ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

安倍晋三6/19会見[Q&A] 10ポイント近く支持率を落としたと問われ「必ずしも国民的な理解を得ることは出来ていない」

2017-06-19 23:55:47 | 日記







6月以降のRK講演ですが、

richardkoshimizu official website
http://urx.red/DYAl


2017年6月24日(土)RK博多講演会

日時:2017.6.24 14:00~
会場:リファレンス 駅東ビル 7F C会議室
http://www.re-rental.com/ekihigashi/detail-c.html
アクセス:http://www.re-rental.com/ekihigashi/access/



尚、7月8日、大阪定期、7月17日、FACT07、7月22日、 那覇、8月5日、札幌も予定しています。


●同時生中継
USTREAM 独立党TV【ネット中継環境に無い時はご容赦のほど】 
http://www.ustream.tv/channel/dokuritsutou

c:rkdokuritsutou1さんのライブ
http://twitcasting.tv/c:rkdokuritsutou1



加計文書追加調査 与野党が議論
https://youtu.be/2wsbw6dwifA


安倍晋三6/19会見[Q&A] 10ポイント近く支持率を落としたと問われ「必ずしも国民的な理解を得ることは出来ていない」https://youtu.be/4n7vREGG3fg


*******************************************************************
【●】 追及記者に「出入り禁止」や「取材拒否」の制裁! 
★阿修羅♪ >投稿者 赤かぶ 日時 2017 年 6 月 19 日
  http://www.asyura2.com/17/senkyo227/msg/653.html



追及記者に「出入り禁止」や「取材拒否」の制裁!
http://79516147.at.webry.info/201706/article_189.html
2017/06/18 22:59 半歩前へⅡ


▼追及記者に「出入り禁止」や「取材拒否」の制裁!


 伊藤千寿さんの「望月衣塑子さんの記者魂、その3完」を転載する。伊藤さんは記者を堕落させている要因の一つは、権力となれ合いの「記者クラブ制度」にあると指摘。

 そうした中で、権力と対峙し、疑惑を追及し続ける東京新聞社会部の望月衣塑子記者を高く評価した。

*******************
 
 政府の記者会見の映像をテレビで見てやきもきする人は多いと思います。記者がメモするだけで質問しない。質問しても国民の立場や視点に立っていない。政府側の言うことをそのまま垂れ流すだけじゃないか…など。

 政治部や経済部では、とかくそうなりがちです。政治家とマスコミが癒着しているように見えます。では、なぜ、そうなるのでしょうか。

 悪の根源は、世界にも希な日本の記者クラブ制度にあります。政府や役所の中に記者クラブという組織があり、そこに主要な通信・新聞・テレビの担当記者が常駐しています。

 役所側にとっては、この部屋に行って発表すれば各社が報道してくれます。マスコミ側にとってみれば、ここに担当者を置いていれば苦労せずともニュースは向こうから跳び込んできます。つまりお互いに便利なのです。両者の利害が一致していれば。

 しかし、政治の世界では往々にして政治家は事実を隠そうとし、記者は事実を知ろうとします。利害は相反します。本来のジャーナリズムなら、記者は政治家を問い詰めるのが当たり前です。しかし、今の日本ではどうでしょうか。

 政治家が嫌がる質問をすれば、政治家は質問をした記者にあとで嫌がらせをします。その記者を出入り禁止にしたり取材を拒否したりするのです。

 そうなると取材できなくなります。他の新聞には記事が出るのに、自分はその情報を知らない。すると社内で無能呼ばわりされます。このため記者は権力者にとって都合の悪い質問はしなくなります。それが慣例化しました。

 本来ならすべての記者が一斉に権力者を問い詰めればいいのですが、今やあからさまに政権にすりよる御用マスコミの記者たちが政治家の側につくので、記者側の団結ができないのです。

