ブログ見聞録<新>今日のブログ

TPPその他

春は名のみの風の寒さや
(ブログ全般見聞録)

【副島隆彦氏語る】FBIがヒラリー・メールの再捜査を開始!これでトランプの勝利が確定した!

2016-11-01 23:12:01 | 日記




10月29日(土)RK東京浅草講演会
http://ur0.biz/zheR

日時:14;00~16:00
場所:台東区民会館(浅草)8F 第5会議室
http://www.city.taito.lg.jp/index/shisetsu/hall/kuminkan/riyouannai.html〒111-0033 台東区花川戸2-6-5
電話 03-3843-5391
交通:東京メトロ銀座線浅草駅7番出口から徒歩約5分
東武伊勢崎線浅草駅から徒歩約5分
都営浅草線A5出口から徒歩約8分
つくばエクスプレス線A1番出口から徒歩約9分
北めぐりん二天門停留所からすぐ
参加費:会員500円。一般2000円。
テーマ:不正選挙



【副島隆彦氏語る】FBIがヒラリー・メールの再捜査を開始!これでトランプの勝利が確定した!https://youtu.be/8jqH3-_MC2k


*******************************************************************
【●】FBIがヒラリー・メールの再捜査を開始。これでトランプの勝利が確定した~FBIが内部からの突き上げもあって /副島隆彦
★阿修羅♪ > 投稿者 仁王像 日時 2016 年 10 月 30 日
 http://www.asyura2.com/16/cult17/msg/194.html



FBIがヒラリー・メールの再捜査を開始。これでトランプの勝利が確定した~FBIが内部からの大きな突き上げもあって、激しく危機感を募らせて、FBI長官を動かした/副島隆彦

[2029] FBIがヒラリー・メールの再捜査を開始。これでトランプの勝利が確定した。
投稿者:副島隆彦
投稿日:2016-10-29 13:53:35
http://www.snsi.jp/bbs/page/1/(抜粋)

以下の記事にあるとおり、米大統領選挙は、トランプの勝ちが決まった。ヒラリーは大敗どころか、そのあと逮捕、投獄されることが、これで決まった。

投票日まで、あと10日だ。もう歴史の歯車は、後(あと)には退(ひ)かない。 

 FBI が、ヒラリー・メールの犯罪捜査(インヴェスティゲイション 、investigation )の再開を28日の早朝に、決定した。 そのことを知らないで、アイオワ州の会場に向かっていたヒラリーたちは、飛行場で飛行機から降りて来るときに、現地で待ち受けた、報道陣のカメラの砲列と記者団から、「 新しいヒラリー・メールが出て、FBI が、捜査を再開しました。クリントン候補、どう考えますか 」の質問が飛んだ。が、ヒラリーは、動揺したまま顔を強張(こわば)らして、無言で車に乗り込んだ。 

 飛行機の中では、Wi-Fi ( ワイファイ) が使えないので、地上との交信、連絡が取れなかった。 「どうして、こんな時間にFBIは。 と、ヒラリー陣営は激怒している」と、アメリカのテレビ局各社は、報道した。

 今朝の ABC 以下、すべての主要な、“腐(くさ)れ” ( wicked ウイッキッド) 主要メディアは、報じた。昨日、27日のアメリカの東部の現地時間で、朝の10時ぐらいのことだ。 日本では、28日の夕刻である。

NHK を含めた日本のテレビ局と主要新聞の動揺も激しい。朝日新聞は、今朝の朝刊で、小さな記事で書いた。日経新聞は、ついに一行も書かなかった。「クリントン氏に追い風、優勢」 と、恥知らずにもまだ書いている。

 人間は、急には態度を変えられない。自分たちの大失策を簡単には認めない。「 たいした事実ではない。まだまだ、ヒラリーが優勢だ」と、バカ丸出しで、アメリカの 腐れメディア( 体制主流派、エスタブリリッシュメント)に追随している。

(転載貼り付け始め)

「 FBI、クリントン氏メール問題の調査再開 選挙戦に打撃 」

AFP=時事  2016年10月29日(土)  3:56配信

 米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏が、国務長官時代に私用電子メールサーバーを使っていた問題で、連邦捜査局(FBI)は10月28日、「関連すると思われる新たなメールが見つかったことを受け、調査を再開した」と明らかにした。選挙戦をリードする同氏への大きな打撃となる。

