、1人活動の困難を吐露した。

引き続き彼は「今、ペ・ヨンジュンさんがキーイーストという会社をしているのでないか。
あのヨンジュンさんとかなり親しかったんですよ」と、話した。
この時をのがさないでキム・グラは
「連絡が取れないのか」と直球質問を投げた。

しばらく慌てたウォン・ギジュンは
「ヨンジュンさんが僕をキーイーストに呼んでくれると思っていた」とし、
「93年度に映画も一緒に撮って」と付け加えた。
これに対しMCはびっくりして「かなり長いじゃないか」と爆笑し、
キム・グラは「それでは電話をして(この頃上手く行く)“オム・ギジュン”といえ」と、
解決策(?)を提案して笑いを誘った。
ユン・ジョンシンは「そして出て行って
“ウォン・ギジュンでした~”といって現れろ」と付け加えたし、
ウォン・ギジュンは「それはいい考えだ」という姿を見せて笑いを加えた。


一緒にとったのはあの「初恋白書」ですね。
二人ともちょい役だったはず・・・



『ペ・ヨンジュン』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 防弾少年団 | トップ | 母の日 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パパ (シクラメン)
2017-05-12 21:26:10
ヨンジュンさんもパパ役で「パパ」「タムドク」やってますね
シクラメンさんへ (きつねゆり)
2017-05-12 22:58:44
シクラメンさん……アンニョン〜
そうですね。パパになった事もありましたね。
ジウssiは、大学生の母を演じてました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む