たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

秋に想う

2017年10月14日 | 日記
今日は学校行事があったのか、施設に来る子が少なかった。

だから職員も、今日の勤務は私とヒロキさんの二人だけだった。

天気もまずまずだし、土曜日で時間もタップリあるから、子ども達とドライブに出掛けた。

途中、公園に寄った。

走り回る子ども達。

ケンタくんは木にこだわりがあって、私の手を引っ張っり色々な木に向かって行く。

「あ、ちょっとケンタくん、手が痛いからそんなに強く引っ張らないでねぇ」

と言ってもなかなか聞いてくれない。

「ねぇねぇたかぽんさん!この木は何?」「この木の名前は?」「あの木は?」

木の名前、そんなにわからないなあ。

そういう時、決まって私は、

♪この~木なんの木気になる気になる

て歌ってごまかすのだが、教えてくれないからケンタくんは怒っている笑



秋だなあ…


きっとまた、あっという間に冬が来るんだ。


前の冬に勤務していた高齢者施設は、本当に辛かった。

もう私は高齢者施設には戻らない。


ここでできるだけ長く働いていたい。


働いていたいんだけど、私の手がどこまで持つか…

日増しに腫れていく指。

ついに右手の薬指は紫になってきた。

今はハンドルもまともに握れなくなって、三本の指で運転している。


膝の痛みも手の指と同様、骨の変形からきてるのかもしれない。

指も、膝もどこも痛くなかったら、どんなに自由に動けることか。


息子の受験がおわったら、春には手術かな。


なんとか頑張って今年の冬を乗り越えなくちゃ。


そうだ。

弱気にならずしっかりしよう。


頑張れ自分。









この記事をはてなブックマークに追加