 FBI のジェームズ・コミー(James Comey)長官は、上下両院の各委員会委員長に宛てた書簡で、一連の新たなメールに機密情報が含まれていたかを判断する「適切な調査」を FBI が行うと説明。さらに、これらのメールが「調査に対して持つ重要性を評価する意向」を示した。

 FBI は以前にもクリントン氏の私用メール問題を調査していた。だが、今年7月6日に、「違法行為の証拠はない」として、調査の終了を発表していた。コミー長官は新たなメールについて、「 前回の調査とは無関係の事案と関連して見つかった」と説明している。

 米紙ニューヨーク・タイムズ(New York Times)によると、新たなメールの存在は、クリントン氏の側近であるフーマ・アベディン(Huma Abedin)氏と、その夫のアンソニー・ウィーナー(Anthony Weiner)元下院議員が所有していた電子機器が押収されたことにより明らかになった。

 民主党所属のウィーナー氏は、インターネット上で女性とみだらな写真を交換していた事実が発覚したことにより下院議員を辞職した。現在、15歳の少女と性的なメッセージを交わした疑いで、FBIの捜査対象となっている。

 大統領選をクリントン氏と争う共和党候補のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏は、今回の発表にすぐさま反応。10月28日に、ニューハンプシャー(New Hampshire)州マンチェスター(Manchester)で開いた集会での演説で、国務長官在任中に私用メールサーバーを使用したクリントン氏には大統領の資格はないと批判した。

 一方、クリントン陣営の選対部長を務めているジョン・ポデスタ(John Podesta)氏は、コミー長官の(議会宛ての捜査を再開するとの)書簡に激しく反発し、調査に関する詳細な情報の公表を要求した。

(転載貼り付け終わり)

副島隆彦です。 以上のとおり、FB Iが、内部からの大きな突き上げもあって、「このままでは、自分たち国家警察が、国民から捨てられる。冗談ではなく激しい批判に晒される。自分たち捜査機関自身が、汚れた役人集団で、証拠が挙っているのに捜査をしないことで、証拠隠滅(しょうこいんめつ)、捜査妨害で、ヒラリーたちの犯罪への共犯者になってしまう」と、激しく危機感を募らせて、それで、コーミーFBI長官を動かした。 

 これは、米大統領選挙で、早くから言われてきた、まさしく、これが、オクトバー・サプライズ October surprise だ。これが、10月27日に起きた、ということだ。

 このことは、アメリカでは、トランプの大勝利の確定だ。

日本人は、敗戦後、アメリカの洗脳にあって、日本の大メディア(テレビ、新聞)が、アメリカの手先をやり過ぎて、かつ、安倍晋三政権という愚劣な連中が、アメリカに屈従する奴隷政権であるために、国民は、「目と耳を塞(ふさ)がれて」身体障害者のようにされている国民だ。

今、世界が大きく、変わり始めている。
 このことを感じ取ることが出来ない、理解できないような、頭の悪い人間どもは、滅びてしまえ。 

 28日の、ニューハンプシャーでの、トランプの演説では、2万人を集めた集会で、「FBI のコーミーたちが、ヒラリーたちが、自分たちの間違いを認めて、ヒラリーへの犯罪捜査を再開すると決定した。が、まだ、安心はできない。悪党ども (スペイン語で、onbley ? オンブリー とかいう bad people のことらしい) がまだ残っている。あいつらは、何をするか分からない。

 ヒラリーたちは、追い詰められて、ゴロツキ ( mobsters モブスター)たちをカネで雇って(ひとり日当150ドル )私たちの集会を破壊しに来ている」 と、 演説した。

 トランプは、気を引き締めている。 投票日まであと10日だ。 私、副島隆彦は、不正選挙、rigged election 、集票マシーンの違法操作、voter fraud  だけを、今も心配している。

 今のアメリカで本当に悪いのは、 1.大メディア (テレビ、新聞 除くFox Channel )、

2.世論調査会社( pollsters 、 ポールスター)。ウソの支持率の発表を、この一年間、ずっとやり続けている。

 3. ロビイスト ( lobbyists 、政治利権あさり人間ども、ワシントンに巣喰っている。元官僚とか元下院議員とか。 日本あやつり班 の アーミテージやマイケル・グリーンもここに入る ) だ。 この3つを、トランプは、首都ワシントンから大掃除する、撃滅する と、アメリカ国民に約束している。

