ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

川内原発再稼働 BRICS パレスチナの関係性

2014-11-12 23:22:36 | 日記



2014年11月15日(土)RK東京蒲田「いわくつき」講演会のお知らせ

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201410/article_208.html

日時:2014年11月15日(土) 14:30~16:30(会場の都合により30分刻みになりました)

場所:東京都大田区南蒲田1-20-20 大田区産業プラザPiO 3階 特別会議室

http://www.pio-ota.net/facilities-index/

交通アクセス:京浜急行「京急蒲田駅」より徒歩約3分  JR京浜東北線・東急池上・多摩川線「蒲田駅」より徒歩約13分

http://www.pio-ota.net/access/

テーマ:「海苔漁師のせがれ」。


川内原発再稼働 BRICS パレスチナの関係性
http://youtu.be/LHTmHF9SkkM


*******************************************************************
【●】脳まで歪んでんのかこのひょっとこ
ネットゲリラ>>>野次馬 (2014年11月 7日 15:06)
http://my.shadowcity.jp/2014/11/post-5974.html


財務省にキンタマ握られた政治家リストには、アスホール、タニガッキー、ゲル、と、まぁ、いくらでもいるんだが、政治資金とかスネに傷持っていると、税務署コワイコワイヒーで、財務省には逆らえない、と、そうい事ですか? 役人とサラリーマンは税務署が怖くない。明朗会計w それ以外のショーバイの方は、皆さん、税務署が怖い。国民の審判より、税務調査が怖い。まぁ、世の中、そんなもんだw


麻生財務相が消費税判断を明言、「予定通り上げたほうが良い」
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKBN0IR01820141107

政府・与党内でも慎重論が広がる再増税について、麻生財務相は、最終判断の焦点の7─9月期の経済情勢は天候要因で7月、8月は下振れしたことは間違いないとしながらも、「9月、10月、11月と数字は間違いなく上がっている」と指摘。さらに「来年度の景気が今年より悪くなるとみる人は、学者・経営者含めて、一人もいない」とし、「予定通り上げていったほうが良い」と述べた。

法律に触れるような悪い事をしてなければ、警察は怖くない。でも、税務署はどこにでも難癖付けてくるので、警察より怖い。コレ、商売やってるヒトだったら、みんな同意してくれると思うw もうね、金持ちは税務署コワイコワイヒーなので、貧乏人集めて国会議員にした方がいいよ。どうせ議員にカネ注ぎ込むんだから、生活保護者でなければ国会議員になれないよにすればいいw ナマポだったら、財務省も税務署も怖くないだろうw

【俺たちの】 麻生財務相「消費税は予定通り上げろ。来年度の景気は悪くなると言う人は一人もいない」、というわけで、例によって2ちゃんねるでは無責任なネットすずめたちがピーチク騒いでおります。ニュース速報板からです。
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1415326109/

★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】12月14日総選挙争点は原発・戦争・格差だ   植草一秀の『知られざる真実』2014年11月12日 (水)
   http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/11/1214-6b40.html

10月22日付ブログ記事


「日本経済が「奈落」に転落しないための条件」


http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-939a.html


に記述したように、新著


『日本の奈落』(ビジネス社)


http://goo.gl/48NaoQ


_は、日本経済が「奈落」に転落しないための処方箋を示した書である。


本日付の日本経済新聞に広告が掲載されているのでご参照賜りたい。


昨日付記事に記述したが、


11月19日解散


12月14日投開票


の日程で総選挙が実施される見通しが固まりつつある。


当初の年内解散のシナリオは、プーチン大統領来日、拉致被害者帰国実現によって政権支持率を高めたタイミングでの解散・総選挙であり、このケースでは選挙後に増税決定が予定されていた。


