家電工事屋の日常      kadenkoujiya.com          

家電工事屋キツカワのWEB日誌です。                         

ブローイング工法の屋根裏にアンテナ設置工事

2017年09月10日 23時59分14秒 | 地デジアンテナ屋根裏設置

 ご新居のアンテナ工事をご依頼頂きお伺いしてきました。

 

ホームページからのご依頼ありがとうございます。

 

地デジとBS110CSアンテナの設置をご希望頂き、地デジアンテナは屋根裏に設置させていただくことに。

 

お隣の家の向きになりますが、湘南平が程近いので抜けてきているという印象です。

 

屋根裏の断熱はモフモフのブローイング工法でした。。。

気をつけても点検口からモフモフが少しずつ出てきてしまいます。。。

 

パーツケースを落とすと見失ってしまいそうになります。

 

邪魔になりそうにない位置に設置し、向きを合わせていきます。

 

向きが決まったら忘れずに増し締めしておいて・・・

 

 こんな感じに取りつけできました。

続いてBS110CSアンテナを取り付けます。

 

外壁がタイルなので目地にビスを効かせます。

 

金具のビス穴とタイルの目地のピッチが合わないので、新たに開けなおしました。

 

ビスにコーキング材を乗せながら打ちまして・・・

 

 

このように付きました。

物干し竿をかける金具は、水平と上向きであれば使用できます。

下向きの角度はアンテナに当たるので使用できませんが、取り付ける前の打ち合わせでご了承いただいています。

 

点検口の下に情報分電盤があったので、地デジのアンテナからの同軸は直接引き入れました。

BSアンテナからのは既存の引き込みの同軸を使っています。

 

情報分電盤内に、ブースターを結束バンドで固定しました。

 

これで接続も完了となりました。

 

 テレビ端子でのレベルを確認し、持参したテレビでお客様にもご確認いただきました。

 

これでお引越し後すぐにテレビをお楽しみいただけます。

 

快適なテレビライフをお過ごしください。

 

 

ご依頼ありがとうございました。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最近受信不調に陥るとご連絡... | トップ | 屋根裏と壁裏を通して テレ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地デジアンテナ屋根裏設置」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。