 今回も、望月さんの行動に対して他社の記者たちは東京新聞の政治部の記者に苦情を言ったということです。こんなやつらが日本のジャーナリズムを腐らせているのです。

 こうしたひどい環境ですが、それでも、骨のある記者は望月さんだけではありません。今、朝日新聞で評判の高いコラムを執筆している政治部の高橋純子記者は、かつて森喜朗首相の担当でした。

 あまりに森首相を厳しく問い詰めるので取材を拒否されました。このときは朝日新聞の政治部の記者が総がかりで応援して取材したデータを彼女に渡しました。社内での連係プレーがあったから生き残れたのです。

 そういえば望月さんと高橋さんは、感じがよく似てますね。二人とも見るからに凛としています。

 海外では大統領の会見でさえ当たり前のように記者が厳しく問い詰めます。トランプ大統領に食い下がったCNNの記者が話題になりましたが、あれは海外の記者会見ではごく普通に見られる光景です。

 僕も特派員で海外に出たとき、大統領や権力者を前にして対等の立場で問い詰める記者たちの姿を見て、これが世界のジャーナリズムの常識なのだと知りました。日本の今の報道界があまりに権力べったりで世界の非常識なのです。見せかけだけの報道である亜報道、いえ阿呆道です。

 本当は記者クラブの制度を変えるのが一番です。

 でも、今の制度でも役人を追い詰めることができることを白日の下に知らしめた点で、望月記者の功績は大きい。望月さんの行動を見て発奮した現役の記者は多いでしょう。

 これでジャーナリズムを目指そうと考えた学生もいるでしょう。望月さんが果たした役割は本人が思っているより大きいのではないでしょうか。

 これが日本のジャーナリズムを「闘うジャーナリズム」に変えるきっかけにもなってほしいと僕は思います。最後に、望月衣塑子記者にもう一度、心からの拍手を送ります。

★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】権力私物化を許さない!6.21院内緊急市民集会
植草一秀の『知られざる真実』2017年6月19日 (月)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2017/06/621-e5ee.html


