たかぽんアフター50

オバチャンのひとりごと日記

月に願いを

2017年10月04日 | 日記
今日は朝から一日、姑の所に行っていた。

あれこれやって、さあ帰ろうと思った夕方、

ジリジリジリーン…

と電話が鳴った。

ジリジリジリーンて、姑の家の電話は黒電話である。

ちなみに姑の家の洗濯機は、二層式である。


で、電話だが、出たら予約をしていた老健の施設からだった。

予約をしていたといっても、まだ仮の予約だったので、正式な申し込みのことかなと思った。


ところがなんと、


なんとまあ、


冬の間だけ入るつもりで9月に仮予約をしたのに、うちより早く予約を入れている方々がいるし、

冬前に部屋に空きが出そうなのは一人分だけで、

ちょっとしばらく入ることができないと言う。

冬までに空きが出る予定はないとも。


さあ困った。


12月から3月まで姑を、老健施設で過ごしてもらう予定が狂った。


ケアマネさんに相談の電話を入れた。

いろいろ調べて方法を考えてみます、案ができましたら御連絡しますと言われた。

いつもありがとうケアマネさん。




夜になり、姑の家を出た。


夜空の雲の間から、時々お月さまが見え隠れ。


今夜は十五夜お月さま。



どうかどうか、いろんなことが上手くいきますように。






この記事をはてなブックマークに追加