 オバマとミッシェルの黒人大統領夫婦も、だんだん醜悪になってきた。自分たちの責任が、トランプによって暴かれることになるから、必死で、大嫌いのヒラリ-を連日、応援している。バカじゃないか。黙って、じっとしていて、「我、関せず」で、自分だけ逃げを打てばよかったのに。

 このあと、唯一残された、不正選挙で、集票マシーン (大悪党の ジョージ・ソロスの会社の機械、メンテナンスもやる)を 操作できなくなれば、確実にヒラリーの負けだ。大敗だ。

 現に、アメリカ各地で、選挙管理委員会の建物の前で、数百人のトランプ派が集まって、「不正選挙を許さない」と、監視を始めている。そして、ヒラリー派のゴロツキたちとぶつかって、警官隊が中に入って、小競り合いになっている。それらの報道は、それぞれの地方のテレビ局でしか放送されない。 

 もし、不正選挙=集票マシーンの違法操作 が、行われて、「トランプへの投票が、ヒラリーの方に盗まれて計算される」機械が、動き出していることが、暴かれたら、その時は、それこそ、民主政治 democracy への挑戦であるから、トランプ派の激高する人々は、銃を持って立ち上がるだろう。 私、副島隆彦も、義勇兵( ぎゆうへい、 volunteer ヴォランティーア) となって日本からその戦いに参加する。

 だが、どうやら。トランプの大勝となりそうだ。 もう、後戻りできない。ヒラリーは、捕まる。そして裁判に掛けられて刑務所送りだ。その際の訴因(そいん)を、何にするか、で、4通り、あると、 私の「ヒラリー逮捕」本に書いた。 そこを読んで下さい。

 その内容は、私が、次に出す、「アメリカのトランプ時代の幕開け」本で、詳しく吟味することになる。その処理の仕方によっては、私は、トランプを非難しなければならなくなるだろう。

 「 隠すな。ヒラリーが破壊した、ヒラリー・メール 3.3万通(すでに復元してある)をすべて、公開せよ。そして、アメリカは、犯罪国家(クライム・ステイト)として、正しく国際社会から、処罰を受けよ」と、私、副島隆彦は、書くだろう。

 (以下、略)  


★詳細はURLをクリックして下さい。

*******************************************************************
【●】「米国の内政外交、金融軍事戦争がクリントン夫婦への賄賂で動いている
:藤原直哉氏」 晴耕雨読 2016/11/2 TPP/WTO/グローバリズム
http://sun.ap.teacup.com/souun/21030.html#readmore

https://twitter.com/naoyafujiwara

FBI、クリントンに対する捜査を再開https://t.co/TPEE27owXy

クリントン氏メール問題、FBIが捜査再開 現地報道、投票日まで11日https://t.co/iEtUBWgMMC

>WikiLeaks Clinton's most emailed aid in the US State Department, Jake Sullivan, used personal email to talk with Clinton about bringing down Libya.


クリントンが国務省の補佐官とリビア政府転覆について私用メールで会話している。

2006年にクリントンが上院議員の時にユダヤ人むけメディアに話した録音テープ

パレスチナ選挙である人を勝たせるために何かすべきだった。

不正選挙の提案https://t.co/u8YcJ5Cdta

米司法省はFBIに対してクリントンメールのニュースを明らかにしないように言っていた。

FBIの長官が議会に対してメールのことを言ったのは独自の判断による。

要するに司法省がFBIに待ったをかけていた。

しかしFBIの長官はそれを押し切ったhttps://t.co/Cwc3r55ij9

クリントンメール事件、司法省がメールデータの捜索令状取得https://t.co/zRWdwyI3pV

クリントン氏の支持率低下し僅差に、FBI調査再開で-米世論調査https://t.co/uLADjDPqpV

クリントン氏は銀行家との関係について社会を無知のままにすることを望んだーウィキリークス 続きを読む:https://t.co/dosvJXs7Ve

投票日直前にFBIが捜査再開。

よほど有罪にする自信があるのだろう。

クリントン氏、民主党有権者の離反見られず-FBIが捜査再開発表後https://t.co/2nWoDpbvRa

そういうことだったのか。

7月にFBIの長官がクリントンの捜査を終わりにしたことにFBIの現場がカンカンに怒って、辞めたるわい、という辞表が積み上がっていた。https://t.co/aOwiUnw9ZH

ヒラリー氏の健康、厚切りジェイソン&REINAが斬る 「民主党候補のクリントン氏が着々と優位に選挙戦を進めています」asahi.com https://t.co/0A1hBE0i63

こういう記事ばっかり書いているから政局新聞と言われるの。

源氏物語みたいにアナログでだらだらと。

クリントンに勝ってもらわんと私らもお手上げとひとこと言えばいいじゃないの?