ところが、プーチン大統領来日と拉致被害者帰国の両方が実現せず、シナリオ修正が必要になった。


そこで、消費税増税先送りを武器に解散・総選挙を実施するシナリオが描かれたのである。


野党の総選挙対応が進まぬうちに先手必勝で勝利を得ようとするものである。


このために、消費税再増税の先送りが決定される可能性が高まった。


これを反映して株価が急騰している。


日経平均株価はどこまで上昇するか。


その解答は拙著のなかに記してある。


背景はともかく、消費税再増税を先送りすることは適正であり、この政策判断によって、日本経済は非常に大きな恩恵を受けることになる。


しかし、これを安倍政権の「功績」とすることは正しくない。


もともと正当性のない消費税増税を推進してきたことに問題があるのであって、この間違った増税を先送りするからといって、評価されるものではないからだ。


安倍政権は増税先送りを安倍政権の「手柄」であるかのようにアピールして総選挙に臨む可能性があるが、これを「盗人猛々しい」という。


正当性がまったくない消費税再増税を前面に掲げてきたことが大きな間違いだったのであり、その間違いを正すという以上の意味はない。


それでも、


「過ちて改むるに憚る勿れ」


の言葉もあるから、間違った消費税再増税を先送りする決断をするなら、それはそれで正しい行動ではある。

2年前の11月16日に衆議院が解散された。投開票日は12月16日だった。


安倍晋三氏は柳の下の二匹目のどじょうを狙っている。


そうは問屋が卸すかどうか。


カギを握るのは主権者の判断と行動である。


総選挙の争点は、


原発・戦争・格差


である。


1.日本が地震・火山噴火活動期に入ったなかで原発の再稼働を推進するのかどうか。


2.米国が創作する戦争に日本が積極参加することを推進するのかどうか。


3.派遣労働をさらに拡大し、日本をさらに深刻な格差社会に転落させるのかどうか。


この三点を争点に総選挙を行うべきである。


野党陣営の再編が進んでいないが、政党に委ねていては埒が明かない。


主権者が主導するべきである。


当選させるべきでないのは、安倍政権与党候補と悪徳民主党候補である。


全国300の選挙区で、主権者がただ一人の主権者勢力候補を定めて、この候補者に投票を一本化する。


党派を限定する必要はない。


上記の三争点についての公約が判断のカギである。


主権者勢力で複数候補が立候補する可能性がある場合には、主権者が候補者の一本化を誘導するべきである。


政党に委ねると政党エゴが前面に出るから、主権者が候補者調整を主導するべきである。


原発・戦争・格差


を争点に総選挙が行われるなら、安倍政権が楽勝するというわけにはいかなくなるはずだ。
 

★詳細はURLをクリックして下さい。









*******************************************************************
【●】「自国を礼賛する本やテレビ番組の弊害について
:山崎 雅弘氏」 晴耕雨読 2014/11/11 憲法・軍備・安全保障
http://sun.ap.teacup.com/souun/15785.html#readmore

https://twitter.com/mas__yamazaki

自国を礼賛する本やテレビ番組の弊害について http://togetter.com/li/743378 表題に関連するツイートをまとめてみました。

目や耳に心地よい、一見すると人畜無害に見える、自国を賛美する言葉と思想の氾濫は、この国をどこへ導くのか。

考える材料の一つにしていただければ幸いです。


今NHKで放送していた日中首脳会談冒頭の映像、安倍首相が一言二言何か言い、通訳の人がそれを伝えた瞬間、習近平氏はサッと顔をカメラの方に逸らし、返事も何もせず、以後首相とは目を合わせなかった。

日本側随行員との握手も無表情で、会談後に短い記者会見を行った安倍首相の声や表情も硬かった。

自国を礼賛する本やテレビ番組の弊害について
表題に関連するツイートをまとめてみました。http://togetter.com/li/743378山崎 雅弘 @mas__yamazaki 2014-10-22 13:44:00

一等国を目指して「外から学ぶ姿勢」に邁進した明治・大正の日本は、一定の繁栄を得ることに成功しましたが、その成功で政府や軍の首脳部、そして国民の「面子」も肥大してしまい、昭和初期・戦前戦中の日本は自国中心の傲慢な思考に陥り、明治・大正期の成功を全て台無しにしてしまいました。「面子」が大きくなればなるほど「外から学ぶ姿勢」は小さくなり、やがて国は滅亡の 危機へと転落しました。

この歴史の先例は、我々に何を教えているのか。「日本の何々はすごい」「日本人は偉い」という、一見すると人畜無害に見える自国礼賛の本やテレビ番組の氾濫は、この国をどこに導くのか。考える材料の一つにしていただければ幸いです。

以下の「まとめ」も内容的に繋がるので、併せてご覧ください。

「名誉」と「面子」の取り違えについて
http://togetter.com/li/725338

外国人と話したり、外国人の書いた物を読んだ時に、自分が特定の事象を「なぜ、と感じるセンサーのスイッチを切っていた」「思考にふたが乗っていた」ことに気づかされることは結構ある。

