浄土真宗親鸞会 伏木桜の集い

富山で親鸞聖人の教えを学ぶ仲間たちのブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「笑顔、挨拶、真面目に」で、コンビニ繁昌

2012-01-24 22:25:25 | ひと


 最近、コンビニを経営しておられた方と話す機会がありました。
 24時間365日、年中無休で、「その頃、どんな生活をしていたか思い出せないくらい、
忙しくて」と話が始まりました。一日1000人以上が訪れる店だったそうで、アルバイトを
募集したことも何度かあったそうです。

 面接や採用をしているうちに、その方が知らされたのは、「真面目で明るいこと」
だそうです。
 お客さんが店内に入ってきた時、明るく挨拶ができるかどうか。
 笑顔で対応できるか。
 真面目に、働けるかどうか。
 この点を、最も重視されていたそうです。
 明るい挨拶と笑顔あふれる店ならば、また行ってみたいと思います。
 ところが、店に入っても、一言もなく、機械的に扱われたら、、、残念ですね。

『光に向かって心地よい果実』(高森顕徹先生)には、

〝笑う時には、十六本の顔の筋肉を動かせばよいが、
怒る時は、六十二本動かさなければならぬ。
エネルギー上からも、笑い顔の方が怒り顔よりも得である〟
アメリカのある学者の面白い教訓である。

とお書きくださっています。

 コンビニを経営しておられた方も、「教えられるとおり、笑顔が大事だと、
仕事を通して知らされ、鍛えられました」「一日千人に、笑顔で応対できました。
それだけ優しい言葉をかけ、笑顔を布施できるご縁だったのかなと思うと、
無駄なことは一つもありませんでした」とさわやかに話しておられました。
 コンビニ繁昌の元は、「笑顔で挨拶して、真面目に働くこと」。

 この方を見習って、一日千人とまではいかなくても、顔の筋肉を動かすことを
けちらず、周りの人に笑顔で挨拶できたら、人生、きっと変わっていくに
違いありません。(実際、コンビニで働けるかどうかが決まったわけですから)。

 真面目に、実行していきたいと思います。

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 想像以上の親切に、感激しま... | トップ | 法友が、大事。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。