FBI捜査官は汚職の疑いでクリントン財団への捜査を主張したが、司法省が却下したhttps://t.co/0HGtjypZEV

司法省、今回のクリントンメール事件捜査再開について、FBIと密接に協力してできるだけ速やかに捜査を行いますと。https://t.co/TGLtPWyeVh

トランプ候補。

コーミーFBI長官よ、クリントンが犯罪者なのか、あんたが汚職やってんのか、どっちなんだ?https://t.co/sfCW1Rc1kY

ウィキリークスのメールでCNNの実態も暴露され、CNNがスキャンダルの渦中に。

メールに出てきたコメンテーターが降板https://t.co/jGjVoR9fnU

今回CNNから降板したキャスター、クリントンとサンダースの討論会で、事前に質問をクリントンに流していた。

ウィキリークスのメールでそれが露見 https://t.co/eou8QKpKGP

クリントン財団はモロッコ国王から2800万ドルの献金を受け取った。

クリントンが国務長官時代にリン鉱石のの会社の件と西サハラにおけるモロッコの領有の件で便宜を図っていたhttps://t.co/daUFzS67RA

この人、単純と言おうか、こんなにカネが集まったと素直に喜んでいる。

JR東海が勝手にやるプロジェクトをなぜ国が支援するわけ? リニア財投は「経営支援」 国交省資料で判明 JR東海の負担軽減 https://t.co/bOrIwSpUrO

ウィキリークスのメール。

グレンフクシマが東京でのカネ集めがうまくいって喜んでいる。

昨年11月中旬に、例のリニア新幹線を米国に作る話で出てくるダッシュル上院議員が日本にカネ集めに来るかもしれないとある。https://t.co/LfhXWAFtFx

米民主党ヒラリー陣営の対共和党戦略。 file:///C:/Users/fujiwara/Downloads/150407%20Strategy%20on%20GOP%202016ers.pdf

クリントン選対の本部長のお友達が司法省にいて、その人が今度新たに見つかったメール事件の捜査をするようだ。https://t.co/UEfeNY0YZs

ホワイトハウス:コミーFBI長官が選挙に介入とは認識せずhttps://t.co/I0IQJAl2Sh

もっと深刻なのは米国の内政外交、金融軍事戦争がクリントン夫婦への賄賂で動いているということがわかってしまったこと。

[FT]クリントン氏の信頼低下、メール問題より深刻https://t.co/aAiyq688Xr

ヒラリーもトランプもTPP反対なのに日本だけがなぜ強行するのか?

安倍政権のTPPインチキ説明総まくりhttps://t.co/NkLApbIrSe

クリントンの側近が2010年の訪中時にホテルの部屋に機密情報を置きっぱなしにしていたhttps://t.co/lS7DhXoE6E

ニューヨークタイムズの報道 米司法当局者、トランプ候補とロシアとの直接の関係はまったく見つからないhttps://t.co/lTbktzKg1xグーグルのトップがクリントン陣営に大統領選の秘密戦略を提案。

そのなかで、一人一人の投票者のメールや電話などの情報を統合して一人一人のプロファイルを創ることを提案。 https://t.co/gSN4NbtRJl

どうやって交渉したかって?そりゃクリントン夫婦に賄賂送って要求を容れてもらったのよ。

ウィキリークスにさまざまなやりとりが出てくる。

今回のポデスタメール以前から。

民進党の要求は世界の非常識? 石原伸晃担当相が交渉資料の開示要求を批判https://t.co/8tKBcUtPdj

クリントン選対本部長宛のメールでは米軍の最高幹部の人事も議論されている https://t.co/7lZziGE3MC

★詳細はURLをクリックして下さい。


*******************************************************************
【●】「日本人は「決まった後で修正を小出しにされる手法」に滅法弱い。
:山崎 雅弘氏」 晴耕雨読 2016/11/2 TPP/WTO/グローバリズム
http://sun.ap.teacup.com/souun/21032.html#readmore

https://twitter.com/mas__yamazakiTPP法案、4日衆院通過へ 自民・民進が採決合意(日経)hhttps://t.co/lZME8ErM84

「自民民進が採決合意」で、形式的には「強行採決」ではなくなったということ。

これほど中身の無い国会審議なのに、民進党は採決合意という。

野田蓮舫体制で安倍様アシスト度が増している。

国会の議論でも、安保法制の時と同様、担当大臣も実は内容をよくわかっていないという異様な事実がしばしば露呈しており、官僚に体裁を整えてもらいながら「上の人にやれと言われたから絶対やる」という意思の堅さだけが伝わってくる。


しかし日本国の首相や大臣にとっての「上の人」とは一体誰なのか?

フジテレビ「バイキング」今日の見出し【小池塾に受講生殺到!受講料1億円?】

【朴大統領&ヒラリー…疑惑連発】同「直撃LIVE グッディ!」

今日の見出し【速報!五輪会場で重大局面ついに最終案提示】

【韓国が騒然!朴大統領がピンチ】ほぼ4時間近い枠だが、TPPに関する項目が見当たらない。

TPPの国会承認を急ぐ安倍首相は「国益にかなう最善の結果を得た」と強弁していたが、ウソっぱちだ。

遺伝子が組み換えられた魚までもが日本になだれ込む懸念が強まっている(日刊ゲンダイ)https://t.co/k2Zc1Vm2lf

「TPPを主導する米国では、FDA(食品医薬品局)が動物初となる遺伝子組み換えサケの販売を承認。通常の2倍のスピードで成長する『フランケンフィッシュ』が市場に出回ると大騒ぎに」

「元農相の山田正彦氏(弁護士)がこう指摘する。『TPP域内では遺伝子操作された魚の流通も認められているということ。外務省が公表した30章97ページの翻訳文ではこの部分には触れていない。世論を刺激するような“地雷”を取り除こうという意図がミエミエです。厚労省は〈日本独自の評価基準は守られる〉としていますが、TPPが発効してしまえばなし崩しにされる恐れが強い』」

日本はまた、明治以前の不平等条約時代に回帰しようとしている。

鶴保庸介沖縄担当相「(大阪府警機動隊による『土人』発言について)発言したこと自体は許されないが、本当に差別かどうかというと、いろいろな問題が出てくる」(沖縄タイムス)https://t.co/AFElmz7XXW 

この人は、事件発生直後から、こういうはぐらかしの言い方をしている。

鶴保庸介沖縄担当相は「差別ではないという解釈もできる」と記者会見で公言しているのだから、記者は即座に「いろいろな問題とは具体的に何ですか?」と聞かないと駄目だろう。

この大臣は就任以来、沖縄県民の神経を逆撫ですることしかしていない。

建設的な対話の拒絶を、自らの態度で示し続けている。

原発事故の汚染水はブロックされている/コントロールしているという嘘、現行憲法は外国の押し付けだという嘘、米軍の艦艇で日本人の母子が避難するという嘘、アベノミクスで国民の生活環境が良くなっているという嘘、重要な政治的判断の前提には必ずと言っていいほど、首相の「嘘」が添付されている。

東京五輪誘致時の「安倍首相のウソ」を、五輪招致のためだから仕方ないという理由で黙認・スルーしたことが、今の「国会でウソを平然とつく安倍首相」を生み出した一因。

大手メディアは、いまさら首相のウソをウソだと指摘できない立場に陥っている。

>今更?五輪の呪いについて、招致の段階から警鐘を鳴らすならまだしも。私は招致に反対だった。だが、決まってしまったのだから、負のレガシーを減らすように努力するだけでしょう。後出しジャンケンで名前を売りたいだけ 

日本人は「決まった後で修正を小出しにされる手法」に滅法弱い。

もう決まったことだから、という既成事実追認の思考で判断を停止して、追加コストも際限なく認めてしまう。

最初の約束とは違う条件になっているからいったん白紙に戻す、とはならない。

日清戦争や日中戦争、太平洋戦争等を始める時の、日本軍首脳の天皇への報告もそうだった。

投入兵力量や戦域など、最初の段階ではわざと小さい条件を見せて承認を取り、後で拡大する。

昭和天皇も、最初の段階では反対していても、いったん始まると、ずるずると既成事実を追認するパターンに陥っていた。

>よけいな文句をいうやつがいなくなると、民主主義が「成熟」すると。だれも口をださないで、スムーズになにごとも進んでいくと...。これは「民主主義」ではなく「全体主義」というんだと思います。