それが楽しい。

歴史や外国文化と戯れたり、一人で外国を旅行する時にも、その楽しい感覚を求めている一面がある。

木村正人「『ダボス会議』を主催していることで有名な世界経済フォーラム(WEF、本部ジュネーブ)が28日、各国の男女平等度を指数化した『ザ・グローバル・ジェンダー・ギャップ報告書2014』を発表」bit.ly/1pXzq5e「日本の男女平等度は142か国中104位」「国会議員の女性比率142か国中126位」「閣僚の女性比率142か国中98位」「女性の昇進142か国中112位」「高等教育の男女平等142か国中105位」グローバル人材育成と言うなら、まず世界と日本の落差、日本の人権や不平等の現在位置を国民全体に周知することが先決だろう。

「日本はすばらしい国」「世界から尊敬されている」等の自国自賛本が書店に氾濫する国が、国際基準では「男女平等で先進国最低」「142か国中104位」というのはグロテスクな光景だと思う。

評価が実情に合致しているなら、現状は「かなり恥ずかしい国」だが、愛国者の人は気にならないのだろうか?
「日本人女性は、男女平等において先進国最低の国で我慢している」「世界全体でも男女平等で下から数えた方が早い」本当に国の名誉や誇りを重視するなら、この状況をすぐに改善しようと動かないとおかしいが、元航空自衛隊幹部をはじめ、この国の愛国的な人は日本人女性の人権問題には驚くほど冷たい。

先日の「報道の自由度ランキング」もそうだが、こういう評価のデータは健康診断の結果のようなもので、それを基に生活習慣や食生活を変えたりできるかどうかに知性や判断能力が表れる。

瑕疵をあら探しして信憑性を否定し「無視しても大丈夫」と言う態度は、自分の将来を改善するチャンスを捨てている。

外国に行くと、例えばデパートなどの重いガラス扉を開けた後、続いて来る人のために手で押さえて待つのが「マナー」の国があり、これは合理的だと思うので日本でも真似しているが、それを「欧米信仰」などと曲解する人も結構いる。

真似することで「自国がさらに良い国になる」という発想がなぜか無い。

自分個人や所属集団の「面子」にこだわり始めると、他人や他集団の中で優れている点があっても、それを褒めたり真似したりできなくなる。

「外」と「内」の間に障壁を立てて、障壁の中にいる人間だけで「内はこんなに素晴らしい」と自賛し合って「面子」を保とうとする。

改善や成長より面子を重んじる。

「内輪褒め」だけでは「面子」を保てなくなると、「外」の個人や集団を見下し、貶めることで、かろうじて「面子」を維持しようとする。

この二種類の言説が、同じ人間(著者・論客)から発信され、同系統の媒体で伝達されるのは偶然ではない。

「面子」への執着は一見魅力的だが、多くのものを失わせる。

「面子」に思考を支配されている人間は、一度決定したことを改められない。

改めると自分が「間違っていた」ことになるので、間違いを認められない。

満洲国とリットン調査団、日中戦争の泥沼化、戦前の経済封鎖への対応など、「間違い」を認められなかったがために、より攻撃的で独善的な道へと進んだ。

内田樹さんの『街場の戦争論』で、もし日本政府がミッドウェー海戦の敗北直後に講和していれば、という仮定の考察があるが、私も歴史を分析する時に「もし」という視点で考えることがよくある。

もし鋼鉄のような「面子」が指導部の意志決定を拘束していなかったら、戦争の行方と戦後はどう変わったか。

戦前戦中の日本が選んだ選択肢の多くは、後世から見れば「なぜ失敗するとわかっている道を選んだのか」と疑問に思える悪手だが、面子に固執する思考では、それが「最善」に思え、それより合理的な方策は「面子が潰れる」という理由で選択肢から外された。

その結果として大勢の日本人や外国人が死んだ。

戦前戦中の日本では、教育勅語を利用した皇民化教育によって国民の国家神道への恭順を強める方策がとられたが、それは同時に国民の面子を肥大させる上でも大きな効果を発揮した。

外国に出た経験の無い日本国民は「八紘一宇」などのスローガンを信じ、日本人はアジアで最も優れた民族であると錯覚した。

国の指導部が戦争の危機に際し、失敗が予想されても面子が潰れずに済む道を選んだ理由の一つは、面子の肥大した国民が、それ以外の「合理的だが面子は潰れる方策」を選択肢に含めることを許さなかったからだった。

