家電工事屋の日常      kadenkoujiya.com          

家電工事屋キツカワのWEB日誌です。                         

相模原市中央区 地デジアンテナ工事 

2017年06月17日 23時32分40秒 | アンテナ工事:相模原市

ご新居のアンテナ工事をご依頼頂き、相模原市中央区にお伺いしてきました。

 

ホームページからのご依頼ありがとうございます。

 

壁に傷をつけるのを極力避けたいとのお話でしたので、まずは屋根裏で受信できるかどうかを調べてみます。

 

屋根裏での受信状況は、在京キー局とTVKは良好でしたがMXがNGでした。

それと1階浴室の分配器までの配線方法は、軒下に穴をあけて一旦外に出さないと出来ない様子です。

 

お客様はMXの視聴をご希望でしたので、屋根上に通常のアンテナを設置させていただくことになりました。

 

屋根上ならMXも良好に入ってきます。

ブースターの要不要は、減衰具合を見てからご相談させていただきます。

 

屋根材は柔らかいアスファルトシングル材です。

支線を取る際に縁の部分に負担が掛かると、柔らかいのでたわみます。

たわむのは避けられないんですが、板金部分から30ミリほど出っ張っているのでたわみの量が多そうなので・・・

 

ゴム板を3枚重ねてあてがっておき、少しでもたわみを押さえるようにしてみました。

 

少し時間が掛かってしまいましたが、支線とアンテナの準備が整いました。

 

上下2段の8本支線仕様で立てていきます。

同軸は現段階で30m程ありますが、引き込みと繫ぐ際は半分くらいになる予定です。

 

向きを合わせます。

MXは51.3dBμですが・・

 

在京キー局は+17dB前後の入力でした。

 

屋根馬の足の下にゴム板を敷いておきます。

 

そしてずれないようにコーキング材で接着しておきました。

ゴム板を敷かなくても受信には関係ありませんが、屋根材が柔らかいので敷いておいた方が屋根に優しいかと。

 

これでアンテナは完成です。

同軸ケーブルに余裕を持たせてあるので、将来BSアンテナを追加する際にも困ることは無いでしょう。

 

黒い同軸をそのまま下ろしてくるととても目立ってしまうので、同色系のビニテを巻いてお化粧しておきました。

サイディングのシーリングのところに沿って下ろしてあるので、心配していたほど目立たなくてほっとしました。

 

ブースターが無い状態だとテレビ端子でMXが39dBμまで弱くなっていたので、
余裕を作るためにブースターの取り付けをご希望いただきました。

 

MX,TVK,在京キー局共に安定受信を確認して作業完了となりました。

 

お引越し前のお忙しいところ、お付き合いいただきましてありがとうございました。

 

快適なテレビライフをお過ごしください。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 藤沢市でデザインアンテナ工事 | トップ | 神奈川県海老名市 片流れ屋... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アンテナ工事:相模原市」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。