ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

カネかね節

2017-07-14 23:44:07 | 日記








2017年7月~9月RK講演日程 7月、大阪(済み)池袋、浦添、籠原、8月、札幌、諫早、池袋、9月池袋、倉敷!
richardkoshimizu official website
http://urx.red/EsNj

(1)リチャード・コシミズ独立党2017年7月8日(土)大阪定期講演会 USTREAM配信録画 1/2
https://youtu.be/XIA1aFK55P8



リチャード・コシミズ独立党2017年7月8日(土)大阪定期講演会 USTREAM配信録画 2/2
https://youtu.be/mRNWmflmFWI


(2)2017年7月17日(祭・月)FACT07BF・RK対談
日時:2017年7月17日19:15~
会場:東京・東池袋 あうるすぽっと会議室
住所豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F TEL.03-5391-0751
http://www.owlspot.jp/access/

(3)2017年7月22日(土)RK浦添講演会
日時:2017年7月22日(土)14:00~16:00
場所:浦添市産業振興センター・結の街
住所:沖縄県浦添市勢理客4丁目13番1号 電話:(098)870-1123(代)
交通◆バスのご利用◆
【那覇空港発】系統番号[120]
→勢理客下車 徒歩5分 料金270円
【那覇バスターミナル発】系統番号[20] [27] [28] [29] [52] [77]
→勢理客下車 徒歩5分 料金240円
参加費:RK独立党員1,000円、一般入場費2,000円

(4)2017年7月29日(土)RK籠原講演会
日時:2017年7月29日(土)14:00~
場所:シティーフィールドかごはら 新緑の間
住所:埼玉県熊谷市籠原南1-123 ℡ 048-531-2626
参加費:RK独立党員1,000円、一般入場費2,000円

(5)2017年8月5日(土)RK札幌講演会
日時:2017年8月5日(土)14:00~16:00
場所:かでる2・7 1030会議室
住所:札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル 電話番号:011-204-5100
交通:最寄りの交通機関
JR札幌駅南口:徒歩13分
地下鉄 さっぽろ駅(10番出口):徒歩9分 大通駅(2番出口):徒歩11分
西11丁目駅(4番出口):徒歩11分
JRバス北1条西7丁目(停留所):徒歩4分
中央バス北1条西7丁目(停留所):徒歩4分
公共地下歩道(地下歩行空間から北1条地下駐車場連絡口をお通りください)1番出口:徒歩4分
参加費:RK独立党員1,000円、一般入場費2,000円

(6)2017年8月19日(土)RK諫早講演会
日時:2017年8月19日14:00~
会場:諫早文化会館
住所:長崎県諫早市宇都町9-2
http://isahayaculturehall.com/


http://isahayaculturehall.com/アクセス/


参加費:RK独立党員1,000円、一般入場費2,000円



(7)2017年8月29日(火)FACT08 BF・RK対談

会場:東京・東池袋 あうるすぽっと会議室
豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
TEL.03-5391-0751/FAX.03-5391-0752
http://www.owlspot.jp/access/

(8)2017年9月10日(日)RK東池袋講演会(14:00~)

会場:東京・東池袋 あうるすぽっと会議室
豊島区東池袋4-5-2 ライズアリーナビル2F・3F
TEL.03-5391-0751/FAX.03-5391-0752
http://www.owlspot.jp/access/

参加費:RK独立党員1,000円、一般入場費2,000円

(9)2017年9月16日(土)RK倉敷講演会
日時:2017年9月16日14:00~16:00
場所:倉敷文芸館203号室
住所:倉敷市中央1-18-1
交通:JR倉敷駅から ■徒歩で約15分 ■バスで約3分 倉敷吉岡線・倉敷循環線(両備バス)、塩生線・イオンモール倉敷線(下電バス)などで、「中央二丁目倉敷芸文館」下車すぐ  ■タクシーで約3分
参加費:RK独立党員1,000円、一般入場費2,000円

