きときと日記

「きときと」とは富山の方言で「ぴちぴち(新鮮な)」という意味。きときとな日々の記録を更新中。

博士と彼女のセオリー

2017-06-14 | 映画


レンタルDVDで映画「博士と彼女のセオリー」を見ました。3年前の映画ですが、気になっていたことを思い出して見てみました。天才科学者スティーブン・ホーキング博士の半生を描いた実話とのことですが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病を抱えるスティーブン・ホーキング博士を演じたエディ・レッドメインの演技がすごかったです。スティーブンは学生時代に彼女と出会い、2人は恋に落ちます。しかし、その直後にスティーブンは難病を発症して余命2年の宣告を受けます。それでも彼女はスティーブンと共に生きることを決め、結婚し、子供も授かります。だんだん筋肉が衰えて、字を書くことが困難になり、歩くことが困難になり、ついには話すこともできなくなります。しかし知的好奇心は衰えません。そんな彼を献身的に支える彼女ですが、彼の介護と子育てに追われ疲弊し、親切な男性に助けを求めます。それでも彼女が彼を見捨てず支え続けるのは、彼の物理学者としての才能への敬愛なのでしょうか。最終的には、二人は別れを選択しますが、今も尊敬しあう友人としてつきあいがあるようです。そして、75歳の今も健在のスティーブン博士。2人とも壮絶な人生ですが、懸命に生きる姿が丁寧に描かれています。よくできた映画で、面白かったです。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お父さんと伊藤さん | トップ | ヒメノアール »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL