たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

げっすいきん

2017年03月07日 | 日記
普段ろくな物を食べてない姑に、せめてお昼は業者からお弁当を取ることにした。

普通のお弁当屋ではなく、介護施設の中にあるお弁当屋だから、年寄りに必要な食事を提供してもらえる。

しかも本人の様子など安否確認もしてくれるらしい。

ただ、姑は毎日来られるのはおっくうらしいので、週に三回頼むことにした。

今日はまた姑の住むH市に行き、申し込みの手続きをして来た。

姑の住む家に業者の人が来て、手続きをすることになっていたのだが、姑はやっぱり忘れていた。

昨日も電話して「明日行きますからね」と言ったのに。

姑の家のチャイムは壊れてるし、まあ鳴っても聞こえないからヅカヅカと私は中に入った。

なんだこれは。

汚ない。汚すぎる。

あっちこっちに中途半端に手をつけた菓子類がある。

脱いだ服やらゴミやら中途半端に残った読み物もチラホラ。

相変わらず買ってきた牛乳や食材は床に起きっぱなし。

だんだん足の踏み場も無くなってきた。

ゴミ袋は?と聞くと、持って無いと言う。

手続きを終えたら買ってこよう。


そして業者の人達が来た。

中に入れるのも恥ずかしい。汚ないにも程がある。

座っていたら何だか体がかゆくなってきた。

実は今もかゆい。

私が申し込みの書類を書いてる間、業者は姑にお弁当の説明をしていた。

「ああ、ハイハイわかりましたよ」

と答えているようだが、本当にわかっているのやら。

「それでは月水金曜日にお弁当を届けに来ますので」

と言って業者は帰って行った。

「お義母さん、お弁当屋さんが月水金曜日の11時頃来ますので、月水金曜日は鍵開けてて下さいね」

と言ったら突然姑はきょとんとした。

「なんで?」

なんで?お弁当屋が来るからでしょ!

「弁当?」

今、お弁当屋さんが来て、話して行ったじゃないですか!

姑は首をかしげた。

「そうだったかなあ…わすれた」


えええええ!たった今さっきのことだぜ婆さんよ!


私はカレンダーの月水金に○を書いて「おべんとう」とマジックで書いた。

「いいですかお義母さん、おべんとうと書いた日は、出掛けないで鍵を開けててくださいね」

「ハイハイわかりました」

「この月水金ですからね」

「ハイハイ…今日はそうすると何日の何曜日だ?」

あーーー!そっかー!もはやその時点でかー!

10年近く会ってないダンナの妹に連絡つけて、早めに会って対策を考えなければ。


とりあえずお弁当の日は、思い出させるために朝電話をすることにしよう。



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金太郎アゲイン | トップ | 金太郎スクープ »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。