各社の世論調査で内閣支持率の急落が伝えられている。


世論調査そのものに問題があり、世論調査の数値そのものは実態と乖離していると考えられるが、調査における時系列での変化には実態を反映する部分があると思われる。


時系列の変化で見ると、各社調査の内閣支持率が急落している。


森友・加計・山口の「アベ友三兄弟」疑惑が噴出し、安倍首相が


「かかわっていたなら総理大臣も議員も辞職する」


と明言したにもかかわらず、安倍首相は真相を明らかにすることなく、


「逃げの一手」


で対応している。


主権者国民はこれらの問題についての政府の説明を納得しておらず、


安倍政権の行動に問題があると判断している。


また、共謀罪創設については、


組織犯罪集団の定義や犯罪準備行為の定義があいまいであることが国会審議で露呈し、


罪刑法定主義


の観点からも、法律の細目を十分に確認しなければならないところ、


安倍政権与党は、参議院での審議を打ち切って、委員会採決も行わずに本会議で法律の採決を強行するという暴挙に出た。


議会制民主主義そのものを否定する民主主義の破壊行為である。


内閣支持率が急落するのは当たり前のことだ。


それでも、これまではメディアが、安倍政権のこうした暴走行為直後の世論調査で、調査計数を改ざんして、内閣支持率が上昇したかのような


虚偽情報


を公開していたが、今回は、そのメディアが支持率急落を伝えている。


実態の内閣支持率下落が大幅すぎて、数値を改ざんしても、なお支持率急落ということになったのかもしれない。


共謀罪の審議は未了であり、アベ友三兄弟疑惑は、何も解明されていない。


通常国会は会期末を迎えてしまったが、国会は閉会中審査を行うべきである。


森友疑惑も加計疑惑も政治腐敗の典型事例であり、このような政治腐敗、政治私物化を放置してよいわけがない。


森友疑惑については、すでに主権者が刑事告発をしており、刑事責任が明らかにされる必要があるが、日本の場合、


警察・検察・裁判所


という司法関連機関も腐敗してしまっているため、これらの機関が適正な行動を示す保証がない。


警察・検察は


犯罪が存在するのに、これを無罪放免とする裁量権と





犯罪が存在しないのに、冤罪を捏造して無実の人間を犯罪者に仕立て上げる裁量権


を有している。


これを用いて、政治的な敵対者に対する人物破壊工作を展開してきた経緯を有する。


また、裁判所は「法の番人」としてではなく、「行政権力=政治権力の番人」としての行動を示してきた。


「忖度裁判所」


としての性格を強く有している。


したがって、裁判において、「法と正義」に基づく判断が示される可能性は極めて低くなっている。


このような現実はあるが、だからと言って市民が「泣き寝入り」していたのでは、政権の横暴はさらに拡大の一途をたどるばかりだろう。


6月21日(水)午後4時より、参議院議員会館講堂において、


森友・加計問題の幕引きを許すな!
国家権力の私物化を許さない!
安倍やめろ!!緊急市民集会


が開催される。


http://www.labornetjp.org/EventItem/1497083691482matuzawa


https://www.facebook.com/events/1053411224791826/


主催は、森友告発プロジェクト


資料代500円となっている。


私もスピーチを依頼されており、一言発言をさせていただくが、政治の不正、政治の私物化に対して、主権者国民が言うべきを言い、行動すべきを行動することなくして、現実の刷新は進まない。


森友疑惑において、絶対に必要不可欠なことは、


安倍昭恵氏に説明責任を果たさせることだ。


国会がこれをスルーしていることがおかしい。


安倍昭恵氏がかかわっていたことは明白である。


この事実が確認されれば、安倍首相は首相と議員を辞任しなければならなくなる。


この点を追求することがまずは肝要である。


★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】 36% - もうひとりのガリレオ
平成海援隊Discussion BBS政治議論室
http://www3.rocketbbs.com/731/bbs.cgi?id=liberal7&mode=res&no=25868

<毎日新聞調査>内閣支持36% 前回から10ポイント下落

 毎日新聞は17、18両日、全国世論調査を実施した。安倍内閣の支持率は36%で、5月の前回調査から10ポイント下落。不支持率は44%で同9ポイント上昇した。不支持率が支持率を上回ったのは2015年10月以来。学校法人「加計(かけ)学園」の問題や、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法への批判が影響したとみられる。

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める加計学園が国家戦略特区を利用して獣医学部を新設する計画を巡っては、早期開学が「総理のご意向」と記述された文書が見つかり、文部科学省が再調査で存在を認めた。しかし、政府は計画に首相の意向が働いたことは否定している。

 今回調査で、これまでの政府の説明に「納得していない」は74%を占めた。「納得している」は10%。内閣支持層も59%が「納得していない」と答えた。政府が獣医学部新設を認めた経緯について、国会の閉会中も衆参両院の予算委員会などで「検証すべきだ」は59%で、「検証する必要はない」の26%を上回った。

 組織的な犯罪集団が犯罪を計画、準備した段階で処罰できるようにする改正組織犯罪処罰法は、一方で一般の人も捜査対象になる懸念が指摘されている。改正法に「反対」は47%、「賛成」は32%だった。

 自民、公明両党は改正法を参院法務委員会で採決しない「中間報告」という方法で参院本会議にかけ、15日に可決、成立させた。改正法が「十分に審議されていない」は69%に上り、「十分に審議された」は12%にとどまった。改正法に賛成する層でも6割弱が審議不十分と考えている。

 12年12月の第2次安倍内閣発足後、支持率が10ポイント以上、下がったのは初めて。集団的自衛権の行使を容認する安全保障関連法を巡って世論の賛否が分かれていた15年7月から10月にかけて、不支持率が支持率を上回っていた。

 主な政党支持率は、自民27%▽民進8%▽公明3%▽共産4%▽日本維新の会2%--など。「支持政党はない」と答えた無党派層は47%だった。【毎日新聞】
===============================================================

