自閉症児〝かいと〟's母のぴろぴろ観察日記。

2002年生まれのかいと君は知的障害を伴う自閉っ子。
そんな彼の毎日を観察日記で残します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

思い出に浸る前に。

2017年04月03日 | 母のつぶやき


  何か月かに一度訪れるかいと母の回想シリーズ。今日は「今日のわんこ」を見て不覚にもヤラれた(´;ω;`)ウゥゥ




  まだ子供のワンコちゃんが、春から小学生になる息子くんと一緒に散歩がてらランドセルを背負って通学路を覚える練習をしているという壮大?ストーリー。。。































  ・・・これを見て泣かずにおられまいかっ;つД`)

  8年前にランドセル背負う以外は全く同じことをアタシもやってたよぉ( ;∀;)うちの方がもっとタチ悪かったけど。。。



  「ねーかいと、なんかねー、とのがこの辺お散歩行きたいんだって~。ついて行ってあげてくれる~???」



  ホントはかいとに小学校へ行かせる気力をちょっとでも沸かせたくてついてしまったかわいいウソ。
  とのが喋れたらツッコミの嵐だっただろうけど、お互い若かったこともあり黙って(むしろ喜んで)散歩についてきたとの。
  通学路を覚えようとか安全確認のためとかでは全くなく、とにかく「まずは小学校へ行く気にさせる」「小学校へ行くことを理解させる」ためだけの散歩道。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・当時のブログを読むとこっ恥ずかしいだろうけど、多分相当必死だったんだろうなアタシ(;´・ω・)




  あのときのことはたった数秒の類似画像を見ただけで鮮明に思い出されるけど、10分後かいとを実家に送るため運転してたら、どうやら新入生らしき中1の男の子が立っていたので



  靴がやけに真っ白だし、制服がブカブカっぽいけ新入生かな~・・・・・・・・・って学校あったっけ??
  そういや、1日とかに学力テストとか何かそれっぽいのがあったような・・・かいとは支援級児だからテスト免除で教室行ったっけ?行ってない??
  いやいや、休ませるはずとかはないけ何かの形で学校は行ったと思うけど・・・何しに行ったんじゃろ・・・なーーーーんか制服着せて成長ぶりに目を潤ませたような記憶が無きにしも非ずな~みたいな???





  記憶が上手く繋がらない自分がそこにいた(。-`ω-)

  年齢を重ねると昔のことはよく覚えてるけど最近のことは・・・と言うのが、なんか自分に降りかかってきたような感じで何とも言えない敗北感(一一")
  かいとに聞いてみたところでどうせ覚えてないだろうし余計こっちの記憶が混乱するだけだから、敢えて一人で背負ってみたけど・・・やっぱり記憶があいまいで思いだせず。。。



  実家についてとのを見てると・・・・・・・・・・・・・・・やっぱりあなた様のおかげでかいとは大きくなりましたという思いで押しつぶされそう(^^;




  「履正社はね、てっくん(山田哲人選手)の応援歌を演奏してたんだよ。とーいん(大阪桐蔭)もパーフェクトヒューマンとか演奏すればいいのにね!中田選手の出身だし!」
  「大谷君はね、いま一刀流なんだよ。ピッチャーはお休みだから、二刀流は封鎖してるんだから!」
  「もぉ!せっかくヤクルト試合に勝ったんだから、もっとスポーツニュースでもつばちゃん映してあげればいいのにねぇ"(-""-)"」
  「今日からめざましの曲が変わるんだよ。スマップとかファンキーモンキーベイビーズの曲だといいなーーーヽ(^。^)ノ」





  ・・・・・・・・・・・・だからあの当時はこんなおバカ発言をするようになるとは夢にも思ってなかったんだってば
  こんなにペラペラ喋るとも思ってなかったし、返事はもとい相槌すら面倒な会話を延々されるとは全く思ってなかったんだってばぁ(´;ω;`)ウゥゥ
  ツッコむことすら面倒な話を聞くことがこんなにも苦痛だとはあの頃は本当に知らなかったんだよぉ・・・(。´・ω・)



  そんなことを考えながらも今現在願うことは何を差し置いてもただ一つ。




  早く春休みが終わってちょ!!!
  あと3日乗り超えたら待望の新学期持参物の雑巾なんて2枚でも3枚でも何なら10枚でも縫ってあげるから・・・早く学校行ってくれ
『育児』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 球春レポート~会話は現場で... | トップ | モノは言いようで腹が立つ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

母のつぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。