おっしゃる通りです。

戦前の日本と同様、国民が一丸となって政府(当時は軍上層部の意向)方針に従い、疑問を抱かず各自の持ち場で奮戦するのが理想だと、単純に思い込んでいる人は少なくないようですが、その行き着いた先は実質的な国の破滅でした。

>奴らが言う反日とは“自分達が愛国者だ!”の立ち位置から言ってるが、私は’95ぐらいからの小林よしりんゴーマニズムが自愛肥大の抜けない若バカ者たちの自愛肥大を満たして“日本は悪くないんですぅ~!”の元凶になったと思うぞ。w

私も小林よしのり氏の漫画の影響力は馬鹿にできないと思います。

「あの漫画のせいでネトウヨが増えた」という意見もしばしば見ますが、私はこの国で増えたのは「愛国を隠れ蓑にしたゴーマンな人間」だと考えています。

愛国ではなく、傲慢が本質です。

>>昨今の日本で流布している政治的錯覚を、わかりやすく物語る実例。戦前戦中の日本の「負の歴史」や、安倍政権の非合理的な政策を批判的に論じる行為は「日本を貶す」ことでは全く無いが、この手の人は「戦前戦中の日本の国家体制」や「安倍晋三様の政治体制」を「日本」と同一視する錯覚に陥っている。

>早川タダノリ ‏ここで言われている「錯覚」は、〈反日日本人〉概念の誕生とともに発生したものではないかと推定しています。80年代前半の冷戦後期の反ソ国防イデオロギーではあまり見かけません。ほぼ1994年から96年にかけて生産された意識形態では、と。


★詳細はURLをクリックして下さい。



********************************************************
★独立党 阪大荒田名誉教授の「固体核融合」実用化を支援しよう!★
http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion/aratasensei.html



□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】みんなでいっしょに考えよう!TPP 全編
http://youtu.be/IrVpfMixi6s

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□
【●】アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容1
http://youtu.be/nwKP2Yug9D8

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容2
http://youtu.be/d5xso5pWW9s

世界を支配する原理及び権力維持の源泉は神・金・力 2014/4/29 https://youtu.be/2zqvCZ1hSEA

TPPで日本は郵貯・簡保の資産を無差別開放させられる
https://youtu.be/G_mRJcdJpRg

降って沸いた「TPP」の謎?! 10/11/06
http://www.youtube.com/watch?v=JvBhl7rt4rU&feature=related

TPPのひみつ
http://www.youtube.com/watch?v=GqqUieLxtBY


++ ヤバすぎだ、と話題に・・・自民党 日本国憲法改正草案対照表 2012版 ++ http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm

------------------------------------------------------

RK独立党リンク集です。



《richardkoshimizu’s blog》 (2016.09.07~)
https://richardkoshimizu.wordpress.com

《richardkoshimizu’s blog》(旧RKブログ保存版)
http://rkblog.wp.xdomain.jp

《独立党動画ギャラリー》(追加日【新しい】順)
https://www.youtube.com/user/dokuritsutou2/videos

《独立党動画ギャラリー》(~2013.10.12)
http://dokuritsutou.heteml.jp/newvers…


http://dokuritsutou.heteml.jp/newversion2/video2.html

《独立党トップページ》
http://dokuritsutou.heteml.jp

《リチャード・コシミズ 旧ホームページ》
http://richardkoshimizu.hateblo.jp

《リチャード・コシミズ オンラインストア》( 書籍DVDカート販売、DVD動画ダウンロード販売)
http://ec.rk-store.net
****************************************************************
■ リチャード・コシミズの世界の闇を語る父と子の会話集 [真実を知るためのキーワード篇] RK新刊書、Amazonで買えます。 http://bit.ly/YEMoON

■リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界 [単行本]
http://amzn.to/1gtC9SJ


□リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://amzn.to/1eUna34

□RK第10作「12・16不正選挙」の販売を開始します。
http://amzn.to/1dQoUH2

■世界の闇を語る父と子の会話集 特別編 日本独立宣言
http://amzn.to/QjlMi4

■リチャード・コシミズ オンラインストア / 政治経済SF小説「ティアラの大冒険」

http://u111u.info/mpNQ



■パリ八百長テロと米国1%の対日謀略 単行本
http://ur0.work/qaK6


******************************************************************


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イタリア中部地震、ドローン... | トップ | TPP(ISD条項)の恐ろしさ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。