ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

アベノミクス崩壊に総統閣下がお怒りです

2016-09-17 14:07:59 | 日記


2016年9月24日(土):RK「初秋の避暑地でドレスコード」講演会のお知らせ
richardkoshimizu's blog<< 作成日時 : 2016/08/15 09:13 >>
https://richardkoshimizu.wordpress.com/2016/09/05/2016%e5%b9%b49%e6%9c%8824%e6%97%a5rk%e8%bb%bd%e4%ba%95%e6%b2%a2%e8%ac%9b%e6%bc%94%e4%bc%9a%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/

2016.9.17RK福岡講演会にご参加、ご視聴頂き、ありがとうございました。次回は、9月22日、FACT09です!
http://ur2.link/yr9P

ベンジャミン・フルフォード×リチャード・コシミズ「FACT2016」9月講演会(9/22)

http://wonder-eyes.co.jp/products/detail.php?product_id=338


●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou



アベノミクス崩壊に総統閣下がお怒りです
https://youtu.be/9m7fQYPqRU8

*******************************************************************
【●】「私は彼女を応援しているのではなく、彼女の国籍をめぐる中傷や騒動を問題にしているのですが?」
  晴耕雨読 2016/9/15 憲法・軍備・安全保障
http://sun.ap.teacup.com/souun/20744.html#readmore

kazukazu88氏のツイートより。https://twitter.com/kazukazu881

国籍問題で蓮舫はメディア対応が失敗して事実確認や発言が二転三転したのが問題で、この問題が2週間も続くことになったと。

で、法的問題があるかと言えばないし、今後、法的問題にすれば現在日本に数十万人いる二重国籍者の排除や偏見拡大になるというのが共有されている前提でいいのでしょうか?

経済問題や人口などの日本社会の構造の問題、貧困や教育、自民党の改憲の試み、議会政治が機能するための野党再生など、議論することは山ほどあるのに、野党第1党の党首選の最大の話題が一人の候補者の違法性のない国籍問題という個人の問題に終始するのは、何なのでしょうね?

>小田嶋隆 混血のルーツを持つ人間に国籍処理の明示を求めるという差別的な言いがかりをつけた人間が無傷である一方で、言いがかりをつけられた側の人間が、その屈辱的な言いがかりに適切に対応できなかったことを謝罪しなければならない国で、われわれは毎日を暮らしている。

>直立演人 ‏蓮舫の「二重国籍」問題が連日取り沙汰されているが、なるほど、彼女は日本国籍を取得しながらも、とうの昔に喪失していたと思っていた台湾籍が見つかったところで、「ほら、やっぱり二重国籍だったんだ」という声が上がっている。では、日本人は日本政府の見解に反して台湾を国として認めてきたのか。

>直立演人 もちろん、中には台湾を日本政府の見解に反して国として認めてきた日本人も少なからずいるだろう。私とて心情的には台湾は国みたいなものだと感じてきた(今はともかく)。だからといって、そのような心情に基づいて、「(台湾は国なんだから)台湾籍を抹消しなければ二重国籍だ」はないんじゃないか。

蓮舫を「二重国籍」として糺弾したいがためだけに、日本政府は台湾を国家として承認しろと言いだしても驚かないほどだよなw

母系には日本国籍を付与しなかった当時の日本の国籍法の差別性を分かっていて、かつ現在でも明らかに現実にそぐわない日本の国籍法を根拠にして、国際カップルから生まれたことによる国籍をめぐる複雑な状況に置かれた者のみに厳密な法的手続きを求めてそれを「法の問題」とするのは厚顔無恥だろうに。

せめて平等に、全ての国会議員の候補者は国連オブザーバーも含めた全ての国家や国家に準じる統治機関に自身の国籍や市民権がないか照会するべきだ、安倍首相も含めて誰もそれをやっていないのだから現国会は即時解散すべきだという立場ならば分かる。

台湾は国連オブザーバーでさえもないのにこの扱い。

>kazu 蓮舫さんも「法」を持ち出してますが?問題は蓮舫さんが誤魔化したことと、過去の発言ですね。

彼女の発言が二転三転したことを野党第一党のリーダーとしての資質の問題と考える人がいるのは分かりますので、単にそれならばあなたが民進党党員であるなら彼女に投票しなければ良いだけでしょ?