以上。

●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1


添田唖蝉坊・金々節 / 土取利行(唄・演奏)
https://youtu.be/gtH6vexA68I

*******************************************************************
【●】「海外報道と国内大手メディア報道の落差は、日本会議問題でも確かにある
:山崎 雅弘氏」 晴耕雨読 2016/6/7 天皇と近代日本
http://sun.ap.teacup.com/souun/20143.html#readmore

https://twitter.com/mas__yamazaki

今日発売の雑誌『kotoba』2016年夏号(集英社)に、宗教学者の島薗進さんと私の対談記事(6ページ)が掲載されています。

タイトルは『「日本会議」と宗教ナショナリズム』で、日本会議と安倍政権の諸政策との関連や、日本会議の主張の歴史的背景についての意見を述べさせていただきました。

『kotoba』2016年夏号の島薗さんとの対談の一部が、公式サイトで読めます。http://bit.ly/1stNOtY  

7月に出る新書と島薗さん・中島岳志さんの新書も合わせて読んでいただければ、より内容が伝わるかと思います。

この対談記事に続き、樋口陽一さん・小林節さんの対談も掲載されています。

二つの記事で「天皇機関説事件が立憲政治を破壊した」という同じ論点に触れていますが、天皇機関説排撃の「暴論」がなぜ勝利できたのか、という分析が、今こそ必要でしょう。



ただ単に「日本会議を取り上げる」だけでなく「どの論点について書き」「どの側面については書くのを避けているか」にも目を向ける必要があるように思える。

エコノミストやガーディアンなどは、安倍首相と日本会議の国家神道回帰志向を関連づけて分析しているが、そこが抜け落ちた議論が日本では多い。

「安倍首相と日本会議の国家神道回帰志向との関連」は重要ではないと判断して触れないのか、それとも意図的にその部分を切り取って、残りの部分が全体であるかのように思わせたいのかは判然としないが、海外報道と国内大手メディア報道の落差は、日本会議問題でも確かにある。

その違いにも意味がある。

戦前戦中の神祇院(国家神道の中枢的機関)がGHQの指令で廃止された翌日、後継組織として誕生した神社本庁が、一新興宗教教祖の悲願を成就したいという元信者数人の個人的野心の実現に、組織をあげて全面的に奉仕する、という構図が現実にありうるのか。

本当に「そんな小さい問題」に過ぎないのか。

サミットで3日間だけ使用の建物に28億円+解体費3億円 外務省「安いと信じる」(BuzzFeed)http://bzfd.it/1X6cipu
「ダイニングでは無料で食事が提供され、取材に訪れた記者が太るほどのおもてなしがあったという」

それでも海外の記者はきっちり仕事をしていた。

東京五輪誘致の内幕露呈が示すように、日本語の「おもてなし」には、金品やそれに相応する精神的サービスで「相手をたらしこむ」という懐柔工作の婉曲語法という一面がある。

サミットで外国人記者に「おもてなし」しても、外国人記者は「サミットを政治利用する安倍首相の意図」を遠慮会釈なく書いた。

「おもてなし」であっさり懐柔されて「外国首脳を伊勢神宮に連れていく安倍首相」や「サミットのドサクサで伊勢神宮参拝する安倍首相」と日本会議や神道政治連盟の政治的利益との関連など、首相に不都合な政治的側面には触れない日本の記者は、職業的倫理をあまり高いところに置いていないのかと思う。

伊勢志摩サミット 総括 海外メディア(毎日)http://bit.ly/1PcwTRs  

海外メディアであれほど報じられた「首相がG7サミットを国家神道の宣伝等に政治利用した問題」について、毎日新聞の「総括」は完全に無視している。



>小島慶子 会社員だったころ、私は会議でしょっちゅう発言するので、空気の読めないやつだと思われていました(^_^) あなたの会社の暴君を会議で黙らせる方法 | 小島慶子のDUALな本音 | 日経DUALhttps://t.co/RDxzQ3nx0W

「暴君がエリートを黙らせるのは、面白いショーかもしれません。でも、暴君はあなたの味方ではありません。暴言ショーであなたを密かに震え上がらせ、自分は罵倒される側ではなく、する側なのだと思い込ませることで、思い通りにしようとしている」

>集英社新書編集部 ‏7月刊新書『日本会議 戦前回帰への情念』の著者・山崎雅弘さんと、東京大学名誉教授・島薗進先生の対談記事「『日本会議』と宗教ナショナリズム」が、本日発売の季刊誌『kotoba』に掲載されています。試し読みはこちらから!→https://t.co/9isiZGdFmU

>雪之丞 #日本会議その狙いとルーツ 週刊プレイボーイ6/13号。宗教学者島薗進氏と憲法学者小林節氏が、改憲賛同署名1千万人運動を神社本庁を中心に進める、今話題の日本会議について対談。島薗氏は安倍首相がG7首脳を伊勢神宮に招いたことに注目。

⑧>casuob 週プレの日本会議について小林節×島薗進対談。日本会議を支える新宗教の多くが、既存宗教が戦前・戦中の国家神道へと組み込まれていった流れの中で登場し、宗教弾圧の対象にならなかったとの指摘。彼らが戦前の体制に強い抵抗感を持たない一因として宗教弾圧の経験のなさに着目する視点、なるほど。

>伊波 洋一 海兵隊オスプレイの騒音や振動への住民苦情増加で飛行訓練時の飛行経路や高度を調査し、飛行経路の変更等の是正措置の検討を義務付ける条項が下院の米国防権限法案に盛り込まれ、5月18日に下院下院本会議で可決された。沖縄は全部違反だろう 。https://t.co/W5Rs5jquzf

★詳細はURLをクリックして下さい。
********************************************************************
【●】刑事告発国有地不正廉売が森友疑惑核心だ
植草一秀の『知られざる真実』2017年7月13日 (木)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-ec5b.html


7月13日、全国の弁護士や学者などの246人が、学校法人「森友学園」への国有地売却について、当時の担当者などを「背任」ならびに「証拠隠滅」の罪で刑事告発した。


NHKは次のように伝えている。


「森友学園」国有地売却 当時の国の担当者らを弁護士などが告発


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170713/k10011057291000.html


学校法人「森友学園」への国有地の売却をめぐり、全国の弁護士など200人余りが「当時の近畿財務局長などが土地を安く売って国に損害を与えたうえ、役所の職員が売買の交渉記録を廃棄した」などとして、背任と証拠隠滅の疑いで大阪地検特捜部に告発状を提出しました。


告発状を出したのは、全国の弁護士や学者など246人で作るグループで、13日は、代表の弁護士が大阪地検特捜部を訪れ告発状を手渡しました。


大阪・豊中市の国有地が鑑定価格よりも8億円余り安く森友学園に売却された問題で、交渉にあたった近畿財務局は「地下9.9メートルまでゴミが埋まっていると考え、撤去費用を差し引いた」と説明しています。


これについて、告発状では「国の担当者は事前の調査などからそれほどのゴミはないと認識していたはずだ」としたうえで、「安倍総理大臣の妻の昭恵氏が開校予定の小学校の名誉校長だったこともあり、撤去費用を過大に見積もった」としています。


そして、当時の近畿財務局長や国有財産管理官など7人が国有地を不当に安く売って国に損害を与えた背任の疑いがあるほか、役所の職員が背任の証拠になる交渉の記録を意図的に廃棄した証拠隠滅の疑いがあるとしています。


グループのメンバーの阪口徳雄弁護士は「特捜部には政治家や官僚の犯罪を摘発してほしいと国民が期待している。学園の前の理事長の詐欺事件だけで捜査を終わらせてはならない」と話しています。

人気ブログランキングへ

大阪地検特捜部は森友学園や同学園の元理事長である籠池泰典氏に対して、補助金を不正に受領した疑いがあるとして強制捜査に乗り出しているが、捜査するべき方向がまったく間違っている。


森友学園の補助金受領に不正があるなら、それは正すべきだろう。


それはそれで行動すればよい。


しかし、2月以来、国会で大きく取り上げられてきた「森友事案」の本質は、森友学園の補助金不正受領ではない。


政府が森友学園に対して、国有地を不正に低い価格で払い下げた疑いがあることが問題の本質だ。


森友学園が新設しようとしていた小学校の名誉校長に安倍首相夫人である安倍昭恵氏が就任した。


安倍昭恵氏は、安倍氏付の国家公務員を通じて財務省に折衝した。


その結果、財務省が異例の対応を示し、森友学園は激安価格で小学校建設用地となる国有地を払い下げられた。


時価が10億円を下回ることがないと見られる国有地が、わずか1億3400万円という激安価格で払い下げられた。


財政法は第9条に、


「国の財産は、法律に基く場合を除く外、これを交換しその他支払手段として使用し、又は適正な対価なくしてこれを譲渡し若しくは貸し付けてはならない。」


と定めている。


国による森友学園に対する国有地払い下げは、


「適正な対価なくしてこれを譲渡し」


たものである疑いが濃厚であり、財政法違反容疑が浮上している。


国の行政機構の職員=公務員が安倍首相の意向を「忖度」したのはどうかは瑣末な事項である。


公務員が行政機構の長である内閣総理大臣の意向を尊重するのは、当然と言えば当然のことである。


「忖度」が問題なのではない。


問題は、公務員が行政事務において、


「公平・公正」


という基準を守ったのかどうかである。


日本国憲法第15条は


「すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。」


と定めている。


安倍首相の意向を尊重することはあって構わないが、憲法に反することは許されない。


森友学園に対する国有地払い下げは、憲法に違反し、財政法に違反する、違法行為であった疑いが極めて強い。


8億2000万円値引きの根拠は、地下埋設物撤去の費用だとしたが、この費用を計上するべき地下埋設物は存在しない疑いが濃厚なのである。


★詳細はURLをクリックして下さい。

*

******************************************************************
【●】「政治家が腐敗しているだけでは「腐敗国家」にはならない。
:山崎 雅弘氏」 晴耕雨読 2016/6/5 憲法・軍備・安全保障
http://sun.ap.teacup.com/souun/20129.html#readmore


https://twitter.com/mas__yamazaki

ドナルド・トランプが大統領になったら大変なことになる、と危惧する声をよく見るが、意外とそうはならないかもしれないとも思う。

オバマも候補者時代「チェンジ」「イエスウィーキャン」を連呼して、あたかも米国の政治システムが根底から変わるような幻想を振りまいたが、結局何がどう変わったのか。

戦史・紛争史の観点から言えば、公約だったアフガニスタンからの米軍の完全撤退は結局延期されたし、対テロ戦争という戦争政策の大きな枠組みや、ムスリムの人権侵害なども解消されていない。


NSAの個人情報窃取や大勢の市民を巻き添えで殺す無人機攻撃は、前任者よりオバマ政権時代の方が拡大した。

先日の広島でのオバマ大統領の演説も、米政府の戦争政策や対外政策に修正を強いるような内容は一つもなかったと思う。

漠然とした理想が語られただけで、戦争遂行上の優先順位の入れ替えは何もない。

トランプ氏が大統領になっても、候補者時代の発言とは異なる現実的な「前例踏襲」になる可能性がある。

広島でのオバマ大統領の演説には「明るく晴れ渡った朝、空から死神(デス)が舞い降り」という一節があったが、いきなり空から落ちてきた米軍無人機のミサイルで死んだパキスタンの市民やその遺族のことは脳裏をよぎらなかったのか。

核の問題は重要だが、核兵器だけ特別視して考えるのも疑問だと思う。

>マガジン9 オバマ大統領が用いたレトリック、それは日本人が戦争に正面から向き合うことを避けるため発明した欺瞞そのものだからである。→オバマ大統領の広島訪問を手放しで喜べない理由│映画作家・想田和弘の「観察する日々」 | マガジン9 #maga9 https://t.co/FBJYJiVRav首相、外遊40回で経費87億円(共同)http://bit.ly/1UBlWNs

「(答弁書では)同行者の人数や宿舎費の抑制などで節約に努め、経費は『適正』だったとした」

それが適正な支出かどうか判断するのは「当人」じゃない。

こういう時にはなぜか「第三者の厳しい目で精査」しない。

ファーストクラス 衆院が一部解禁 海外出張、正副議長と同行時(東京)http://bit.ly/1t7zTdL  

民主党政権時代に見直された「公費を使った贅沢」を、安倍政権下で「元へ戻す」という。

こういう時には「財源不足」という言葉は出てこない。

絵に描いたような腐敗国家の症例。

政治家が腐敗しているだけでは「腐敗国家」にはならない。

新聞テレビなどのメディア、警察、司法などが一緒に腐敗して初めて、国全体の腐敗が同時進行する。

「メディアの萎縮」などと、あたかもメディアが被害者のように語られるが、強制もないのに主体的判断で腐敗に加担しているなら「共犯」だろう。

先日、神奈川新聞の記者さんが送って下さった、今年の憲法記念日の同紙。

「萎縮する必要はない」「配慮すれば言論歪む」。

将来、平成史を振り返る書物で、この紙面の画像と共に「地方紙はこのように警鐘を鳴らした。だが…」と書かれるかもしれない。



>清水 潔 ‏報道記者が取材相手に「こいつビビってるな」と見ぬかれたそこで負け。特に権力者は記者の足元を見る。報道が忖度の「そ」の字でも見せたら徹底的にそこを突き傷口を広げてくる。だから一歩も引いてはいけない。それこそがジャーナリズムの重責。

