きときと日記

「きときと」とは富山の方言で「ぴちぴち(新鮮な)」という意味。きときとな日々の記録を更新中。

お父さんと伊藤さん

2017-06-13 | 映画


曇り時々雨。寒かった。今日は授業参観でした。お父さん、お母さんに見てもらって、子どもたちは嬉しそうでした。見た映画がたまっていくので、今日は続けて3本分アップします。レンタルDVDで映画「お父さんと伊藤さん」を見ました。上野樹里演じる彩は34歳、リリー・フランキー演じる恋人の伊藤さんは54歳、藤竜也演じるお父さんは74歳。その3人の物語です。もっとコミカルで笑える映画かと思ったら、意外とシリアスで切ない映画でした。バイト暮らしの伊藤さんと気ままな同棲生活を送る彩のところに、兄夫婦とうまくいかなくて追い出された彩の父親が転がり込んできます。うるさくてわがままな父親にうんざりしながらも、兄嫁とうまくいかない父親を追い返すこともできません。飄々とした伊藤さんは、父親ともうまくつきあってくれます。リリー・フランキーがとてもいい味を出していて、唯一人、他人の存在として、親子の厄介な感情をうまく操って、淡々と仲裁役を果たしてくれます。老人は、たとえ健康であっても、介護問題は切実ですね。父親と3人での暮らしを考える伊藤さんと彩、一方、老人ホームへの入居を決めた父親。はっきりとした結末は描いていませんが、どんな暮らしを選んだとしても、これからも大変だろうな、親子は厄介で切ないなと、なんだかしんみりと見終わりました。3人がとても上手で最後まで面白く見ることができました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミュージアム | トップ | 博士と彼女のセオリー »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL