自遊日記

定年後の備忘録

日本一の山城 高取城跡

2016-12-10 11:10:09 | 国内旅行

 

 

壺阪寺参拝の後、高取山の頂上をめざす・・・

頂上に近ずくにつれ、次々と石垣が現れてきました。

 

 

 

 

 

 本丸に近ずくにつれ、石垣の迫力が増してきます。

石垣の長さは3600mもあるそうです。

 

 

 

高取城のありし日の姿をしのばせる画像がありました。

こんな山の上に、こんな壮大な城を築いていたとは・・・

驚きです。

 

 

 

 日本の三大山城とは、

奈良県の高取城、岡山県の松山城、岐阜県の岩村城をさすそうです。

このうち高取城は比高が一番高いそうです。

(比高とは、麓から本丸までの高低差)

比高が高いということは、それだけ攻められ難いお城という訳で

日本一の山城といわれる所以です。

 

 

 

 クマさんが本丸の場所を示してくれています。

 

 

よく見ると、木から一体で彫られていました。

 

 

 

本丸跡(標高583m)からの景観。 

 

景観もさることながら、

こんな山の上に、よくぞこんな壮大な城を築いたものだと

改めて感服しました。

建築資材をかつぎあげるだけでも、大変だったのでは?

三層の天守、小天守、27の櫓、33の門を擁する、壮大なお城だったようです。

 

 

 

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 奈良 「壺阪寺」から高取城跡へ | トップ | 高取山、下山も大変 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

国内旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。