>清水 潔 ‏かつて閣僚は一度の嘘の発覚で辞任した。それがどうだ?今や平気で嘘を並べ、公約は果たさず、隠して事を推し進める。その原因のひとつは政治報道が機能を停止し、国民に事実やその意味、悪質性がまるで伝わらないから。政治家は有権者にバレなきゃもう何も怖くない。これでは民主主義は崩壊する。

>『報ステ』古舘伊知郎“最後の一刺し”がギャラクシー賞を受賞! 安倍とヒトラーの類似性をドイツ取材で証明https://t.co/MZoCRfW9bR

>報ステ、国谷のギャラクシー賞受賞でネトウヨ=安倍応援団が「偏向報道大賞」と攻撃! その権力の犬ぶりに絶句https://t.co/FgTDv9lZRp

>田崎 基(神奈川新聞 記者) 入魂の記事。紙の新聞では一面トップ掲載です! こうした行動に対し、私たちの社会が取る姿勢が問われている。神奈川県警の対応もまた、注視が必要だ。 【神奈川新聞】ヘイト道路使用許可 あす5日デモ、対応注目 県警と県公安委https://t.co/kalTWM0P7t

★詳細はURLをクリックして下さい


*******************************************************************
【●】「首相とメディア:孫崎 享氏」
 晴耕雨読 2016/6/5 憲法・軍備・安全保障
http://sun.ap.teacup.com/souun/20131.html#readmore


https://twitter.com/magosaki_ukeru

首相とメディア

権力者の饗応受けるのはそれだけで、批判を職務とするジャーナリストとして失格と言う意識を日本の大手メディアの人々は何故持てないのか。

米国は厳しい内部規則で高額の食事を受けることは禁止。

情報源に近づくは口実。

実態は飼いならされる。


6月2日首相動静。

「京橋の日本料理店、石川一郎・BSジャパン社長付、小田尚・読売新聞論説主幹、粕谷賢之・日本テレビメディア戦略局長、島田敏男・NHK解説副委員長、曽我豪・朝日新聞編集委員、田崎史郎・時事通信特別解説委員、山田孝男・毎日新聞特別編集委員と食事」

朝日、毎日位,矜持を持って断ってよ。

メディア:大手メディア記者「大手メディアの本質は、政府、官庁の代弁機関。読売、産経はストレートに伝える。朝日、毎日は”。。。と政府は言っているが疑問の余地がないだろうか”と修辞句を最後につけて仕上がりの違いだけ。入社一年目から権力の意向を伝える訓練をされてきている」

『21世紀の戦争と平和』

「多くの日本人には驚きでしょうが、米国は厳密な意味で、安保条約上、日本を防衛する義務は負っていません。極めて巧妙に作ってあります」https://t.co/kGePrGfeDO

旧安保条約作成の米側責任者ダレスは「米国は日本を守る義務を持ってない」と明言。

新安保第五条「日本国の施政下の領域への武力攻撃時、自国憲法に従い行動する」。

米国憲法第一条議会の権限で「戦争を宣言し」。

戦争宣言の権限は大統領にはなく、議会。

従って日米安保条約は「米国議会がOK時、戦争します」と言っているにすぎない。

具体的ケース、2015年10月「20日NHK4か国(日米中韓)世論調査“尖閣諸島を巡り日中が軍事衝突した場合、米国の軍派遣への賛否で、アメリカで六四%が反対”。米国は尖閣諸島で軍事に参加しない。そのことは安保条約違反ではない。「憲法に従い行動」、交戦権は議会権限。米軍が参加してくれると思い込む日本の甘さ。」

他方、NATO条約五条「武力攻撃時、各締約国が、安全を回復するために必要な行動(兵力の使用を含む。)を直ちに執る」。

日米安保条約の「憲法上に従つて行動する」とは、大きく異なる。


★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

You Tube の独立党動画 再生リスト
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%BA


《独立党トップページ》
http://
dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6

******************************************************************
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本の北の某国化は目の前。 | トップ | エーゲ海の真珠 ポール・モー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。