キツネノマド

松岡永子
趣味の物書き
(趣味とはなんであるか語ると長くなるので、それはあらためて)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヤマネコから聞いた話

2015-11-28 06:29:18 | 架空非行
 道ならぬ恋、ってやつだ。  奥山の、ヤマイヌの遠縁らしいんだが、もともと不運な奴でね、奇妙な病を患ってた。満月の光を浴びないと、体の毛がなくなって、爪も牙も縮んじまって、兎を追って走ることもままならない、なんともなさけない姿に変わっちまう。まあでも、気のいい奴なんで奥山の連中と楽しくやってた。  それが、あるときからふっつりと月の光を浴びるのをやめちまった。そんなんじゃあ獲物も獲れないから、すっ . . . 本文を読む
コメント

早春賦

2015-11-22 08:03:45 | コトリの宮殿
 目覚めると世界は花盛り。花に戯れ、梢に遊ぶ。わたくしはすべての花に望まれる奢りのなかで生きておりました。けれどある日、教えられたのです。 ――この世にはわたくしが見たことのない花がある――  完璧な六角形の姿をしながらひとつとして同じ形のものがないというこの花に、わたくしは逢うことがないのだ。皆が美しいと褒めそやすこの身も、この花は知らぬ。千の花と遊び、万の花と契りを交わしても、ただ、この花だけ . . . 本文を読む
コメント

小径(こみち)までもうすこし

2015-11-15 08:02:23 | コトリの宮殿
 急がば回れ、という諺は正しい。 ショートカットするつもりだったのだが、どうやら同じところをぐるぐる回っているらしい。この石仏の前を通るのは何度目だろうか。 「バランスが悪いんだよ。左側が重すぎる」  これも何度目かに行き合ううしろ姿の女が、日傘をくるくる回しながら言う。  はあ、なにしろ新米なもので。 「あんたなら心を捨てて行くことにすればすぐじゃないの。つくりはおんなじなんだから」  はあ . . . 本文を読む
コメント

図書館はどこですか

2015-11-08 07:58:26 | コトリの宮殿
 今度は甘い悲鳴のようなかぼそい少女の声だ。 ――図書館はどこですか。  見まわしても誰もいない。木立の蔭にも霧の中にも人影はない。さっきからずっと。 ――図書館はどこですか。  いろいろな声が皆、同じことを同じように尋ねる。姿はなく、森の空を声だけが飛びかっている。 ――図書館をお探しですか。  振り向くと男が立っていた。司書なのだと、なぜだかわかった。 ――いいえ。  そう答えながら、歩き疲れ . . . 本文を読む
コメント

陸の小娘

2015-02-07 06:11:36 | 掌編
――船べりに肱ついて夢想する船人よ、夜のくらがりに、いつまでも愛する者の面影を切に想い描くことを休(や)めよ。さもないと君たちは、水また水の寂しさに取巻かれたる唯中に生み出す不幸を見るであろう。――  水夫はその忠告を自分とは無関係のものとして聞き流しました。いえ流したいと思ったのですが、なぜか留めてしまったのです。水夫には娘はいません。海上に想い描く誰もいません。それなのに。自由であることをさび . . . 本文を読む
コメント

遅刻

2014-12-27 06:10:05 | 掌編
「ごめんね、待った?」 「うん、ちょっとだけね」  彼女はいつも約束の時間に五分遅刻してくる。きっちり五分。だったら五分前に家を出ればいいと思うのだが、そうもいかないらしい。遅れてくるのがわかってるんだから、ぼくも五分遅れていけばいいのだが、どうしてもそうできない。約束の時間の十分前には着いてしまう。  三時に会いたければ、ぼくは三時十分、彼女には二時五十五分と約束すればいいのだろうか。  ところ . . . 本文を読む
コメント

かたる女

2014-12-20 06:05:38 | 掌編
 いとやんごとなき王様。また、このように聞き及びましてございます。  北の山から南の島まで各地をまわって、物語を集める若者がおりました。彼は険しい道をいといませんでした。遠くへ行けば行くほど珍しい物語を聞くことができました。聞けば聞くだけ物語はどんどん湧き出てきました。この世に物語は無限にあるように思われました。死ぬまでにすべての物語を聞きたい。彼はとうとう悪魔と契約いたしました。  その日から悪 . . . 本文を読む
コメント

