たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

まるで腕はキャンバスのように

2017年11月06日 | 日記
今日、5年生のモモカちゃんのトイレ介助をしていたら、モモカちゃんが急に辛そうな赤い顔をした。

あ、ウ○チが硬いんだ。

そして、ポロリと硬い小さいウ○チ。

こりゃ後から第二弾が出るな。

とりあえず第一弾を終わらせた。

そうして部屋にもどって私は他の子達の宿題を見ていた。

側でモモカちゃんがいつものようにピョンピョン跳ねている。

ん?

臭い…

あ!

急いでモモカちゃんをトイレに連れて行った。

紙パンツを下げると、ドバッとウ○チの大漁祭り。しかも柔らかい。

急いでモモカちゃんのウ○チだらけのお尻を拭くが、ジッとしているモモカちゃんじゃない。

アッと言う間もなくモモカちゃんの手は大漁祭りを掴む。

「あ、モモカちゃん!ダメダメ、汚いんだよ!」

と言おうがおかまいなしに茶色い大漁祭りは腕まくりをしている私の腕にネチョーっと塗ってきた!

(ヒエーッ!やめてくれ~!)

と、心で叫び、二人でウ○チまみれになりながら、やっと大漁祭りを終えた…


その後、何回も何回も腕を洗ったのは言うまでもない(涙)












この記事をはてなブックマークに追加