毎日新聞の世論調査の結果が出ました。
内閣支持率36% 前回から10ポイント下落と言う数字は私の予想以上の下落です。(私の予想では40%代前半かと思っていました。)
ようやく国民も安倍内閣の正体に気が付いたということでしょう。
毎日新聞は支持率下落の原因として学校法人「加計(かけ)学園」の問題や、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法への批判が影響していると分析していますが、これはかなり政権にとっては痛手でないでしょうか?
通常国会後半戦の政府与党が推し進めた政策が国民の多くに批判的に受け止められたことは安倍内閣の将来に決して良いことではないでしょう。

===============================================================
萩生田氏「難癖だ」 野党は閉会中の審議要求 加計問題

通常国会が閉幕した18日、民進党など野党4党は、安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」問題で関係者の証人喚問や閉会中の審議を改めて要求。政権側はこれを拒みつつ、「難癖」などと野党批判を展開した。

民進党の蓮舫代表は東京都内で行った街頭演説で、「共謀罪」法成立をめぐる与党の手法を「大臣の答弁がどんなにいい加減でもサッサと強行採決」と糾弾したうえで、加計学園問題について「疑惑はどんどん深まった」と指摘。「参院予算委員会(での審議)はわずか3時間。衆院では開かない。今、国会を閉じて野党に議論の場所を与えない判断は、本当に正しいのか」と訴えた。

 これに先立つNHKの番組では、野党4党が閉会中の予算委集中審議と、前川喜平・前文部科学事務次官らの証人喚問を求めた。共産の小池晃書記局長は「前川さんの証人喚問が真相を一番明らかにする確かなやり方だ」と語った。これに対し、自民の下村博文幹事長代行は「前川さんが辞めた後に、ああだこうだと言うのはひきょうな話。すでに色んなところで(考えを)発しているから、いまさら国会で聞くようなことではない」。記者団には閉会中の審議について「今の段階でやることは、(党の)国会対策委員会も考えていない」と述べた。

 文科省の再調査で関与が取りざたされている萩生田光一官房副長官は都内での街頭演説で「私が行政をゆがめたことは全くない」と説明。「都議選の前に党都連役員の私に少しでもダメージがあれば、自民党にダメージを与えることができるという政局で、難癖をつけられている」と不満をあらわにした。萩生田氏の後にマイクを握った下村氏も「自民に対するマイナスイメージをつくろうという野党の魂胆としか思えない」と同調した。(朝日新聞)
===============================================================

同日の朝日新聞の記事です。
国会は閉幕し、政治は事実上都議選へと突入しているわけですが、毎日の調査で分かるように加計学園の問題についてこれまでの政府の説明に「納得していない」が74%に上る中で、問題の説明を求める野党の姿勢を難癖だと批判したところで政権には何か得られるものがあるのでしょうか?
私にはそのような発言をすればするほど国民からの反発を招くだけではないかと思えるのです。
萩生田さんや下村さんには野党の後ろにいる国民の姿が見えなくなっているのかもしれませんね。

内閣支持率が36%という事ですが、支持率が30%を割ると内閣は危険水域に入るともいわれています。
政策のみならず、内閣の信頼が失われなければ一気に10ポイントの支持率下落はないのではないかと私は考えるものです。

報道によれば、内閣改造なども取りざたされているようですが安倍内閣が支持率を戻す方策はあるでしょうか?
私には内閣支持率を回復する手立てはないのではないかと思えるのです。


[No.25868] 2017/06/18(Sun) 22:18:55

★詳細はURLをクリックして下さい。



********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

You Tube の独立党動画 再生リスト
https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%82%B7%E3%83%9F%E3%82%BA


《独立党トップページ》
http://
dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6

******************************************************************
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自由党・山本太郎 共同代表×... | トップ | 大竹まこと×室井佑月:共謀罪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。