>kazu それを言うなら、貴殿も批判している人のことは言わずに静かに蓮舫さんを応援すればいいのでは?貴殿のように一生懸命に擁護してくれている人に対して蓮舫さんはどのように思っているのでしょうか?日が昇ると昨日とは180°違うことを言う。リーダー云々ではないものです 

私は彼女を応援しているのではなく、彼女の国籍をめぐる中傷や騒動を問題にしているのですが?

野党第一党のリーダー選では、政策や与党との対決手法こそ議論されるべきなのに、彼女の国籍の問題で吹き飛んだのは日本の民主主義と議会主義の毀損でしょ

>吉方べき ‏八幡和郎、自分が追い込んで踏み絵踏ませておきながら、今度は「【二重国籍」から「二重国賊」に昇格か】」だと? 「自分の利益だけを考え、父が育った台湾を売るなんて、台湾人の敵!容赦しない!」 等の記事を嬉々としてシェア。どこまでクズなの。https://t.co/lPl3bMNxiX


★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】ベンゼンが浸み出す?放射能が漏れだす?2020東京五輪の呪いー(田中良紹氏)
★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2016 年 9 月 15 日
http://www.asyura2.com/16/senkyo212/msg/818.html



ベンゼンが浸み出す?放射能が漏れだす?2020東京五輪の呪いー(田中良紹氏)
http://www.twitlonger.com/show/n_1sp3uuh
15th Sep 2016 市村 悦延 · @hellotomhanks


豊洲新市場の土壌汚染問題で東京都は、汚染対策として敷地全体に盛り土をしたと思わせながら、

建物の地下は盛り土をせず空洞を作っていたことが明らかになった。

空洞の床には地下水と思われる水がある。

このニュースを聞いた時、頭をよぎったのは福島第一原子力発電所の汚染水問題である。

そこでは原子炉建屋に流入する地下水が炉心から溶け出した燃料と混ざり合い

高濃度の汚染水を作り出しているが、タンクに保管された汚染水はすでに置き場がなくなり、

いずれ海に放出するしかないところまできている。

豊洲では発がん性のベンゼンが地中から浸みだしてくる危険性を抑えるため

盛り土をするしかないといわれながら、東京都は空洞でも安全性は保たれると独自に判断し、

納税者に気づかれないうちに豊洲移転を急ごうとした。

何のために急いだのか。2020年東京オリンピックのためにである。

2013年、日本が東京オリンピック招致を勝ち取ったとき、

安倍総理は「放射能はアンダーコントロールされている」と発言した。

しかし現実はアンダーコントロールどころではない。

今年3月には国が400億円の税金を投入して原子炉建屋の周囲に凍土壁を作り、

増え続ける地下水の流入を防ごうとした。

ところが東京電力は今年7月、完全に凍らせることは難しいと発表した。

つまり何をやってもアンダーコントロールはできないのである。

この現実に国際社会が注目すれば、日本の「安部マリオ」は嘘つきだったことになる。

すると9月7日、外国特派員協会で会見した小泉純一郎元総理が

「安倍総理のアンダーコントロール発言はウソだ」と公式の場で安倍総理を嘘つき呼ばわりした。

この発言を聞いてフーテンには2007年の夏が甦る。

その夏の参議院選挙で惨敗した安倍総理は選挙結果を無視して続投しようとした。

そこに立ちふさがったのが二階国対委員長と小池防衛大臣の二人である。

二階氏は安倍総理の意向を無視して国会を開かせず、

小池氏は急きょ訪米して米政府首脳と会談を重ね、自分がポスト安部の本命と売り込んだ。

訪米の背後には小泉元総理の後押しがあったとフーテンは見ていた。

以来、第二次安倍政権で安倍総理は小池氏を徹底的に冷遇し、

逆に二階氏に対しては政治術を恐れるあまり厚遇した。

そして二階氏は政界ナンバー2の幹事長の座を手にする。

その二階氏はフーテンの見るところ「政界のドン」と呼ばれた金丸幹事長を意識している。

いずれ安倍総理と二階幹事長の力は逆転する可能性がある。

いずれにしても冷遇され続けた小池氏は都知事選立候補という大バクチを打って

「氷の牢獄」から外に出るきっかけを掴んだ。

しかし彼女には自民党東京都連とその背後にいる森喜朗東京五輪組織委会長との戦いがある。

現在は選挙の余韻もあり小池都知事の一挙手一投足に関心が集まり、好意的に報道されるだろうが、

都議会が始まれば様相は変わる。小池知事の前途は容易でない。

フーテンはそう思っていたが、しかしこの土壌汚染問題で自民党東京都連も反撃の狼煙を上げにくくなった。

これは石原慎太郎知事時代から猪瀬直樹、舛添要一と続く都政のゆがみを象徴する事件である。

都議会はこの時代の都知事と都庁幹部を証人喚問するぐらいの検証を行う必要がある。

その間は自民党東京都連も小池知事と足並みをそろえなければならなくなった。

しかし小池知事は同時に国際公約している2020年東京オリンピックの成功を保証しなければならない。

豊洲問題を解決しながら東京オリンピックの不透明さを明るみに出し、

経費の見直しなどで都民の支持を得てオリンピックを成功させる。並みの政治力ではできない仕事である。

しかしそれをやり切れれば小池氏には「ガラスの天井を突き破る」資格が得られるというものだ。

そのせいかどうかキャロライン・ケネディ駐日米国大使が小池都知事を表敬訪問して

東京オリンピックへの協力を申し出た。

政治力学的には多勢に無勢で劣勢の小池知事にとってアメリカの協力申し出は心強いことだろう。

それにしても前にも書いたが「東京オリンピックは呪われている」としか思えない。

当初は財政的に豊かな東京に4800億円の余剰資金があったことから

二度目のオリンピック誘致が計画され、

7000億円と言われた総予算が森東京五輪組織委会長に言わせると2兆円規模にまで膨れる見通しになった。

そうなれば利権を求めて様々な人間が様々に動き出す。

利権のためとなれば足の引っ張り合いが始まりスキャンダル合戦が頻発する。

そのためか都知事は次々に首を挿げ替えられ、国民の見えないところですべてが決まっていく。

国立競技場の建て替えも、エンブレムも不透明感があるから国民から文句が出た。

そして2020年を意識するあまり問題にじっくり取り組む姿勢がなくなる。

安倍マリオが「アンダーコントロール」と言ったから2020年まで放射能汚染をごまかしてやり過ごす案が

通ってしまう。それに税金が使われても仕方がないとあきらめる。

築地の移転も「東京の胃袋」を新たに作るという発想より、

ほとんどがオリンピックに間に合せるためにすべての作業が仕組まれ、

誰もが聞かされていない話が今頃になって浮上する。

何度も言うが日本にとって喫緊の課題は東日本大震災からの復興と

少子高齢化社会を生き抜くための制度設計に知恵を働かせることである。

それがアベノミクスや東京オリンピックというこの国の本質とは無縁の事柄に目を奪われて

本質を見失っている。東京オリンピック招致が決まってからの不祥事の連続は、

本質を見失った日本人に天が「呪い」をかけ警告を発しているのだとフーテンは考える。

★詳細はURLをクリックして下さい。
*******************************************************************
【●】 「「主権者でないはずの政府が主権者のように振る舞いがちになった。」
:氏家法雄氏」 晴耕雨読 2016/9/17 憲法・軍備・安全保障
http://sun.ap.teacup.com/souun/20756.html#readmore

https://twitter.com/ujikenorio

重要な指摘→皆の利益求める長期的な視点必要

/政治ウオッチし専制を許さず安易な行使防げ「憲法を考える:主権、この悩ましさ 東京大学准教授・小島慎司さん」『朝日新聞』2016年9月14日付 https://t.co/NbaZ8xdk7k