そして、国家神道の思想教育と共に国民の面子を肥大させたのが、当時のメディアだった。

「内輪褒め」と「外をけなす」言説は、受け手の「面子」を慰撫する一時的効果が高いので、出せばそれなりに売れる。

売れるからという理由で次々とその種の言説を送り手が市場に供給し続ければ、国民の「面子」は際限なく肥大して「面子が潰れる方策」を許せなくなる。

また前と同じ道へと進みつつある。

多くの人が「最近、日本の何々はすごい、日本人は偉い、みたいなテレビ番組が増えた」と指摘しているが、一見すると人畜無害に見えるこれらの「内輪褒め」に、実は「面子の肥大」という目に見えない弊害が伴っている。

「面子」が大きくなればなるほど「外から学ぶ姿勢」は小さくなり、国は衰えていく。

明治・大正の日本と昭和初期・戦前戦中の日本は、形式的には共に「大日本帝国」だったが、決定的に違うのは「外から学ぶ姿勢」の有無だったように思える。

前者は、一等国を目指して「外から学ぶ姿勢」に邁進し、一定の成功を収めたが、成功で「面子」も肥大してしまい、後者はその成果を台無しにした。

今晩のテレビ番組。「所さんのニッポンの出番!【外国人が日本人を絶賛!驚きの日本を次々公開】今夜も外国人が日本人をホメまくる」「ありえへん∞世界<世界と日本の知られざる絆スペシャル>海外で活躍した『知られざる波瀾万丈な日本人』を発見!」「世界の日本人妻は見た!」確かに増えてるな…。

「先進国」というのは「すごろくの上がり」のようなイメージで語られることが多いですが、そのマスに入っても永続的繁栄が保証されるわけではない、と最近改めて思います。

経済的な指標の数字では「先進国」でも、人権意識や労働環境などがいつの間にか「後進国」へと逆戻りしている。

★詳細はURLをクリックして下さい。

********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html


******************************************************************
フジTV サキヨミLIVE「アメリカからの指令書!?年次改革要望書とは…」

http://www.youtube.com/watch?v=AoIqkOAGN0w

http://www.youtube.com/watch?v=IsPTYPdkuXs&feature=related
*****************************************************************************************************************************
2005年郵政解散・総選挙
http://ameblo.jp/sunazukinn/entry-10299713563.html
************************************************************
郵政民営化とは、郵政ロックフェラー化の事だったんです。
小泉の構造改革とは、日本をユダヤ資本に売り渡すことだったんです。」

http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yuuseiminneika.htm
************************************************************
【●】徹底追及!郵政民営化・かんぽの宿
http://www.youtube.com/watch?v=3XHFbYHeKXg

http://www.youtube.com/watch?v=3IF591HZbjE

http://www.youtube.com/watch?v=eyjtspp8iEk

http://www.youtube.com/watch?v=39FdFZnL2Yk


売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】1/2
http://www.youtube.com/watch?v=S9cDcxRRtps

売国奴を晒す!小泉純一郎&竹中平蔵の悪行【かんぽの宿編】2/2
http://www.youtube.com/watch?v=y0IbZgUCntk&feature=related


日本病 石井紘基衆議院議員 1/5
http://www.youtube.com/watch?v=EhGE_ZIadEg&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 2/5
http://www.youtube.com/watch?v=wVT3jkx8p98&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 3/5
http://www.youtube.com/watch?v=jonZYLtzRts&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 4/5
http://www.youtube.com/watch?v=ZvvF7-faq4c&feature=related

日本病 石井紘基衆議院議員 5/5
http://www.youtube.com/watch?v=SN8cpirvuOE&feature=related

石井紘基議員刺殺の真相 1/2
http://www.youtube.com/watch?v=XZvKh4J9vig


石井紘基議員刺殺の真相 2/2
http://www.youtube.com/watch?v=Dz5FIXVXRvk&feature=related

**********************************************************
【●】richardkoshimizu's blog
http://richardkoshimizu.at.webry.info/
******************************************************************
【●】リチャード・コシミズ 独立党動画ギャラリー
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video.html
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON


■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

******************************************************************




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『デビルズ・ノット』予告編 | トップ | 大竹まこと×町亞聖:安倍政権... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事