闇色のマント

2014-12-06 06:31:51 | コトリの宮殿
「どのような闇をご所望でしょう」  仕立屋の問いに、闇は闇だろうと思う。真っ暗でなにも見えない、それが闇だ。 穏やかな微笑とともに仕立屋はつづける。 「夜の闇、地下の闇、瞼を閉じると訪れる闇。また、同じ夜の闇でも季節や天候によって闇の色は違います。どのような闇を差しあげましょう」  約束は明日だ。降っても晴れても。夜の闇に紛れて黎明までにすべてを終わらせなくてはならない。 「春浅い新月深更、誰 . . . 本文を読む
コメント

帚星

2014-11-08 09:14:12 | 掌編
 窓をあけていたのが失敗だった。  帚星がにぎやかな唸り声をあげながら一直線に落ちてきたかと思うと、いきなりジョッキに飛び込んだ。  そのあとの奴のはしゃぎっぷりったらなかった。いや、その前からご機嫌だったにちがいない。きらきらの尻尾をひきずりながら部屋中を跳ねまわる。目がチカチカするし、つかまえてやろうと思ったんだが、こっちもほろ酔いなんでうまくいかない。そのうちどうでもよくなってきた。むこうも . . . 本文を読む
コメント

主役とは何か 『山月記』

2014-07-12 06:04:28 | 創作でないもの
前にアップしたのと同じ、昔同人誌に書いたもの。文字遣いなど一部訂正しているが基本的にそのまま。(袁○(イに参)は出なかった)    中島敦の『山月記』はよく教科書に載っている。  都合がいいから、だろう。適当な短さの小説だし、難しい漢字がたくさん出てくるから試験問題を作りやすいし、なによりわかりやすいし。なぜ自分が虎になったのかを分析的に告白する、という形で語られるから、「なにかわけのわからな . . . 本文を読む
コメント

秋の気配

2014-07-05 06:09:56 | 掌編
落ち葉で朱く染まった石段。乾いた石ののぞいているところを選んで座る。 ふたつ後ろの段に気配が静かに腰をおろす。   さびしい。 この気配は、鬼だ。 落ち葉が音を立てる。甲高い声で鳥が渡っていく。わたしは気づかないふりをして午後の木洩れ日をみあげる。気づかれてはならない、わたしが気づいたことに。彼は鬼なのだ。 わたしが気づいてはならない。 彼が鬼なのだ。 . . . 本文を読む
コメント

この店に来ると雨が降る

2014-06-28 05:07:52 | 掌編
 しゃがみこんで、というよりほとんど寝ころがってほおづえをつく。そうして露地を見おろす。  窓からの風景は、明度も彩度もみるみる落ちていく。ビーズをばらまくような音。ビーズの粒はどんどん大きくなっていって、もう自分がなにを言っているのかも聞こえない。ここでの記憶は雨ばかりだ。  この店は焼け残った戦前の建物を使っているらしい。二階のギャラリー――二階とは名ばかりの、立ち上がったら頭をぶつけてしまう . . . 本文を読む
コメント (1)

形代の恋  源氏物語の場合

2014-06-21 06:45:35 | 創作でないもの
部屋を整理していたら、昔同人誌に書いたものが出てきた。出てきてしまったのでここにアップしておくことにした。文字遣いなど一部訂正しているが基本的にそのまま。  昔、とっても潔癖だったわたしには、光源氏の恋愛に対する態度がふまじめにみえてしかたがなかった。複数の恋愛を同時進行させることなどではない。「形代の恋」というやつだ。  本当に好きな女性は手の届かないところにいるので身代わりで我慢する、とい . . . 本文を読む
コメント

宇宙の喫茶店

2014-06-14 06:11:28 | 掌編
図書館が開くまで、駅前の喫茶店でモーニング。客のほとんどはお年寄りで、みんな常連さんらしく、座っただけでコーヒーやジュースが出てくる。だいたい座る場所も決まっているようだ。こんな時間に喫茶店にはいったことがなかったから知らなかった。  ドア近くに座っていた男が携帯電話でしゃべりながら出ていく。営業マンだろうか、忙しそうだ。  夏休みで遊びにきていたいとこが興奮したようすでささやく。 「すごいね . . . 本文を読む
コメント

髪を乾かさずに眠ったら溺れ死ぬ夢を見ました

2014-05-24 06:38:23 | コトリの宮殿
――切ってしまおうと思ったのよ、何度も。  わたくしの髪は太くて多くて、くせもあってすぐにひろがってしまう。強情で手におえないの。でも…  薔薇窓を模した喫茶店のウインドウを背に彼女が語る。その声を聞いているうちに今朝の夢を思い出した。  窓から射すいっぱいの光にびしょぬれになりながら彼女を見あげる。優美な尾が床を打ち、彼女の背丈がすっと伸びる。気高く美しく、無慈悲なほほえみに溢れて彼女は見下ろす . . . 本文を読む
コメント