主権この悩ましさ=小島慎司さん:「主権を取り戻す」「主権国家にふさわしい国に」――。

改憲論議がある日本で高らかに叫ばれる「主権」をどう扱うべきか。

「自分たちの意見や決定が常に正しいわけではないという自覚を、主権者として持つべきです」

主権が使われる文脈は熱くなりがち→主権は、自分たちが決める、しかも決めたことが最終的な決定だと思わせるので、熱を帯びるのでしょう。

だからこそ、主権を持ち出す場面やイメージについて、まず共通の土台をつくり、冷静に論じる必要があります。

ルソーの物差し:特定のだれかのためだけの利害に関わることであれば、公平な一般意志の対象になりえません。

…中長期的な視点に立って国民全体の利益を考えることが、一般意志といえます。

※現在優先で将来世代を無視した政策は利己的な個別意志 

ルソーは、代議制の議会であっても主権者の意志、今でいう憲法の骨格に従って行動しなければならないと考えていました。

主権者が議会を絶えずウォッチしておかないと議会が主権者のように振る舞って主権を奪い取るという『主権の簒奪』が起きてしまう 

専横の防止と現代日本

「日本の議院内閣制が次第に、政府や議会にあたかも主権者のように振る舞わせる方向に進んでいます。もともと貴族層はいなくなり、参議院であっても政党の影響が強く、時の政権与党の力により物事を独裁的に決めやすい状況」 

専横の防止と現代日本

「主権者でないはずの政府が主権者のように振る舞いがちになった。行政府の長である安倍首相が、『私は立法府の長』と国会で発言したこともあながち偶然ではないでしょう。ルソーが懸念した主権の簒奪が起こりやすい状態」

議会制民主主義は期限付きの独裁…選挙で得た民意は大きく見えますが、政府や議会も有権者も、個別意志の集合体に過ぎないと見るのが素直です。

自分たちの意志を一般意志と勘違いしてはいけません。

主権の簒奪が起こらないよう、どんな視点で政治をウォッチすれば?

「政府内外のアクターが自立性を発揮できる、政治空間の多元性の確保が大切…(官僚・メディア・大学等)彼や彼女らの政府からの自立を支える環境作りが、市民社会には求められます」

安保法で若者が声をあげたこと

「国民が自らアクターとなり、デモ行進などの回路を使って主権が奪い取られるのを防ぐことは、彼の考えの枠組みとも合っています。安保法制を整備する政府や議会が、憲法の骨格部分に違反していないかをウォッチした」。

主権者と思えばこそ政府や議会をウォッチする気にもなるという意義は重ねて強調する必要がありますが、主権者が決めたと思われれば後戻りもできず、かといって主権者の決定が合理的になされる保証はない。

安易な主権行使の誘い水にならない賢慮も必要 

但し「主権者国民の自己決定だといえば魅力的です。でも、なぜ主権者の決定に従うのかと問われ、主権論は『主権者だから』と答えることになる」

…異なる意見に触れ、自分の考えが正しいかどうか説得し説得されつつ日常の政治過程で粘り強く探求を。


★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY

++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

**********************************************************
【●】richardkoshimizu official website
  https://richardkoshimizu.wordpress.com/  
**********************************************************
【●】旧RKブログ保存版

http://rkblog.wp.xdomain.jp/

******************************************************************
【●】過去の講演会動画
•You Tube の独立党動画 再生リスト
http://dokuritsutou.heteml.jp/douoga-gallery.html

****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6


******************************************************************
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トリクルダウンなんていうの... | トップ | 空からブタが降ってくる  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事